| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
体調不調でエリック・クラプトンのツアー@武道館
2009/02/27(Fri)
体調不良はクラプトンではなく、私である。
エリック・クラプトンは、還暦過ぎなのに(ってイギリス人に還暦という概念もないだろうが)元気でクールですてきだった。

「クラプトンの武道館のチケットが取れたから行かない?」と数ヶ月前に友人に誘われ、
待ちに待ったはずのコンサートだったのだが、、。
水曜から急に発熱し、2日仕事を休む。本当なら今日も休んだほうがよさそうな感じだったけど、
体調不良で休んでおいて夜からコンサートに行くというのも、相当後ろめたいので、ちょっと無理して
出勤した。
職場では、「無理してくることないのに」とか「早退すれば?」と非難の嵐を浴びながらも、
しようのない気持ちをうす笑いでくるみ、やり過ごす。(ごめんなさい)

で、冷たい雨の降りしきる中、19時前に武道館に到着。武道館の前を通ったことは何度かあるが、
初めて足を踏み入れる。
かつて、ミュージシャンたちが「いつかは武道館でっ!」と言った、武道館というのは意外にこじんまりしてるんだな、と思う。
「先行予約で取ったから、けっこういい席だと思うよ」と友人は言ってたけれど、われわれの席は悲しいほどに天井桟敷。転げ落ちるような恐怖感すらちょっと感じる。とはいえ、上から俯瞰するような感じだったので、全体が見渡せる。日の丸も掲揚されている。ついでに英国旗も掲揚すればいいのに。
ステージのクラプトンが立つであろう位置には、魔法のじゅうたんのようなカーペットが敷かれている。
一種のパワースポット的役割を果たしているのではないか。
風邪でぼんやりしていて、双眼鏡を持ってくるのを忘れたのが悔やまれる。

19時をちょっと過ぎたところで、急に暗くなり開演だ!
(以下、どうでもいいレポート続く、、)
スポンサーサイト
この記事のURL | 音楽・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
下北沢で読書会(後編、というか本編)
2009/02/22(Sun)
本日の読書会、課題図書は『悪女について』(有吉佐和子著)。

今回の課題図書『悪女について』はおもしろくて、その面白い気持ちだけで参加したように思う。
課題図書が決まってから時間があったのでいろいろ読もうと思っていたのに、結局は1冊しか読まなかったが。
他の参加者のお話によると、有吉佐和子はまだまだおもしろい小説があるようなので、これから読んでみたいと思う。没後25年なのにこのように読み継がれる作家というのはやはりいいなぁと思う。

前回に引き続き、担当者(?)&参加者は各自、関連書籍やら、参考資料を持ってくるのだが、その中で写真をふんだんに掲載した魅力的な本があった。なんとなく知っているような気がしてたら、創刊時にすごくほしいと思ったシリーズ「新潮日本文学アルバム」!!実は手にしたことがなかったのだけど、こうして見ることがあるなんて、ちょっといい出会いではなかろうか。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
下北沢で読書会@ミズ・クラウディア(前編)
2009/02/22(Sun)
本日、読書会参加のため下北沢へ。下北沢はふだん来ないとこなので、せっかくなので散策してみようと
早めに到着したものの、あてがないから、カルディの南口店、北口店ともに立ち寄ってしまい、どちらの店でも試飲コーヒーをいただく。さらにはそんなにほしくもなかったけど、ドライパイナップルを買ってしまう。
まぁ200円位だからいいのだけれど、明らかに衝動買いであり、無駄遣いであろう。といいつつ、
作ったこともないし、食べたこともないのに、ベーグルに入れたらおいしいんじゃないかしら?という小さな野望のもと、購入したのだが。
家にパンがあるから買わなかったけれど、アンジェリカというパン屋のカレーパンおよびドイツ風パンに相当惹かれた。ここのカレーパンは、岩波正太郎のお気に入りだったらしい。
さらには、マチコというジャズ喫茶と鰻の野田岩も相当惹かれた。
手持ち無沙汰感を抱き、そしてさまよいながらも意外と満喫しつつ、時間になったので、
指定のお店「ミズクラウディア」へ。

あれ?書いているうちに客観的に下北沢を満喫していた気がしてきた。ずいぶん長くなったので、
読書会のことは別途記す。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
念願のシュラスコ@トゥッカーノ
2009/02/20(Fri)
渋谷に、ブラジルに駐在した人も絶賛のシュラスコ屋がある、と友人に聞いてたいへん興味を持っていた
トゥッカーノ。やっと行くことができた。
「シュラスコ食べて、ボサノヴァ聞いて、サンバショー観てブラジルを渋谷で満喫できますー!!」
というお店のキャッチフレーズどおりの楽しいお店だった。

実は、サンバショーがあることは知らずに行ったけれど、サンバの衣装ってすごいね。
衣装の露出度自体は、サンバの衣装>ベリーダンスの衣装だけど、
ダンス自体の妖艶度は、ベリーダンス>>>>>サンバって感じ。サンバはすごく明るくて楽しいし。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TOKYO2016
2009/02/19(Thu)
3月に「レインボーウォーク」というウォーキングイベントに参加する予定。
5000人限定の有料イベント。その参加キットが届いて驚いた。
東京オリンピック招致活動の一環とは認識していたが、なんだかマスゲームの様相。
気がつけば、招致キャンペーンの一構成員ということか。
私がきちんと申込書を読まなかっただけ、といえばそれまでだけど、
こんな風にして世論って形成されるのかもね。ちょっぴりコワい。

そういえば、昨年のオリンピックは北京で開催されたけど、1990年代の後半、
大阪で2008年オリンピックの招致キャンペーンが繰り広げられていたことを思い出した。
たしか「OSAKA!SAKASO!」がキャッチフレーズで。
アルファベット回文っていうのがおもしろかった印象があるものの、
京都ではほとんど全く盛り上がってなかったので、他人事だったけれど。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久々に行列に並んでみた@コリドー街の美登利寿司
2009/02/14(Sat)
試写会のあと、早い夕食を、、と思い、チェックしておいた新橋のワイン屋をのぞいてみた。が、なんとなく残念な雰囲気が漂っていたので、いつも行列が絶えないコリドー街のすし屋に足を向けてみた。

コリドー街のすし屋は「梅丘寿司の美登利総本店 銀座店」が正式名称らしい。で、美登利寿司は17時前にも関わらず、30分待ちくらいの行列ができている。
ふだんはおなかぺこぺこ状態だったり、寒かったり、暑かったり、とうてい行列に並んで晩御飯を食べるという状況ではなかったけれど、今日は時間が早めで気温も申し分ないので、心静かに並ぶことができた。
P1000037.jpg


この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
試写会「オーストラリア」@ニッショーホール
2009/02/14(Sat)
春のような陽気の中、「オーストラリア」試写会鑑賞のため、虎ノ門のニッショーホールへ。
ニッショーホール?と思い検索したら、日本消防会館でした(笑)。

ニコールキッドマンとヒュージャックマン主演の、オーストラリアの壮大な自然を舞台にした、2時間45分にわたる長編映画。
キャッチコピーが「前に進むための涙もある」らしいけど、うーん。見どころが盛りだくさんすぎで、映画としての盛り上がりというか、胸に迫るものがあまりなかった気がする。
ニコールキッドマンが出ていなければ、日本で公開されないのでは?と思ったり。

ただ、超個人的な感想として、10日前にジンガロを観て、走る馬ってそれだけで魅力的だと強く思ったので、本作でも魅力的な馬が登場していたので、小さなシンクロニティみたいなのを感じた。

それより、なんて書くと、映画に失礼だけど、試写会の会場だったニッショーホールは消防会館ということもあり、江戸時代のミニチュアまといが飾られていたり、消防グッズが売られていたり、ふだんまずお目にかからないものが展示されていて、興味深かった。
また、消防会館のそばに、敷地内に近代的高層ビルが建っているという、不思議な神社があった。不思議なので立ち寄ってみたら、虎ノ門金比羅宮という由緒正しい神社の様子。

試写会の感想を書こうと思いつつ、なんとなく虎ノ門のことを書いてしまっている。金比羅さんのあとは、外堀通りを歩いて新橋に向かったのであった。(続く)
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「めがね」(DVD)
2009/02/11(Wed)
めがね(3枚組) [DVD]めがね(3枚組) [DVD]
(2008/03/19)
小林聡美

商品詳細を見る


先月「かもめ食堂」を観たあとで、次はこれだな、、と思い、楽しみにしていた「めがね」。
映画としての面白さでは断然、かもめ>めがね。

めがね、よかったんです。映像はきれいだし、役者さんはみんな好きな人ばかりだし。
ただ、観るTPOは大事かも。
季節はだんぜんあたたかい頃。気持ち的にはおだやかより、ちょっときりきり舞いしてる時。
あと一人で観たい。

とりあえず、メルシー体操はそうとう気になった。観ながらまねしてしまったくらい。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
未来をひらく福澤諭吉展@国立博物館表慶館
2009/02/09(Mon)
東京国立博物館の表慶館で開催中の「未来をひらく福澤諭吉展?慶應義塾150年記念」へ。
産経新聞で大々的に特集を組んで、展示内容などの紹介もされており、すばらしい展示の数々ということはわかっていたので、興味深い気持ちではあった。が、正直言ってお金を出してまで見るものでもないかな?と思っていた。で、チケットをもらったので軽い気持ちで足を運んでみた次第。
改めよ、私。大いに反省です。量・質、そして構成も非常に素晴らしい。お金を出して観にいく価値120%。
2時間どっぷりと展示を見て、福澤諭吉の志や理念、そして情熱に触発されずにはいられないし、慶應人脈と言われるような強固な人の輪の広がりも納得できた。
この記事のURL | ART | CM(2) | TB(0) | ▲ top
豚バラワイン煮とオイルサーディンのブルスケッタ
2009/02/07(Sat)
昨日花金の夜は、シュラスコを食べるはずだった。渋谷にある、外国人客率が高い、コストパフォーマンス的に東京のシュラスコ屋でかなりおいしい、と友人大絶賛なお店だったので非常に楽しみにしていた。
VIRONの近くなのでせっかくなので立ち寄ろうとか、どのパンを買おうかなぁ?とか思っていた。
それなのに、一緒に行く友人がみんな都合が悪くなり、あえなく延期、、。
肉を食べたい気持ちと、金曜日の夜を家で過ごす淋しい気持ちを埋め合わせるべく、
とりあえず豚バラブロックを茹でてみた。
シュラスコ延期は相当残念だったけれど、豚バラを下茹でしたり、近所友達とワインを飲んだりしたら、
意外と有意義な夜だったかもと思えたけれど。


当初は、豚の角煮を作ろうと思っていたけれど、先日食べた牛テールワイン煮がちょっと忘れられず、
その気持ちのまま、ワイン煮を作ってみることに。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ウェディング・シンガー』(DVD)
2009/02/07(Sat)
ウェディング・シンガー [DVD]ウェディング・シンガー [DVD]
(2000/06/21)
ドリュー・バリモア

商品詳細を見る


80年代の懐かしい歌がいっぱいのヒマな時に気軽に観れる映画。
これを映画館で、定価でチケットを買って観てたら、、少々複雑な気分になるような、
ややB級感が漂っていたのは否めないが。
とはいえ、ラストの大団円は痛快で温かくて、ちょっと感動的。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ボーン・アルティメイタム』(DVD)
2009/02/07(Sat)
ボーン・アルティメイタム [DVD]ボーン・アルティメイタム [DVD]
(2008/03/07)
マット・デイモンデヴィッド・ストラザーン

商品詳細を見る


最強の逃亡者、ジィソン・ボーンの最終章。
実はこういうタイプの映画はあまり好みではないけれど、2作目の「ボーン・スプレマシー」があまりにも、
次に続く、、という感じで、もう観ずにはいらなれないし、、と観てみた。
好みでないとか言っている場合じゃなかった。非常によかった。
毎度おなじみの、鞭打ちになるんではなかろうかと心配してしまう、カーチェイスシーンも本作が最強。
映画でも本でも、ラストシーンが少々残念、、なことって多いけれど、これはラストがいい。非常にいい。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旨々牛テールワイン煮@プチ・ニース
2009/02/04(Wed)
ジンガロは21時終演なので、夜ご飯のお店は事前に決めておくのがよかろうと、友達が門前仲町在住の友人にリサーチしてくれたビストロ「プチ・ニース」へ。
清澄白河も門前仲町も、たまに読む時代小説でいわゆるきっぷのよい深川芸者とか辰巳芸者が活躍した場所かと思うとなんとなくそれだけで親しみやすいような、婀娜っぽいような。
いつも超満員!と聞いていた割には、今日はそうでもなかったみたい。が、メニューを見て、人気の理由がわかった。
メニューも黒板のメニューも全部美味しそう。美味しそうすぎて選べない。
悩みつつ、いわしのサラダとフォアグラおやきと牛テールワイン煮を注文。
先週食べたフランス料理はややあっさり系だったので、ここのがっつりとそれでいてきちんと味付けされた料理は、目も舌もおなかも大満足。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
騎馬スペクタクル・ジンガロ『バトゥータ』鑑賞
2009/02/04(Wed)
昨年秋から毎週のように広告を目にした、「ジンガロ」の『バトゥータ』という名の不思議なショー。
かなり心に焼き付いていた。とはいえ高めなショーなので少々ためらっていたが、友人が一緒に鑑賞しない?と声をかけてくれたので、本日仕事後に行ってきた。

会場の木場公園は、清澄白河駅から徒歩15分。清澄白河は下町で、わざわざ夜に行くところではない。
だから、駅から歩いている人は「この人も、ジンガロ鑑賞者?」とか勝手に連帯感を持つ。で、会場に近づくにつれ、三々五々集まってくる人を見ると、、うーん、なんていうんだろう。それだけで楽しい。
楽しいというと変だけど、ふだんは人気のない夜の公園にショーを見に行くって、とても非日常的。
あぁ、そうか。秋祭りの夜の露店の雰囲気に近い。寒くて、暗いのに、特設会場の明かりと集まる人々の楽しげな雰囲気を感じるだけで、温かい&わくわくした気持ち80%くらいになった。

私は実際のところ、よくわからないまま観にきたのだけれど、予想だにしえない、不思議楽しい内容でとてもよかった。
説明が難しいので、まぁこんな感じだ↓↓↓

この記事のURL | 音楽・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』2作続けて鑑賞(DVD)
2009/02/01(Sun)
マット・デイモン主演のアクション映画『ボーン・アイデンティティー』、『ボーン・スプレマシー』を2本続けて観た。
 

ふだんアクション物を好んでみないので、感想らしい感想が書けないけれど、『ボーン・アイデンティティー』のほうが1作品としてまとまっていたので、よかった気がする。
『ボーン・スプレマシー』はものすごく次に続くという感じのラストシーンだったり、映画の進行上仕方ないんだろうけど、いろいろな点で、CIAで働く人たちのダメぶりが書かれていて、いくらなんでもCIAの優秀な人たちがそんなダメなわけないんじゃない?って思ったり、余計なことを考えさせられる時間が多かった。

とはいえ、正直に言えばかなりハラハラしたし、純粋に3作目が楽しみに思った。しかし、マット・デイモンを観るなら、『オーシャンズ』シリーズの方が娯楽映画として楽しめるな、と思ったり。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。