| メイン | 次ページ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
手作りシーチキンで家飲み会
2010/10/11(Mon)
本日久々に家でワイン飲み会。
ということで、手作りシーチキンを作ってみた。

レシピ本によると、「刺身用まぐろ1さく」と書いてあったのでが、スーパーにあったのは2さく入り。
ということで、ちょっとだけお刺身として食べてみたものの、刺身としては微妙な感じだったけれど、軽く火を通し、冷蔵庫で一晩寝かせると、、
20101011.jpg
缶詰のシーチキンとは似ても似つかぬ、とてもジューシーかつハーブの香りたっぷりに仕上がった。

◆準備するもの
まぐろ、オリーブオイル、にんにく、ローリエ、その他ハーブ(私はギャバンのイタリアンハーブを使用)

◆作り方
1.鍋(ルクルーゼ)にオリーブオイルとつぶしたにんにくとハーブ、そしてまぐろを入れる。
2.火にかけて、まぐろが白っぽくなったら、蓋をしてそのまま冷ます。
3.冷蔵庫で寝かして、食べる。

魚料理を家で作るのは面倒だけど、これは非常に簡単でおいしいので、また作ってみたい。
スポンサーサイト
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
家飲み新レシピ・牡蠣のオイル煮
2010/01/16(Sat)
先週に続き、今週も家飲み。家はラクだなー。

年末に友達の家に遊びに行った時に、簡単で美味しい、ワインにあう一品を教えてもらった。
それは「牡蠣のオイル煮」。
先日、身がころっとしてておいしそうな牡蠣が「広告の品398円!」と書かれていたので、
さっそく購入し漬けてみた。
20100116_004.jpg   20100116_003.jpg
つけこんで1週間目              つけこんで3日目

つけて3日目で「おいしー」って思ったけれど、1週間くらいたったほうが味がなじんで、よりおいしい気がした。
作り方というほどではないけれど、こんな感じ。

◆材料
牡蠣
オリーブオイル(私はアボカドオイルとMIXしてみた)
ローリエ
白ワイン(なくてもいいかも)

◆作り方
1.牡蠣をフライパンで軽く水分がなくなるまで炒める。途中で白ワインを加えても。
2.器に牡蠣を入れ、オイルをひたひたになるくらい入れる。ローリエ、粒胡椒を入れても。

友人曰く、「1年くらい保存できるえー」とのことだったけれど牡蠣だし、まぁそのあたりは適宜ご判断を。
牡蠣がなくなったあとの、漬け込んだオイルも牡蠣風味でウマー。
レシピなんていうほどのものでもないのに、すごく美味しいので、ぜひ。


◎管理栄養士さんからのコメント(補足)
 このレシピを教えてくれた、管理栄養士さんから注意事項がきたメール

よく加熱しないと、こわい、らしいです。そういえばそうだったな。
栄養士さん曰く「牡蠣を「水分がもうでない!もう限界!」ってところまで加熱すること」
理由1:ノロウイルスをもった牡蠣の場合、ウィルスを死滅させるため、よく加熱しないといけない)
理由2:よく加熱して、水分をとばしたら、うまみが凝縮されて、さらにおいしい、らしい。

耳ヨリ情報うさぎ のぞきうさぎ のぞきうさぎ のぞき
 炒め終わった後、フライパンに牡蠣のうまみがべたっとはりついていると思うので、
そのままチャーハンするとウマーいらしい。が、フライパンからはがれにくいので、
水を足して、加熱してはがしてから、チャーハンにするか、スープにするとよいんじゃないかしら、とのこと。

次回は、牡蠣スープも作ってみようと思う。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
世界に思いを馳せたひととき@枚方
2009/12/30(Wed)
今年もあと2日。今年はラブラブな二人、というのを二組お見かけした。
見ているだけで「お幸せに?」という感じで喜ばしい限りだ。あやかれ、ワタシ!

で、本日。その一組でもある友人宅に訪問。
割と急遽訪問することになったので東京土産がありあわせになったけど、
シュ・リュイの塩味のパイと先日友人C先生にもらったバーニャカウダソースを持っていく。
C先生特製のバーニャカウダソースは何度か賞味したことがあるけど本当に美味しい。
本日も数えきれない称賛をあび、ワタシまで鼻たかだかだ。よかった、ここに持ってきて。

トマト鍋と聞いていたけど、お刺身や丹波産しめじの一品などどれも美味しく、どんどん作ってくれて、
さらに料理にあわせて美味しいお酒を出してもらって、なかなかトマト鍋にたどりつけない。

20091230-003.jpg
しめじの豚肉巻き。並んだ姿は、かさじぞうのようでカワイイではないか!

今日の集いは忘年会だったのか壮行会だったのか実のところはよくわからないが、
よく飲み、よく食べ、よく笑い、何よりもいろいろな国名が話題にあがった楽しい集いだった。

来年も、ほどほどに飲み&食べ、よく笑える1年になりますように!
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自家製マックアップルパイ!
2009/11/22(Sun)
三連休の中日。あまりに寒いから引きこもっています。寒いから温かいものが恋しいです。

ということで、友達に作ってあげようと思いつつおなかいっぱいだったので昨日は作らなかった、即席アップルパイを作ってみました。

以前、焼春巻が自分の中で流行っていた時に、これはデザートにも活用できるだろうと思いつつも、
作らずじまい。で、先週意味なく作ったりんご煮を春巻の皮で包んで、焼いてみた。

20091122 002


まぁまずくはなかろうと思いつつ食したら、、これ、マックアップルパイそのものの気がする!
マックアップルパイより絶対身体にいいと思うし、簡単だし。
この記事のURL | レシピ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
卵とトマトの中華スープ
2009/05/31(Sun)
今日の晩ごはん↓
20090531.jpg
先週は外食週間だったので、なんとなくあっさりやさしいものが食べたくなったのと、卵を消費したかったので、「卵とトマトの中華スープ」を作ることにした。これは、北京旅行思い出の一品。
エビチリも作ろうと思ったけれど、これはずるをして、クックドゥを使ってしまった。

スープは、そのまま飲んでもいいし、春雨を入れたら主食になるし、ご飯を入れたら簡単おいしい雑炊ができるのがいいですね。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もちもちベーグル(2回目)
2009/03/21(Sat)
連休2日目の今夜は中華街で飲茶♪なのでお昼は軽く済ませたいものの、昨日のアフタヌーンティでもらったスコーンだけでは夜まで持たないので、すでにおなかが減っているのに、ベーグルをこねて作ることにした。
昨日のがっかり気分はゼロにはなっていないものの、朝からネットで購入したルクルーゼの鍋は届くし、
いちおうマイブームのベーグル作りも楽しいはずだし、夜は旨々飲茶が食べれるし、、。

まぁやや複雑な気持ちの中、ベーグル作り(2回目)。前回はやや失敗気味だったけれど、その後讃岐うどん作りの極意である「土三寒六」という言葉が頭によぎり、今回は前回より水分を多くしてみた。
そして、オーブントースターのワット数を変えてみた。900W→700W。
この判断は的確であったようだ。まずまず満足。ということで、作り始めて40分後に食べたのはこれ↓
20090321+002.jpg     bagel.jpg

しわが寄っているものの、押しては返す弾力感といい、皮のぱりぱり感といい、前回よりは数段おいしい。
ちなみに、右はベーグルにスライスチーズとオリーブをはさんでみた。それと、昨日のスコーンとショコラケーキ。昨日は満腹とがっかりした気持ちで気づかなかったが、ショコラケーキのほうは少しだけシナモンがきいていておいしいかも。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三浦産泥付き大根で、ブリ大根。
2009/03/15(Sun)
近所のスーパーでは普段は洗った状態の白い大根が販売されている。珍しく、産直市というキャッチコピーで泥付き大根が売られていた。それも80円。春とはいえ、まだまだ寒いし、これはブリ大根だよね!と大根とブリのあらを買ってみた。
この大根、泥付き&葉付きという野菜としての魅力だけでなく、1本ずつ入れてあるナイロン袋の印刷も、
いろいろな情報満載で素晴らしい。環境保全型農業推進コンクールという単語を初めて知ったが、噂では出品すればだいたい金賞を受賞できるらしいモンドセレクションよりすごいかもしれない。

実はブリ大根は作ったことがないので、わがバイブル「今晩のおかず選び」を見ながら作ってみた。
おいしくなるのなら手間を惜しみたくないというか、手間をかけたい派なので、村上昭子先生ご執筆のブリ大根の下ごしらえの説明は非常に◎
他の本も見たけれど、下ごしらえの説明があっさりしていた。村上先生の下ごしらえについて、以下に記す。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初パン作り(ベーグル)
2009/03/08(Sun)
ネットで見つけた、ベーグルレシピでベーグルを作ってみた。
ベーグル好き!というわけではないけど、準備する材料も少ないし、これで焼きたてパンができるなんて、
夢のようではないか!

【発酵なしで、もちもちベーグル】
材料:2個分 調理時間:30分くらい(らしいが、もたもたこねるとトータル45分くらい?)
強力粉 1カップ
ドライイースト 小さじ1/2
砂糖 小さじ2
お湯(50度くらい)70cc
塩 小さじ1/4

作り方
1、大き目のボールに粉を山にしてふるい入れ、真ん中を窪ませてイーストと砂糖を入れ、お湯を注ぎ、全体をざっと混ぜ合わせる。それから塩を加え捏ねる。ベタベタがなくなり、粉っぽさもなくなってなめらかになってくるまで、5分くらい捏ねる。
*捏ね時間が長い方がキメが整った生地になります。時間があれば10?15分捏ねてみても。

2、1の生地を2等分にし丸め、ラップで包んで5分くらい放置して表面がすべすべになったら、リング状に成型する。(成型は丸めた生地の真ん中に指を入れて空けていく)
*茹でる前にきれいに成型すること!茹でたところで形が決まります。

3、生地を放置してる間に鍋にお湯を沸かし、成型した生地を片面1分づつ茹でる。
(たっぷりのお湯の方がいい気がする)

4、ゆでたら水分をよく切り、ホイルを敷いたトレーにのせて、温めておいたオーブントースターで15分くらい焼く。
(焼いてる途中焦げるので、5分経ったらホイルをかぶせる→表面がかりっとしたら、ひっくり返す。また表面がこんがりしてきたらホイルをかぶせる)
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
豚バラワイン煮とオイルサーディンのブルスケッタ
2009/02/07(Sat)
昨日花金の夜は、シュラスコを食べるはずだった。渋谷にある、外国人客率が高い、コストパフォーマンス的に東京のシュラスコ屋でかなりおいしい、と友人大絶賛なお店だったので非常に楽しみにしていた。
VIRONの近くなのでせっかくなので立ち寄ろうとか、どのパンを買おうかなぁ?とか思っていた。
それなのに、一緒に行く友人がみんな都合が悪くなり、あえなく延期、、。
肉を食べたい気持ちと、金曜日の夜を家で過ごす淋しい気持ちを埋め合わせるべく、
とりあえず豚バラブロックを茹でてみた。
シュラスコ延期は相当残念だったけれど、豚バラを下茹でしたり、近所友達とワインを飲んだりしたら、
意外と有意義な夜だったかもと思えたけれど。


当初は、豚の角煮を作ろうと思っていたけれど、先日食べた牛テールワイン煮がちょっと忘れられず、
その気持ちのまま、ワイン煮を作ってみることに。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【レシピ】ピェンロー鍋
2008/12/21(Sun)
諸兄諸姉も興味津々のピェンロー鍋。以下レシピを記しておくアップロードファイル

レシピどおり作れば誰でも、超旨々ピェンロー鍋およびピェンローかゆが食べられるので、是非試していただきたい。

【レシピ】ピェンロー鍋(扁炉鍋):中国風白菜鍋

レシピは「河童の【対談】おしゃべりを食べる 妹尾河童」から抜粋

●中国の広西省の素朴な家庭料理で、だれにでも出来るじつに簡単な鍋料理。冬に作るのがベスト。

●5人前の材料

・白菜1株  (4?5センチにザク切り。白い部分と青い部分を分けておく。煮え方が違うから。)
・干し椎茸50g(水に浸してもどしておく。もどした水は、ダシが出ているから捨てるのはモッタイナイ)
・豚肉 500g (バラ肉の薄切り。ロース肉でないほうがいい。1人分100グラム見当)
・鶏肉 500g (モモ肉がいいが、脂肪分を気にしない人には手羽先も美味。ロースやササミの部分は不適。味が出ないから。)
・緑豆春雨(或いはビーフン)1袋(水に戻しておく)

調味料:
・粗塩/精製塩は×。
・胡麻油/上等の精製されたものより、普通の味のしっかりしたごま油がベスト。
・一味唐辛子/ぜったい一味で!七味や黒胡椒はイマイチ。柚子胡椒もイマイチ。

●作り方 
1:できるだけ深い鍋に、白菜の分厚い白いほうと、豚、鶏、椎茸を全部入れる。順序や火加減などに気をつかう必要はまったくナシ。
2:材料の入った鍋に、タップリ水を注ぐ。そのとき椎茸をもどした水も忘れずに使う。
3:胡麻油を大さじ2杯ぐらい垂らしてフタをし、しばらく煮る。
4:途中でさっき入れなかった白菜の青い葉っぱの部分を追加する。時差をつけて入れると、先にほうり込んだ白い方と同じやわらかさになる。

注:ひたすら煮込む!この鍋は、白菜がクタクタになるほど(約40分)煮た方が美味しい。

5:だいたい出来上がったら、水にもどしておいたビーフンを最後に入れる。ビーフンは煮すぎないこと。

これで「ピェンロー」は出来上がり。

さて、食べ方だが、この鍋は、作り方よりも食べ方にコツがある。(非常に大切!)

●食べ方 
1:食べる直前に、胡麻油をもう一度タラタラとのの字を書くようにたらす。
2:自分の碗に塩と唐辛子の粉を入れ、鍋の汁をすくって溶かす。それをつけ汁にして食べる。
鍋の中には味つけをしてないから各自でやること。ちょっと塩加減が濃いい方が美味しいらしい。一味も「あれ?入れすぎたかも!」っていうくらい入れても大丈夫。もちろん一味によりますのでお好みで。(人によって千差万別。お気に召すまま)

注意:食べるとき、できるだけ汁を飲まないようにする。(後で粥にするときに必要だから)

●ピェンロー粥(かならず作りましょう)
1:鍋の具を食べた後、残したスープにご飯を入れる。
2:鍋の中で塩味をととのえる。好みで少し胡麻油を足してもいい。

粥を食べるとき、なぜか冷たいベッタラ漬けがよく合う(らしい。私はかぶの甘酢漬けをいただきました)

●名前の由来
 「扁炉」の意味を中国の人にきいたら、「扁(ピェン)」とは「ささやかな」という意味とか・・・。「炉(ロー)」は鍋料理。つまり「気取らない家庭の鍋料理」ということ。ただし、「ささやかな鍋料理」といっても、二人差し向かいで静かに食べる鍋ではない。少なくとも4人以上で、できるだけ賑やかに陽気に食べることをおすすめしたい。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。