| メイン | 次ページ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
意外とよかった「ヘルタースケルター」@六本木ヒルズ
2012/08/01(Wed)
本日、レディースデー&ファーストデーということで、夏の夜の映画館は大盛況!
その上、六本木ヒルズ。映画前?映画後?のプランもばっちりですわよ♪というような皆さんをさておき、
当方、映画前にハッピーアワービール290円也で喉を潤し臨んだ、ヘルタースケルター。

沢尻エリカに圧倒される一流感や凄みがあれば文句なしではあるが、
20代半ばの日本の女優でりりこを演じることができるのは、この人しかいないだろうな、とは思う。

蜷川実花ワールド全開で、ストーリー的にはあれ?と思う場面もあったけれど、
キャスティングがとてもよく、演技派で固めてあったから見ていて本当に飽きない!

りりこの所属の社長が桃井かおり、そして疑惑の整形外科医が原田美枝子というのもぴったりだったし、
りりこを追う検事が大森南朋、鈴木杏。で、情報提供する刑事が寺島進。
で、りりこのライバルが水原希子で、りりこの恋人が窪塚洋介。
なんといってもよかったのが、りりこのマネージャーとその恋人に、寺島しのぶ&綾野剛。
そして、ヘアメイクの新井浩文。特に寺島しのぶと新井浩文はやっぱり上手いなぁと改めて思いつつも、
密かに綾野剛と新井浩文が出ているから、この映画を観に来たというのもあったりして。

圧倒的に色彩豊かな蜷川実花ワールドを満喫しようと思えば、
まぁ映画館で観たほうがよい映画であると思う。
女子ふたりで仕事後の水曜の夜に観るのがベストなんじゃないかしら。たぶん。
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
勝手に二本立て。「宇宙兄弟」→「幸せの教室」@ピカデリー
2012/05/16(Wed)
本日レディースデー。
最近、帰りたいのに帰れない状況続きなので、仕事後に楽しいことでいっぱいにしよう!と、
絶対観ると決めていた「宇宙兄弟」と、映画の予告で気になっていた「幸せの教室」を続けて鑑賞。

uchu.jpg

宇宙兄弟、よかった。よかった。
コミックから入っているので、映画化が決まり、ムッタが小栗旬、ヒビトが岡田将生と発表された時、
「あまりにも若い子(特に女子)向けキャスティングじゃないの!?」と思ったし、
まぁ実際、20代女子が多かったように感じたが、、小栗旬、ドはまり役!ヒビトもまぁよし!

コミック(連載中)を全巻読んでいるから、ヒビト危機一髪!なシーンでも、
横の20代女子が鼻をグスグスいわせ、はまりこんでいる中、常に冷静な私であったが、、。

映画を見てから、コミックにいったほうが絶対楽しめたなーと思ったり。
とはいえ、老若男女、ほぼ楽しめる&前向きな気持ちになれる映画間違いなし!


で、エンドロールで感動をかみ締めるのもそこそこに、「幸せの教室」スクリーンへ急ぐ私であった。
Larry Crowne
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恵比寿で和食の晩御飯@食彩かどた
2012/04/21(Sat)
「胃腸は丈夫」なこともあり、物心ついたときからの暴飲暴食が祟ったのでしょうか。
それとも、ストレスフルな環境が作用したのでしょうか。
先月末から、胃腸がかんばしくありません。まぁかんばしくないくらいで、人並みの気もしますが。
ということで、ここ最近は、なるべく和食を食べています。といいつつ、カツ丼やカレーも食べているけれど。

で本日、サントリー美術館で目を楽しませていただいた後は、恵比寿に移動し、西口すぐの「食彩かどた」へ。
食べログでなかなか評判がよいので、ここで食事をしたいと思い、
週初めにダメもとで電話したところ、ちょうど予約することができた。ラッキーです。
やさぐれた毎日を送っているとはいえ、ここ最近、ものすごくちょっとしたことは割合ツイている。
手差しで印刷する時に、適当にとった枚数が、印刷したかった枚数とピッタリ!とかの程度で。

4月の献立ということもあって、筍尽くし!
20120421_07.jpg
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
満足度200%!@毛利家の至宝(サントリー美術館)
2012/04/21(Sat)
新聞屋にもらったチケットで、サントリー美術館で開催中の「毛利家の至宝 大名文化の精粋」へ。
exhibition_visualm.jpg

国宝である、雪舟の絵巻の特別公開が今ひとつピンとこず、実はさしたる期待もせずに、
軽い気持ちで観に行ったのだけれど。
展示の全体的な構成といい、ほどよい出品数といい、そして、出品されたものがどれも一級品ばかりで、
非常にバランスのとれた、素晴らしい企画展だった。

毛利家の至宝ということで、毛利家伝来の品々はもちろんのこと、毛利家とかかわりのあった、
秀吉や家康、千利休の茶道具なども展示され、なんとなく暗記し、おぼろげに覚えている日本史を目の当たりにするようで、内なる興奮のようなものが沸き起こる。

そしてどれも非常に保存状態がよく、説明にある「毛利博物館」がとても気になる。
気になる気持ちが最高潮に達するあたりに、毛利博物館の紹介もされており、
(たぶん最初に説明があっても読まなかったと思うので)
サントリー美術館の学芸員?あるいは毛利博物館の館長さん?の心遣いがこれまたにくいばかり!

山口県には何度か行ったけれど、次行く時はぜひ「毛利博物館」をメインにしたい!と思ったのは、
私ばかりではなかろう。

今年はミッドタウン5周年なんだとか。
遅まきながら、サントリー美術館から目が離せない。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年度の始まりに花を飾る。
2012/04/02(Mon)
こんばんは。昨年度は、やさぐれたり、やさぐれたり、やさぐれたり、、と
やさぐれに始まり、やさぐれが終わるどころか、やさぐれ街道まっしぐら!
まぁそれはそれとして、今年度は気持ちを切り替えて、いっちょがんばりますか。

数年前の抱負か何かで「花を飾る」と思い立ったものの、
花を飾るどころか、風水の先生に怒られそうな残念な玄関でしたが、
今日からしばらくはゴージャスです!

本日、職場でいただいたお花。やっぱりお花はいいねー。
20120402.jpg

百合もいいし、桜もいいけど、小手鞠やレンギョウ、それに木蓮なんか、しみじみ好きだったり。
やさぐれていても、季節はめぐって、すっかり春です!
がんばろう!わたし。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯治旅@四万温泉
2012/03/19(Mon)
やさぐれた気持ちを癒すべく、前から行ってみたかった四万温泉へ。

20120319_02.jpg
映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったという、温泉旅館。

20120319_01.jpg
旅館の朝食。最初、温泉粥?と思ったけれど、ほどよい塩味で完食!

やっぱり温泉はよいなぁ。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@ピカデリー
2012/02/22(Wed)
2001.9.11のNYテロで大好きなお父さんをなくした男の子オスカーの埋めようのない喪失、
そして、その埋めようもなかったように思えた、心にぽっかりとあいた穴を修復していく話。

お父さんの思い出の品から偶然見つけた鍵。
鍵穴を探し出し、遺されたものを見つけ出そうと、
膨大で綿密な「調査」によって、鍵穴はみつかったものの、
それはお父さんとは関係がなかったけれど、、。

オスカーが見つけたもの、寡黙で時には饒舌な「間借り人」のおじいさん(!)、
そして、お母さんの揺るぎない愛情、なくなったけれどお父さんからの手紙、、
今こうして振り返るだけで、ひたひたと押し寄せた感動の波を思い出し、今なお涙ぐむ。

終盤までひたすらに続く、オスカーの大きすぎるかなしみは、見ているのもつらいけれど、
誰かと見るよりひとりで見るのがおすすめの映画。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どん底な夜?@新宿三丁目
2012/02/17(Fri)
「そろそろ美味しいものでも食べに行きましょうか?」との連絡を受け、
みぞれ降る本日、新宿三丁目のどん底へ。
どん底は、三島由紀夫も訪れたという歴史ある居酒屋ということもあり、
なんとなく敷居が高いというか、アングラな雰囲気でコワいというか、、そんな印象があったけれど。

末広亭からほど近い場所に位置するお店は、歴史あるたたずまいで、
手の形をしたドアノブを握りつつ入店するのがためらわれるような感じがないでもないが、
えいっ!とドアを開けてみると、、なんだか意外にウェルカムな印象。

何階建てなのかうかがい知れない構造の店内で、たぶん2階のカウンターに案内される。

名物のピザはもちろんのこと、なぜかスペイン料理風おつまみも充実、
さらには喫茶店風のナポリタンとか、なんだかんだで楽しいラインナップ。
お酒も各種ばっちりで、1次会にも2次会にも使える感じ。いいじゃない、いいじゃない。

と、すっかり満喫していると、どうやら一方的に顔見知り?とおぼしき人がいる。
声を掛けるほどではないが、私たちの中ではそこそこ顔の知られた人だったので、、
申し訳ないけれど、観察してしまう形になりました。
私たち、何してるんだろうね、とひそひそとしつつ、ことの成り行きを見守りました。

それにしても、上目遣いっておじさんはやっぱり好きなんですねぇ。
あまりにも堂に入った上目遣いの威力にほれぼれし、私も友達相手に上目遣いを練習してみたものの、
老眼のおばあちゃん的しぐさにしかならない。

いろいろなことに恐れ入った、“どん底での?”または“どん底な!?”金曜の夜でした。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あなどりがたし、早春の秩父路。
2012/02/06(Mon)
ゆるーい作りで参考になるような、ならないようなTV番組「アド街ック天国」。
秩父は以前から“なんとなく興味”があったものの、たまたま1月21日の放送を見て、
氷柱の景色に大変興味を持ち、この週末を利用して、行ってみた。

結論からいうと、、秩父、非常によかった。
これまで全く行ってみたいと思わなかったのがもったいなかったくらい。

三十槌(みそつち)の氷柱(1日目)
20120205_1.jpg

尾ノ内渓谷の氷柱(2日目)
20120206_1.jpg
これは地元の商工会の人々が人工的に作ったものだとか。
人工的とはいえ、あまりにも幻想的すぎる!

今回のメインは、氷柱観光だったけれど、
パワースポットとしても有名?な(私は知らなかったけど)秩父神社や長瀞のこたつ船もとってもgood!

20120205_2.jpg
秩父神社の手水舎。ここまで凍るなんて!

20120205_3.jpg
本殿の彫刻。本殿は徳川家康が寄進したらしく、バロック感たっぷりで、見ていて楽しい。
その中でも一番気に入ったのが、これ。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ジョゼと虎と魚たち」(CATV)
2012/01/24(Tue)
ずっと読みたいと思いつつ、短編なのに今なお読めていない「ジョゼと虎と魚たち」(田辺聖子著)。
本日、テレビにて映画鑑賞。いやーそれにしても、CATVってすごい。映画三昧です、三昧。

大学生(妻夫木聡)と足が不自由で、ちょっと偏屈な女の子ジョゼ(池脇千鶴)のラブストーリーなんだけど、、。
脇役がばっちり、しっかり個性派俳優と呼ばれる面々が顔を揃えていて、これは面白くないはずがない!
面白いというと語弊があるかな。見ごたえがあるというか。

ハッピーエンドではない、というのは、最初からわかって観たけれど、
ジョゼのピュアな気持ちと、気持ちとは裏腹な素直でない態度がとてもかわいく、そして切ない。


本のほうも短編なんだし、近々読んでみることにしたい。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。