| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
卵とトマトの中華スープ
2009/05/31(Sun)
今日の晩ごはん↓
20090531.jpg
先週は外食週間だったので、なんとなくあっさりやさしいものが食べたくなったのと、卵を消費したかったので、「卵とトマトの中華スープ」を作ることにした。これは、北京旅行思い出の一品。
エビチリも作ろうと思ったけれど、これはずるをして、クックドゥを使ってしまった。

スープは、そのまま飲んでもいいし、春雨を入れたら主食になるし、ご飯を入れたら簡単おいしい雑炊ができるのがいいですね。
スポンサーサイト
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マンダリンの夜@日本橋
2009/05/30(Sat)
今日、マンダリンのお部屋でワインを飲みました。なんて書くと、ロマンティックなんですが、ぜんぜんそうじゃくて。この日記を愛読のみなさま、特に実物のワタクシをご存知の諸姉は、はてなマークがいっぱいでしょうが、あえて詳細は割愛。

38階のフロントから見た夜景はとても素敵だったけれど、お部屋からの眺めは、あまりいい方向ではなかったのもあるけれど、大都会東京感はやや希薄。。
まわりが素敵?と言ってたから、私も素敵?と言っておいたけど。

意外と夜景好きだったりする私は、日本でいちばん綺麗な夜景は函館だと思っています。
今月結婚するお友達が、インフルの影響で海外挙式を断念したけれど、函館で挙式するとのこと。
あのきらめく函館で愛を誓うなら、きっと幸せになるはず!

なーんて、ちょっと歯の浮くことを書いてみました..sai.wingpen
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本酒は自信のラインナップらしい@あて
2009/05/28(Thu)
本日、職場の送別会。あいにくのお天気でしたが、涙雨に違いない。
で、ランチでいい感じだった「あて」で送別会をしてみた。思いっきり自分の趣味ですが。
何がよいって、古民家を移築したのとか、日本酒のラインナップとか。といいつつ、実は一番よかったのは接客だったりするのでまた行ってみたいなと思った。
と書きつつ、実は燗酒がいわゆるおいしい日本酒(純米とかそういうやつ)から選ぶのは、ちょっとどうかなって思いましたが。何気ないお酒を燗酒にすればいいのに、、とは思ったけど、トータルで◎なお店なので、やっぱりまた行きたいんだけど。

送別会なのに職場の瑣末なことを話したりしてしまったけど、いろいろなごり惜しい気持ちとお店の雰囲気がマッチしていて、よい夜でした。

この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
試して納得!??5/25発行「日経ビジネス」より
2009/05/25(Mon)
お気づきでないかもしれませんが。このブログ、小学生の絵日記がコンセプトなので、楽しいできごとを中心に綴っているのですが。
というわけで、おとついのパナソニック電工さんのショールーム体験はかなり楽しいできごとだったのです。

月曜日の朝刊には「日経ビジネス」「東洋経済」「ダイヤモンド」とビジネスパーソン3大週刊誌の広告が掲載されている。週刊誌自体は読まないものの、広告に目を通すだけでも、ビジネストレンドがキャッチできていいんじゃないの、って思っています。で、本日「日経ビジネス」でキャッチしてしまいました。。
メインタイトルは「物欲消滅?買わない消費者はこう攻めよ」で、特集のひとつが「試して納得。体験を出前するパナソニック」。
日記でも明らかなように、かなりノリノリで体験していただけに、あまりにもまんまと企業の販売戦略にはまったことがハズカシイ。。
とはいえ、かつては高額商品がだまっていても売れていたのも景気のよすぎる話だと思うけど。
あまりにも思う壺ではあるけれど、宝くじに当たらなくても買えてしまうものではあるので、もうしばらくは煩悩とつきあうことにしたい、と思った月曜の夜でした。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きれいなお姉さんは好きですが(セルフエステ体験)
2009/05/23(Sat)
ヴォーリズ展鑑賞後、チャイナブルーの予約時間まで微妙に空き時間があったので、階下のショールームに行ってみた。パナソニック電工のショールームだし、マッサージチェアでも試していこうか、というくらいの気持ちで。ふと受付を見ると、エステ体験というチラシが目に入った。もちろん、無料という文字も私が見逃すはずがない。
私は体験する気満々だったが、ダーリンを家に残してきている友達はどうかなぁ?と気持ちとしてはおずおずと、しかしかなりノリノリに聞いてみたところ、友達も体験したい!とのことだったので、イオンスチーマーセルフエステ体験(1時間)を受付にて予約し、最新機種のマッサージチェアを体験し、ランチをとった。
ランチ後は、コンラッドのお土産屋?シガーショップ?をのぞいてみる。ただのシガーショップと思っていたら、品数は少ないものの、選ばれし小物の数々で、なかなかよいお店だった。友達はにおい箱とバラの香水を購入した。バラの香水はさることながら、におい箱。お香好きなら松栄堂は知らない人がいないと思うけれど、このにおい箱は非常にいいと思った。桐の小箱に季節の植物が描かれ、源氏香の柄の小窓があって、この窓で香りが調節できるという、なんともまぁ雅やかな一品。
個人的には奈良の携帯筆ペンがほしい気がしたが。くれたけとかぺんてるのよりは上手に書けそうな本格派に思う。
で、そんなこんなな優雅な時間を過ごした後、ふたたびショールームへ。

結論から書きますが、ここのエステ体験、非常によいのではなかろうか。イオンスチーマーの効果がすぐにわかったのはもちろんのことだが、使わせてくれる基礎化粧品はジュリーク!私はてっきり最大手メーカーのだろうと思ってたから、ジュリークの基礎化粧品が使えるのを知り、何億個かの肌細胞たちも喜んだと思うから、余計に効果が感じられたのかもしれないが。
      

美容機器というのは、値段の割りに効果のほどが不明なのでこれまで興味がなかった。
パナソニックさんの思う壺と思うけれど、物欲という名の煩悩が生じてしまいました。
最近、別の友人が高畑淳子さんでおなじみのゲルマニウムローラーよりいいというローラーを購入し、試させてもらった時にも効果を感じたが、ゲルマニウムローラーよりも超音波美顔器の方が即効性があるように思ったが。
きれいなお姉さんへの道のりが数枚の諭吉先生で叶うならば「即買い!」ってところであるかもしれないが、もうしばし悩むことにしたい。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シャンパンランチ@チャイナブルー
2009/05/23(Sat)
ヴォーリズ展鑑賞にあたり、前後のプランをどうしようか、、と相談してた時に、「コンラッドでサタデーシャンパンランチっていう素敵なプランがあるよ!」とメールが来た。さらには、値段はちょっと高めだけどとか、昼からお酒を飲むのがどうかなと思うならあれだけど、とも書いてあった。
「これって大人の階段あがってるよね、私」と思うことはいろいろあれど、休日に昼からお酒を飲むというのはまさに社会人の醍醐味であり、特権であり、ご褒美であるので、すぐさま「予約しておいてください」と返事をしておいた。

で本日は、このシャンパンランチのために朝食の時間も絶妙に調整し、ヴォーリズ展鑑賞後に「お茶でもする?」という友達の提案も「シャンパンを美味しく飲むために水分を今取っては×よ」と却下し、胸の高まりとすかせた胃袋と共にコンラッド東京へ。
夜のコンラッドは以前あまさず見たつもりだが(別頁参照)、昼間のコンラッドはまた違った印象。違った印象というより、高級ホテルは暗いほうが素敵に見えるように設計されているのか?はたまた夜景効果か?

とはいえ、通された席からの眺望は眼下に浜離宮のこんもりとした緑が広がり、遠景にはレインボーブリッジがあり、ご褒美感はいやが応にも感じられる。
ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエと瓶だし紹興酒が好きなだけ飲めるとのことで、好きなだけ飲みながら、美味しい中華をいただきました。で、お料理はこんな感じ↓
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ@汐留ミュージアム
2009/05/23(Sat)
常々、ミッション系の建物は素敵だと思っていたが。そんな素敵な建物を大正、昭和初期に設計した建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の展覧会のチケットをもらったので、友達と誘いあわせて汐留ミュージアムへ。

ヴォーリズについては、滋賀県の豊郷小学校の保存派と建替え派に分かれた町長選挙だかのニュースで知った私だが、建築作品自体は知らないと思っていたけれど、、。
建築の展覧会なので、図面と写真がメインではあったが、私も知っている昭和初期のちょっと素敵な洋風建築の数多くをヴォーリズが手掛けていたと知り、非常に親近感が持てた。
そして、豊郷小学校騒動の時は、建物のディテールまで興味を持ってなかったけれど、今回の展示でイソップの「兎と亀」をモチーフにした、階段の手すりに飾られた鋳物の兎と亀のかわいいことと言ったら!ヴォーリズの愛を感じずにはいられない。こんな素敵な建物が解体されなくて本当によかったと思う。(もちろん保存と建替はなかなか悩ましいことだと思うけれど、、)
また、四条大橋のたもとにたたずむ中華料理屋「東華菜館」もヴォーリズ建築とは驚きと共に、あの不思議建物の謎が解けたような気がした。東華菜館は私の記憶にある初めて行った中華料理屋だけど、子供心に値段の割りにイマイチ、、みたいな刷り込まれた記憶があって、その後行ったことがない店だけれど、手動式(!)のエレベーターにはぜひ乗りたいので、帰京の折にぜひ訪ねようと思った。
友達はヴォーリズは知らなかったとのことだったけれど、実は出身大学にも彼の設計した建物があった。ちなみに、関西学院、神戸女学院にいたってはヴォーリズ建築の見本市状態ですよ。古い建物だから空調などイマイチだとは思うけれど、あの建物なら「入学してよかった」と思えるだろうし、卒業時にもフォトジェニックな記念写真が取れることでしょうよ。
多くの人に名前を覚えられる建物というのもすばらしいと思うけれど、ヴォーリズの建物のように知らなかったけど生活に溶け込んでいる建物というのはもっと素晴らしい気がした展覧会だった。

で、汐留ミュージアムは企業ミュージアムでパナソニック電工がやっているんだけど、階下は4フロアくらいショールームになっていて、一日楽しめそうだ。このあと、大いに楽しみましたが、別途記す。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
帰国子女じゃありません@ターブルドット
2009/05/21(Thu)
今夜は、ボジョレー解禁食事会以来すっかり定例となったメンバーで、渋谷と代官山の間に位置する、素敵な一軒家レストラン「ターブルダット」へ。

お友達のお友達がやっているレストランだとかで、行く前からホームページの素敵な写真にすっかり、うっとり気分になってましたが。想像を超えた素敵さでした。
なにがよいか、って?門扉をくぐってから、建物までのアプローチがさっそく素敵。大きな窓からあふれる温かみのある照明が素敵。ドアを開けたときの、落ち着きのあるお店の人のさりげない笑顔がまた素敵。そして、天井の高いフロアに梁がある空間でさえ素敵。さらには淡い色調の大きな額が、やっぱり素敵。
このお店を表現するには素敵手書き風シリーズきらきらが欠かせません。なのに、6月末で閉めちゃうとか。とても残念。でも、この素敵空間に来ることができて本当によかった。で、たぶんこのお店は女性グループで来るのが一番ぴったりな気がする。
5月生まれの人がいたので、あたたかな空間でおめでとうの乾杯をし、あたたか、おだやか、おいしい時間を楽しみました。すてきなお店、すてきなお友達。世のインフルエンザパニックとは無縁の優雅な夜でした。

で、タイトル。気になりまして?興味があれば↓
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ノルディックウォーキング@皇居周辺
2009/05/20(Wed)
巷で長らくブームの皇居ランニング。5キロのランニングは自信がないけど、ただ歩くのもなぁ、、という気持ちの私にぴったりと思われる、ポールを使って歩く「ノルディックウォーキング」というスポーツクラブのイベントに仕事後に参加してみた。

日中は夏を思わせる陽気だったけれど、夜になるといい感じ。
そのうえ、世間ではいわゆるノー残業デーということもあり、大勢の人が走っている。「あなた、初心者でしょ!」というようなメタボ予備軍の男性諸君までも!猫も杓子も皇居ランに夢中のようです。

ポールを使って歩くって難しい?と思ったけれど、そうでもない。ポールを使うことで、足がどんどん前に進む感じでジムのマシンの上で歩くのとは大違いのおもしろさ。やっぱり景色が移ろいでいくのはよいなー。
日比谷公園→東京駅→竹橋はなんとなくイメージができたコースだけど、それ以降はすごく新鮮だった。夜の国会議事堂、最高裁、国立劇場、そして東京タワーと、観光気分で大満足の夜でした。

いい汗かいた後は、シャワーをあびてからバインセオだな。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
5台のピアノで!@東京文化会館
2009/05/08(Fri)
昼ごはんを食べて職場に戻ると、「突然のお誘いですが」という件名のメールが届いていた。
なんだろう?と思うと、今夜のピアノコンサートのチケットがあるから行きませんか?というお誘い。
プログラムを見たら、大好きなラプソディインブルーを5台のピアノで演奏するらしい。
「突然ですみません。。」って、そんなお誘いならいつでもウェルカムです。

で、仕事後に、職場の人たちと連れ立って、上野の東京文化会館へ。
途中、駅のホームで、きちんとした身なりの50代とおぼしきビジネスマンが、携帯で自分撮りしていた。
自分撮り!?と思いきや、ふと空を見上げるとくもり空に虹。あーひさしぶりに虹を見たなぁと隣の子に教えてあげたら、おじさんと目が合い、しばしほほえみ合う。虹って優しい気持ちにしてくれるね。

そんなこんなで18時30分開演。
まずはチェンバロのソロ。東京文化会館の大ホールではちょっと広すぎるのか、繊細なチェンバロの音がこころもとない気がする。もっとこじんまりしたところだと絶対いいのに。

ピアノソロはもちろんよかったけれど、なんといっても第2部のピアノ5台による演奏は圧巻だ。
そもそもどのように配置するんだろう??と思っていたら、放射状にピアノを並べ、ピアノのふたは全てはずしていた。ふたがないグランドピアノって初めて目にしたように思う。

「ラ・カンパネラ」は華麗で、「カルメン」は華やかで、「ラプソディインブルー」は切な楽しく、ピアノでの演奏とは思えない印象だった。

途中でおなかが減ったこと以外は、ステキな花金のひとときでした♪
この記事のURL | 音楽・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京町家で愛の駆け引き劇場@菜根譚
2009/05/05(Tue)
ランチにおでかけに大充実の一日。夕食は約束してなかったものの、せっかくだし!と、夕食も一緒に食べることに。お昼に中華が食べられなかったので、これまた久々のお店「菜根譚」へ。
あーもう絶対、坦坦麺と杏仁豆腐食べたいねーといいつつ、どちらも頼まなかったけれど。

で、シメは何にしようか、、と悩んで、選んだのがこれ↓
20090505+004_okoge.jpg

五目あんかけおこげ。しっかり味付けされたおこげとあんかけが一体となり、嗚呼旨い?。

この記事のURL | 食べたり、飲んだり@関西 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
芸術のGWです。
2009/05/05(Tue)
予定どおりとはいえ、今日の予定はまさにゴールデンじゃなかろうか。アカデミック度100%、楽しさ100%、さらにさらにお財布に優しい度0円。トータルで満足度1000%!と書けばちょい大袈裟か(笑)。

【たち吉で「へうげもの」とのコラボ展を見る】←これは一人で。

【京都造形大学で会田誠の共同制作を見る】

【平安神宮で新茶接待】

【近代美術館で箱をのぞく】

【みやこめっせで古書市めぐり】

【細見美術館で白い器を見る】

詳細は以下に記す。(かなり偏ってると思うので、興味のある人だけ読めばヨシ!)
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一生あってほしいイタリアン@アル・マツオ
2009/05/05(Tue)
友達と遊ぶ時って、一回集うと、その後頻繁に会ってしまうことが多い私。そんな友達が東京に一人、京都にも一人。どちらも年下で、芸術好きで、おしゃれ好きなステキな女子だ。その上、独身。世の男性諸君はどこ見てるんだろうね。

というわけで、先日フランソワに行った彼女と本日も集う。今日は「芸術」がテーマだ。
で、その前にランチ。先日会った時に「アルマツオ」にしよう!と決めたものの、途中で浮気心が生じてしまい、京都ホテル脇の一之舟入をのぞいてみる。が、ランチタイムは全て予約で満席とのこと。全ての席を予約で埋めてしまうってすごいなーと思うけれど、まぁ連休中だし仕方ないか。

で、アル・マツオへ。入店するや否や我々は浮気心を生じさせたことを深く反省した。
地元民による地元民のための地元民のイタリアン、それはアル・マツオ。
雰囲気も味もフレンドリーな接客も全て◎。
自家製パンだって、おかわり自由だよ。ケチケチと追加料金なんて取らないよ。気分がいいから二人してスプマンテなんて飲んじゃった。これは普通だったけれど。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり@関西 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昼から夜まで大活躍でしょうね@シトロン・サレ
2009/05/02(Sat)
植物園→北山界隈を散策後、母と別れて、バスで四条へ。
今晩は幼なじみたちとご飯です。で、そのうちの一人が最近お気に入りの、大人気のお店「シトロン・サレ」を予約しておいてくれた。
おいしくて、いつも女の子でいっぱい!というのがうなずける、ステキな雰囲気。長居しても全然OKで、ご飯もお酒もデザートも揃っているので、下手したら一日いられるんじゃないかしら?

でも、一つだけイヤなこと書きますと、、。座り心地のよい椅子なんだけど、ご飯を食べる時にはちょっと低いんじゃないかしら?まぁ好みの問題の気がするけれど、私はソファ席でご飯を食べるのは好きじゃないので。
ご飯のときはテーブル席で、そのあとソファー席に移動できたら最高なのにな。
そうか。こういうお店を参考にすればいいのか。自分の部屋って。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり@関西 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
太陽の下は疲れるゼ@はせがわ?植物園
2009/05/02(Sat)
「山野草、見に行かへん?」と母に誘われたので、親孝行を兼ねて、久々に植物園へ行くことに。
親孝行といえば、ご飯くらいご馳走してあげなくちゃ。贅沢なご飯だと恐縮されるわ、財布も痛いわで、これまた久々の「はせがわ」へ。
ハンバーグといえば、東洋亭の方が好きなんだけど、ケチャップ味のボリューム満点のはせがわのハンバーグはちょっと郷愁を誘う感じでやっぱり好き。
ということで、母はハンバーグ&コロッケ、私はハンバーグ&ヒレカツを注文。そして、どちらも1000円。ここって値上げ、してないんじゃないかしら?これからも是非とも企業努力を続けてほしいお店だ。

で、植物園。ま、たまには母親孝行くらいの気持ちで来たものの、いやぁおそるべしだよ、植物園。
植物園自体の素晴らしさは、いわずもがなですが、行楽シーズンはいろいろな人がいて本当に興味深かった。
興味深い人々については、以下に記す。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正統派の喫茶店@フランソワ
2009/05/01(Fri)
久々の京都の夜。友達が予約しておいてくれた高瀬川沿いの小洒落系町家居酒屋へ。
基本的に小洒落系町家居酒屋は好きなんだけれど、うーん、、。最近増えすぎた感あり。
あと猫も杓子も小洒落系町家風なんだよね。と書き出しでわかるように、私としては☆☆☆くらいだった「くりお」。
でも、次にあてはまる人だといいと思います。
・「京都!」っていう感じのお店でご飯を食べたい→高瀬川が見えていいローケーション!
・京都っぽいものを、リーズナブルに食べたい→京都らしい食材(豆腐や万願寺等)が
 リーズナブルに食べられる。
・カフェ感覚で夕食を食べたい→気軽に食べれるし、観光客も多いから安心。

というわけで我々はややディープな話をするつもりが、隣の席と相席状態だったので、なんとなく落ち着かず気もそぞろで、そのうちなんとなく満腹中枢も刺激されたので、場所を移すことに。

で、どこに行こう、、と高瀬川沿いをそぞろ歩いているうちに、久々に「フランソワ」へ。
フランソワは、相当な老舗の喫茶店だと思うんだけど、ちょっと居住まいよく座らなくちゃって感じながらも、品がいいのに意外と落ち着ける素敵な喫茶店で、一方的に好感を持っている。老舗の喫茶店といえば、以前は築地の方が好きだったけど、代が変わったのか居心地が悪くなったので、私の中ではフランソワが河原町界隈で好きなお店。で、好きながらも、ものすごく久しぶりだと思うけど。
いつも混んでいる午後の時間帯にしか来たことがないけど、今回夜に来てみて、夜は夜で素敵だなぁと改めて認識した。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いつ食べてもおいしい@麻阿悟(京都)
2009/05/01(Fri)
「ラーメン」としては邪道かもしれないが、私は麻阿悟のトマトラーメンが大好き。
最初トマトラーメンのことを聞いたとき、やや気持ち悪いと思ったものの、これは本当にはまります。
ということで、弟ヨメと共に一路麻阿悟へ。

久々に来てみたら、牛乳ラーメンというのもあり、ちょっとだけ悩んだけれど、やはりトマトラーメンを注文。
前からあったかなかったかは不明だが、パルメザンチーズのトッピングもあったので、二人ともトッピングも注文。どきどきと待つ間に、「トッピングは1つでもよかったかもね」と思ったりもしたけれど、、。
はっきり断言できます。パルメザンチーズのトッピングは一人に一つ必須です。

ここのトマトラーメンの味が好きなので、東京でもたまにトマトラーメンを見かけるけれど、あえて食べないようにしている。そんな気持ちを裏切らない味。でも、今度は牛乳ラーメンにチャレンジしたいんだけど。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり@関西 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。