| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
世界貿易センタービルで楽しい宴@東京會舘レインボー
2009/01/29(Thu)
昨秋のボジョレーヌーボー解禁日にご一緒した方からお声がけがあり、その時と同じメンバー女子4名で、
本日世界貿易センタービル39階・東京會舘レインボーの「食道楽の会」というのに参加した。

JR浜松町駅と通路でつながっている世界貿易センタービルに、初めて足を踏み入れたのだけど、
名前とは裏腹に、なんともまぁ昔の観光物産デパートのような雰囲気が漂っていた。
だって、いまどき、ガラスケースにぬいぐるみを陳列して売っている店なんて、、。
昭和というより、旧ソ連のショッピングアーケードのような印象。旧ソ連に行ったことはないけれど。

8500円で、食前酒&ワイン付って聞いていたけれど、実はワイン飲み放題だったので、
とてもお得で楽しい宴だった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プラダを着た悪魔(DVD)
2009/01/28(Wed)
レンタルDVD。返却期間の関係で、深夜鑑賞完了。楽しかったけど、やはり眠い。。

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]
(2007/04/18)
メリル・ストリープアン・ハサウェイ

商品詳細を見る


おしゃれな雑誌社を舞台にした、おしゃれなお仕事サクセス物語。
めくるめく衣装の数々に、目もくらみそうです。

敏腕カリスマ編集長のメリルストリープが、非常にかっこいい。
まぁ自分の職場にいくら有能とはいえ、こんな上司がいたら困るけれど、
ここまで自信を持って、仕事ができるというは見上げたものです。
といってもプライベートはなかなか大変みたいだけど。

それにしてもアンハサウェイって非常に派手な顔立ちだったのですね。
少女マンガ的な瞳に吸い込まれそうになりました。

仕事は好きだけど、ちょっと落ち込んでるんです、ワタシ、、みたいな気分の時に観ると、
ちょっと元気になって、やっぱりがんばってみようかな、って気分になれると思う。

ところで、おしゃれ服を貸してくれる会社ってあるのかしら?
へんてこな制服しか着たことがない日本のOLにはうらやましすぎる。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ショコラ(DVD)
2009/01/26(Mon)
DMMレンタル第3弾。「プラダを着た悪魔」と「ショコラ」の2本を借りて、月曜の夜に見るなら、ほんわかあたたかい映画の方がいいなと思い、ショコラを見ることにしたんだけれど、、。

ショコラ DTS特別版 [DVD]ショコラ DTS特別版 [DVD]
(2001/11/03)
ジュリエット・ビノシュジョニー・デップ

商品詳細を見る



街から街へ旅して歩くショコラティエの母娘のお話。で、住む先々で、伝統を打破して、村人たちに幸せを与えるのだけれど、実は街から街へ渡り歩くことが最も象徴的な運命というか、宿命というか。

その、自らの運命を変えるあたりのシーンが、ものすごくぐっときました。
その後押しをするジョニーディップがまたかっこいいんだ。

個人的には、お菓子作りが大好きな時期があったので、お店にあった大理石の作業台やパレットナイフさばきにおぉ?!と思ったり、チョコレート細工のようなこじんまりとしたフランスの村の景色にうっとりしたり。

ただ「甘い」映画じゃありません。おとぎ話みたいな感じでありながら、とても芯のしっかりしている映画で、
おすすめ☆☆☆☆☆。
月曜の夜に観るDVDじゃなかった気はするけれど、、。
この記事のURL | 映画 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ギルガメッシュはお菓子の名前ではない(ちょっとしんみり)
2009/01/26(Mon)
痛い。体の節々が痛い。昨日のベリーダンスと腹筋のせいだろう。

職場の男子くんに、ちょっとお菓子を食べるのを控える、とできるかどうかかなり心もとないことを宣言した。
宣言したのに、「最近、30円くらいですごくおいしいチョコバーを見つけたけれど、知ってます?」と聞かれた。
お菓子を食べるのを控えると宣言したにもかかわらず、興味を持ったので、詳しく聞いてみたところ、
「うーん、名前が思い出せないけれど、ギルガメッシュとかそんな名前だった気がします」らしい。

ギルガメッシュって、故飯島愛の出世TV番組ではなかったか?
絶対違うに決まってるけれど、わからないので、「30円 チョコバー」で検索したら、、。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベリーダンス挑戦記(撃沈)
2009/01/25(Sun)
今年は週1回、きちんとスポーツジムに通おう!と思っていたのに、本日今月2回目のジム通い。
なかなか足が向かない。。行ったら、爽快感とか、達成感とか味わえるのはわかってるのだけど。。
重い足と腰をようやく上げて、本日は「ベリーダンス」のスタジオレッスンに参加してみた。
金曜の夜に神楽坂で見た、さざなみのように波打つエバさんのおなかに魅せられたからですよ。

だいたい予想はついていたけど、私の胸も腰もインストラクターの説明のように動かない。
クラスが始まる前に、インストラクターが「外から見ている人が鼻血を出す!っていうくらいのつもりで踊りましょう!」って言ってたけど、私の不審な動きだと鼻血ではなく、あくびが出るよ、きっと。
わかってはいるけど、わたしばかり注意されて、もう情けない。情けない。情けない。

前世占いとかで、「あなたは踊り子ですよ」とかいうのがあったように思うけれど、私はゼッタイ踊り子ではないと思った。

来週はどうしようかなと、かなり後ろ向きな気持ちだけれど、とりあえずは来週も行ってみようか。。ーん。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベリーダンスを見に行く@ソフラ
2009/01/23(Fri)
週初めに、職場の男子くんが「ベリーダンスって知ってます?」って聞いてきた。
トルコ旅行で見たことがあるのでその旨伝えたところ、どうやら彼女が習っているという話を聞いたものの、どういうダンスか分からないので、聞いてみたらしい。
神楽坂のベリーダンスが見れるトルコ料理屋ソフラが以前から気になっていたので、一緒に行ってみる?と、金曜の夜に職場メンバーで行ってみた。
ベリーダンスは、女性から見てもかなり妖艶なダンスで、きっと男子同士なら違った視点からも感想を共有をしたいだろうと思ったのだが、女子3人、男子くん1人で行くことになった。

私自身はかなり軽い気持ちで行ってみたのだけれど、結論から述べれば、予想をはるかに超えた楽しいショーだった。
食事は一番安い3800円のコースを予約していて、予約の時も席についた時も、「とても軽いコースですよ」と再三念押しをされた。全般的には可もなく不可もなくといった料理だけど、ゆっくり出てくるから、ボリューム的に不満はない。
とはいえ、3800円にクーポンを持っていけばワインもついていて、さらにはめくるめくベリーダンスショーが楽しめることを思えば、再訪必至店。
妖艶なベリーダンスが至近距離で見れること、お客さんも一緒に踊れることは、トルコではなかったので、本場トルコはイスタンブールで見た以上に、心の底から楽しめた&笑えた。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日はカレーの日@パク森カレー
2009/01/22(Thu)
この間の日曜の午後は、達成感とおでんを味わいたかったので、おでんを作った。おでんは、昆布だしをとったり、油揚げやさつま揚げの油抜き、大根のした茹で、、と、まぁ下ごしらえ満載で、ヒマな時は非常に達成感を味わえる、すてきな献立だ。
さらに、煮込みたい気持ちが募ったので、ポークカレーとひじき豆も作っておいた。

で、アイバくんが「1月22日はカレーの日!」とCMで言ってたので、今日はカレーと決めていた。

が、残業後に、「今日はカレーの日ですからカレーを食べたほうがいいですよ」とカレーの日をアピールしていたら、カレーを食べに行こうと誘われた。家にカレーがあるのに、、。
というわけで、今夜は「パク森カレー」へ。
パク森カレーは、スーパーで、中村屋とかのレトルトカレーの隣に並んでいたので、以前から興味があった。

ふつうにおいしかったけど、ココ壱番屋とかみたいに、ご飯をものすごくきっちり計量しているのを見て、なんだかな、と思ってしまう。
で、何よりもすごいなと思ったのが、カウンターしかない、かなりシステマチックなお店なのに、閉店時刻の1時間前にはほぼご飯がなくなっていたことだ。
私がいる間に、11人分、断っていた。雨の夜はみんなカレーが食べたくなるのだろうか。
それともカレーの日だからだろうか。
理由は分からないけれど、30分で11,000円の機会ロスはもったいないんじゃないの?ってビジネス視点で見てしまった。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラブ・アクチュアリー(DVD)
2009/01/20(Tue)
ラブ・アクチュアリー [DVD]ラブ・アクチュアリー [DVD]
(2004/06/23)
ヒュー・グラントアラン・リックマン

商品詳細を見る

友人のDMMレンタル第2弾。
ここ最近、複数の友人がおすすめしていたので、まさに観たいタイミングだった。
が、この映画はできれば11月後半から12月半ばまでに観るのが、一番浸れる気がする。
心温まる映画、と一言で済ませてしまうのがもったいない映画。おすすめ手書き風シリーズ星手書き風シリーズ星手書き風シリーズ星手書き風シリーズ星手書き風シリーズ星
この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
かもめ食堂(DVD)
2009/01/18(Sun)
近所友達が、ネットレンタルのDMMの会員になったらしい。
で、DVDが届いたから一緒に観ない?とお誘いを受け、観ました。

この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
悪い子はいねえがぁー@なまはげ
2009/01/17(Sat)
友人との新年会で、行きたいお店はありますか?と聞かれたので、
前から行ってみたかった「なまはげが出てくる居酒屋に行きたい!」とリクエストしたら、予約してくれた。
その名も「なまはげ」。あまりにもそのまんまの店名なんですね汗;
まー、前から行きたかったし、なまはげ見たいし、秋田の郷土料理はおいしそうだし、かなり期待していました。
とはいえ、ぐるなびのクーポンが、コース料金の200円OFF(または単品の1000円OFF)とは少々けちくさいな、とは思ったけど。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「ニフ亭・ぽっどきゃすてぃんぐ落語」公開寄席へ行ってみる。
2009/01/17(Sat)
少し前から落語が流行っていると聞くも、あまり興味が持てなかった。
立川談四楼の小説を読んだり、情熱大陸で立川談春を見て、おもしろいかも?と聞いてみたくなり、
まずはポッドキャスティングで落語がないかしら?と探したら、
ニフティがやっているポッドキャスティング落語っていうのを見つけた。
で、ちょうど無料公開寄席っていうのがあり、応募したら当選したので、
会場である大森のニフティ本社に本日行ってみた次第。
この記事のURL | 音楽・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バラとホルモン
2009/01/16(Fri)
焼肉屋の注文のようだけど、バラはローズの方です。
これまではあまり好きじゃなかったバラの香りですが、時々バラの香りな私。
ラベンダーのちバラ、みたいな。ま、香水ではなくハンドクリームだけど。
今までは有無をいわず「ラベンダー!」って感じだったけれど、
ジュリークでもらったローズのハンドクリームがあまりにも自然で、すてきで、でも小さいチューブで4,830円!と高価すぎるので、ロクシタンのローズハンドクリームを使っています。小さな職場では、気分転換する場所もないので、ほのかな香りに癒されている。ささやかなものです。私のリラックス方法。

で、ジュリークのお姉さんが言ってたのが、バラの香りには女性ホルモンを促進する効果がありますよ、と。
職場で女性ホルモンを放出している場合ではないけれど、放出しないよりは放出してるほうがいい気がする。
イソフラボンを多く含むという大豆食品は大好きで、けっこう摂取している。
これは女性ホルモンに似た働きをしてくれているということもあながち関係していないとは言えないが、
納豆よりはバラの香りで促進された女性ホルモンの方が、ホルモン値が上等の気がするが、
実際はどうだろう。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
東京プチ観光?銀座線編1?2?
2009/01/11(Sun)
浅草では、友人の全リクエストに応えることができた。
リクエスト1*浅草寺をお参り
リクエスト2*花やしきに行きたい。
リクエスト3*甘味処に行きたい。
リクエスト4*もんじゃを食べたい。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
東京プチ観光?銀座線編1?1?
2009/01/11(Sun)
友人が遊びに来ると、私も一緒に東京観光案内。
今回のリクエストは「H&Mに行きたい」「浅草に行きたい」ということで、
明治神宮→H&M原宿店→H&M銀座店→浅草と回ってみた。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ブログ、開設。
2009/01/10(Sat)
「ブログやってるでしょ?」って友人・知人に言われながら、なんとなく躊躇していた。
計画やら抱負やら行動指針を持たなかった私だけど、
今年の行動指針の一つとして「思ったことは実行する」というのを設定してみた。
というわけで、ブログ、開設です。
本とご飯と旅行をメインテーマとしているけれど、私の行動パターンは基本的にドラフトなので、どうなることやら。
当分は、mixiから引越しした日記をちまちまあげる作業かな。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いざ、アサヒビール大山崎山荘美術館へ。
2009/01/03(Sat)
現代美術家ってあまり興味がなかった私が2007年、現代日本画家・山口晃に恋をした(フィクション)。
で、その山口晃が京都と大阪の県境にある、アサヒビール大山崎山荘美術館で関西初の個展をするということで行ってみた。行ってみた、なんて軽く書いているけれど、年末年始のことだし、事前に休館日などしっかり抑えておいたりはしてます指でOK
ところで、大山崎って首都圏の人にはぴんとこない場所だと思うし、さらには関西人にとっても大山崎ってわざわざは行かない場所ですよね、きっと。
とはいえ、天下分け目の天王山のすぐ近くだったりとか、サントリーのウィスキー「山崎」の醸造所があったりとなかなか興味深い土地だったりします。
ニッカウヰスキーの創業者の加賀さんという人が大正期に立てた別荘で、たたずまいもすばらしく、さらには安藤忠雄が修復しただけあって、そこにいるだけで本当に素敵。
で、その素敵な山荘美術館で、大山崎を題材にした新作を間近で見ることができてよかった。欲を言えば以前の作品でももっと展示してあってもよかったかなぁって思うけれど、小規模な美術館としてはあんな感じなのかしら?
今年は美術館だけでなく、憧れのミズマギャラリーにも足を運んでみようって思う。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。