| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北京旅行2004(1日目)
2004/10/31(Sun)
一路北京へ・そして友人に再会
関空から海外に旅立つこと十数回、今回ほど早起きしたことはない。5時起床。眠すぎる。
8時に、空港で同行の友と合流し、朝食。ANA159便にて、10時出発。
中国人乗客が大変多く、機内からすっかり中国の気配がしている。
私たちを乗せた飛行機は、定刻より早く北京に到着。
空港から市内までの道のりも、日曜日なので道が空いていて、ホテルにも早く到着した。
去年から北京駐在の友人Sちゃんとホテルのロビーで再会し、3人で観光&夕食に出掛ける。
ホテルの周辺は、すごく観光化&近代化されていて、日本とそんなに変わらないのに、大陸的な雄大な雰囲気を感じる。風水都市なので、目に見えない気が流れていたのかもしれない。

観光?天壇公園・大柵欄?
タクシーにて、天壇公園へ。中国のタクシーは初乗り10元で、北京市民も気軽に乗っている。しかし、Sちゃんの話によると、「レートで言えば1元13円だけど、生活の感覚としては、1元100円位」らしい。その感覚でいえば、そんなに安い乗り物ではないように思うが、かなりの台数が走っていた。観光客だと料金をごまかされることもあるので注意することと、降車の際は「把票(ぱーぴゃお)」と言って領収証をもらうことを教えてもらう。
天壇公園は、世界遺産ということもあり、是非行きたい場所であった。
観光客は1回35元だけど、年間パスポートというのが格安であるらしいので、北京市民は近くの公園の年間パスポートを購入し、日々憩っている人が多いらしい。とてもいいシステムだ。
天壇公園観光の後は、大柵欄へ。
北京一のお茶の老舗「張一元」へ。ここは地元民も愛用のお店とのことで、試飲はないものの、かなり良心的な雰囲気。市民でにぎわう1階から、2階へ行く。2階の方がゆっくり購入できる上、窓際にはティスペースもあり。Sちゃんおすすめの中国茶を教えてもらう。

夕食?しゃぶしゃぶ・公牛火鍋?
Sちゃんが週1回は通っているという、建国門近くのしゃぶしゃぶ屋「公牛火鍋」へ。
旅行前に少し体調を崩していたので、ビールを久しく飲んでいなかったが、北京の生ビール「燕京碑酒」を飲んでみたかったので、おそるおそる飲む。
日本でしゃぶしゃぶというと、肉がメインという感じだけど、中国のしゃぶしゃぶ屋は野菜も豊富。中国野菜というと、青梗菜とターサイくらいしか名前が思い浮かばないけど、名前の知らない、それでいておいしそうな野菜をたくさん注文してくれる。どれも籠にいっぱい来る。
体調を崩していたとは思えないほど、食べてしまう。腹十二分目。
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。