| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
真夏の夢とアフタヌーンティと@椿山荘
2009/08/30(Sun)
8月最後の日曜日。熱い衆院選に静かに清き一票を投じたのち、「投票済証」なるものを初めてもらった。
その足で、椿山荘で本日まで開催のアートイベント「真夏の夢」を観にいく。

今回初めて足を踏み入れた椿山荘のお庭は、ステレオタイプなお見合いで、両者顔合わせ後、
「では、若い人は若い人同士で。おほほ」と仲人さんがすすめるような和風庭園。素敵です。
その素敵な庭園に、現代美術が展示され、和みます。
20090830+002.jpg


現代美術で和んだ後は、フォーシーズンズのル・ジャルダンでアフタヌーンティ。
土日は混んでいるらしいけれど、そんなに待たずに三重塔が眺められるソファに座ることができました。
20090830+008.jpg

紅茶の茶葉も、もちろん取り替えてくれます。(日比谷のザPホテルは取り替えてくれないの、、)
それも替えてほしいな、って思うより早く声をかけてくれる。気取り過ぎないサービスも落ち着けます。

さようなら、透明な夏。
20090830+009.jpg


過ぎゆく夏を惜しむにはややお天気がぐずぐずしていたけれど、、
くだんの投票済証で、本日椿山荘&フォーシーズンズのレストランは全て20%off。
お得&優雅な日曜の午後でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏休み気分120%!なハンモック@mahika mano(吉祥寺)
2009/08/16(Sun)
夏休み最終日。「夏」を満喫したくて、吉祥寺のハンモックカフェmahika manoへ。
少々わかりづらい場所と誰かのブログにあったけど、駅から徒歩5分ほどで到着。

ほぼ全席ハンモック席ながら、満席だったので、少し待った後、ハンモックへ。
ハンモ

たぶん大丈夫とは思いつつ、耐加重量を確認すると、300キロ。心置きなく座ることができました。

ハンモック屋のコンセプトショップということで、飲み物はやや高めだったけど、本を片手に、ゆらゆらのんびりと日曜の昼下がり?夕暮れを過ごすことができて、大満足のハンモック体験でした。
ハンモック、ほしい。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九州旅行2009夏?長崎ぶらぶらくいだおれ旅(6日目)
2009/08/14(Fri)
福江島からジェットフォイルで長崎・大波止へ。友人は早い飛行機で帰るので、ここからプチ一人旅。

長崎市内は、学生時代に観光したことがあるので、当初いわゆる観光地は行くつもりはなかった。
けれど、2日間教会をあれだけ巡ってみると、建物だけでなく、潜伏キリシタンやキリスト教について、興味が湧いたので、せっかくなので大浦天主堂を再訪することにした。
違う。やはり学生の時に訪れた時よりも、感慨深い気持ちだ。資料館もじっくり見た。

20090814+2.jpg

大浦天主堂に向かう坂道に、「コルベ記念室」というのがあり、興味があったので、帰りに立ち寄ってみた。記念室といいながら、土産物屋然とした感じなので、何だろう?と思ったら、土産物屋の奥にゆかりの暖炉があるというだけだった。さらに、ご自由にどうぞと看板にあったので無料だろうと思ったら、「ろうそく代として50円いただけますか」と言われる。一瞬なんだかなぁという気持ちになる。お金を渡す時に、「今日はコルベ神父の命日ですので、ぜひろうそくをあげてくださいね」と言われて、変な言い方だけれど、導かれた感がある。キリスト教徒ではないけれど、2日間スタンプ巡礼旅をした身として、これもご縁だなぁと感じる。

思いがけず大浦天主堂界隈で長居をしてしまい13時半。皿うどんを食べに、四海楼へ向かう。お昼時ではないのに、30分待ち!この旅一番の晴天で、それも1人で30分待ちはつらすぎる。
で、中華街界隈のどこかのお店で食べようとするも、どこも30分以上待ち。つらい。
少し外れた場所にある「永盛楼本店」に行ってみる。今度は、お客ゼロ。これまた微妙な気がしたが、本にも載っているし、ズーミンも飾られているし、どきどきしながら入ってみた。
20090814+3.jpg

通常皿うどんは、酢をかけて食べるが、長崎ではソースをかけるらしい。
ウスターベースだけれど、特別に皿うどん用に作られたソースだからマッチするんだとか。酢の方がおいしいと思ったけれど、これはこれで違った味わいだったので、長崎で食べるならソースでどうぞ。
20090814+4.jpg

皿うどんでおなかを落ち着けると、これまた学生時代に食べた、桃太呂の豚まんも食べたい気がしてきた。
大浦天主堂も見たことだし、あとはくいだおれ旅にすることにした。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九州旅行2009夏?スタンプ巡礼旅(5日目)
2009/08/13(Thu)
今日は、午後のジェットフォイルで福江島へ移動。
午前中は時間があるので、民宿のまわりで買い物。昨日食べた五島うどんがおいしかったので、大量に購入。種類が多くてどれがおいしいのかわからないけど。

早いお昼は、やっぱり五島うどん。地獄炊きうどん。
20090813.jpg
昨日の運転手さんが熱く語っていたように、冷たいうどんよりも、あたたかいうどんの方が、のどごしがよい。日本三大うどん(稲庭、讃岐、五島)で一番好きかも、五島うどん。

奈良尾港へ移動し、福江島行きのジェットフォイルへ。
福江島に到着するや、港で待ってもらっていたタクシーで観光開始。昨日に引き続き、スタンプ巡礼旅だ!

今日の運転手さんは、昨日の人よりは、ちょっとビジネスライクな感じ。
しかし、我々がスタンプ、スタンプとお題目のように唱えると、またもや運転手さんもスタンプに目覚め、「できるだけ回りましょう!」と協力してくれたのであった。
ただ、非常に残念なのが、スタンプ帳には福江島の教会全てのスタンプ欄があるのに、スタンプが設置されていない。福江島の教会関係者様、ぜひスタンプ&スタンプインクを設置してください!

≪本日の巡礼地≫
浦頭教会

堂崎教会
 20090813-1.jpg

宮原教会
 20090813-3.jpg   20090813-4.jpg
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九州旅行2009夏?スタンプ巡礼旅(4日目)
2009/08/12(Wed)
早朝6時、中通島の青方港に到着。
とりあえず宿に向かい、少し仮眠してから8時から観光開始。
昨日までは、神社仏閣をめぐる旅だったが、五島は教会巡りと五島うどんが目的。
中通島には30くらいの教会があるが、その中でピックアップした教会を、運転手さんに伝えると、規定の時間+1時間くらいで観光できるとのことだった。

当初予定は↓
青砂が浦教会、冷水教会、大曽教会、旧鯛の浦教会、頭ケ島教会、中の浦教会、福見教会の7つ、そして若松島のキリシタン洞窟だった。
しかし、残念ながらキリシタン洞窟は、時化ているため、早々に中止の連絡が船長さんから連絡があった。

そのため、もう少し教会巡りができることになった。さらに、教会でスタンプ帳を入手し、二人でスタンプ、スタンプと言っていたら、運転手さんもスタンプ集めに協力してくれる。協力というよりは、かなり積極的に、「せっかくだから、いっぱい集めましょう!」とどしどし連れてくれた。
運転手さんは、タクシーの運転手として優秀だったかというとちょっと微妙。「あれがあれでねー」なんていう説明がけっこう多くて実はわからないことが多かったし、しかし人としていいおじさんだった。
特にいい人というより、島の人の優しさっていうのを感じることができ、楽しく巡礼することができた。

朝&昼兼用/「竹酔亭」にて五島うどん(ざる)
20090812+(21).jpg
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九州旅行2009夏?見仏記旅(3日目)
2009/08/11(Tue)
今日は、宇佐神宮&国東半島めぐり。『見仏記』で紹介のあったお寺を中心に回る。

★宇佐神宮
20090811.jpg

宇佐神宮は、八幡さんの総本宮。厄払いは岩清水八幡宮に行っていた身としては、ちょっとお参りしておきたい神社だった。神宮の名前のとおり、広大な敷地で、格式の高さがと感じられる。
通常、神社の参拝は「二礼二拍手一礼」だけど、ここは「二礼四拍手一礼」。なんでなんで?
よくわからないけれど、絶対効くと思った。八百万の神々よ、よろしく。

参拝後、参道のお土産物屋がお友達の知り合いの家ということで立ち寄ると、蒸し饅頭をふるまっていただく。あー、これも夏休み的な感じがした。

★真木大堂
ここは田舎のお寺って感じなのに、仏像たちはものすごく立派な建物に収容されていた。その上、ガラス張り。貴重な重要文化財だから仕方ないけれど、ガラスケース越しではよく見えない。
水牛にまたがった大威徳明王はもちろんかっこよかったけれど、個人的には一番右に鎮座していた不動明王の、炎の部分が非常に気に入った。
仏像たちを堪能したあと、本堂脇にざくざくとあった、庚申塔やら石祠を見る。なんでもこの地域一体の庚申塔を移動して、まとめて展示しているらしい。これも必見。
で、何よりも不思議なのが、お寺の入り口にある、ご意見箱。写真がないのが残念だけど、なぜか仁王像。

★熊野磨崖仏
ここは少しだけ手ごわかった。鬼が築いたとされる99段の石段を上がったところにある石仏。
料金所で無料貸し出しされる杖を手に登り始める。最初はたいしたことないじゃない?って思ってたが、鬼の石段のあたりから汗が噴出す。鬼が作った(とされる)だけに、石の組み方がけっこういい加減で歩きにくいし。
しかし、汗が噴出そうと、山道だろうと、断崖?の磨崖仏みたら、なんか癒される。ここだけは酸性雨降らないで。

20090811-3.jpg
高さ8mの不動明王

★富貴寺
ここの大堂は九州最古の木造建造物として国宝指定。建物の印象よりも小さな阿弥陀さんが鎮座。
薄暗い堂内がなんだか落ち着くお寺だった。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九州旅行2009夏?見仏記旅(2日目)
2009/08/10(Mon)
すてきなルイガンズで朝食の後、ホテルの送迎バスで博多に向かうつもりが、夏休みということもあり大渋滞しているらしい。ということで、またもや船でホテルをあとにする。博多からJR特急ソニックにのり、大分・中津へ。今日はお友達の大分のご実家に宿泊し、中津&耶馬溪観光。

昨日は船で旅情を感じた私であるが、実は特急にも旅情を感じる。新幹線には感じないが。
特急ソニックはそんな私の気持ちを満たしてくれる、よい特急だった。

お友達のご実家はJRの最寄り駅から少し離れているということで、タクシーで向かう。
行き先の説明が、「○○(地区の名前)の××歯科へ」。この説明、すごくないか?自分ちがランドマーク。
そういえば、化け猫女優で名を馳せた女優が昔住んでた豪邸のその隣の小さな家に住んでいた時、「○○さんの隣です」で通じたな、とふと思い出した。

で、ランドマークなご実家に到着すると、笑顔が素敵な、優しそうなお母さんが出迎えてくれた。
小学生の頃に仲良しの友達の家に遊びに来たような、ものすごく懐かしいような甘酸っぱいような気持ちになった。

中津は日本一の唐揚の町!らしい。唐揚は大好きだけど、唐揚屋って何だ?唐揚だけで成り立つのか?よくわからないが、本日の昼はその唐揚を持って、耶馬渓でピクニックランチの予定だった。なのに、お母さんはカレーを用意してくれていた。食べてって、とすすめられたので、じゃあ唐揚はおやつに、、となったのに、お母さん、炊飯器のスイッチを忘れていたらしい。いやぁん、なんてかわいらしいではないか。自分の母親なら「もう!」って思うんだけれど、お母さんっておっちょこちょいの方がお母さんらしい気がする。
いかんいかん、またもや甘酸っぱい気持ちになる。

カレーのほうは無事ご飯と共においしくいただき、唐揚を持って、中津の福澤諭吉旧居&耶馬溪へ!
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九州旅行2009夏?見仏記旅(1日目*ルイガンズ)
2009/08/09(Sun)
海の中道にある、メキシコ調のすてきなリゾートホテル「ルイガンズ」は、天神からだと船で向かうのが一番便利ということで、船でホテルへ。船で向かうって旅情があってよいではないか。桟橋からは少し歩いたが、南国っぽい風景を見ながらホテルへ到着。いやがおうにも胸が高まります。

旅行前に、「リゾートホテルとは言ってもどの程度だか、、」という声があり、私もその気持ちがわからなくもなかったし、プールからバスローブ姿でパタパタと部屋に向かう子どもがいるあたり、日本のホテル的な感じだけど、期待していた以上にリゾートホテル。素敵です。
幹事嬢がチェックインを終え、素敵なソファでくつろぐ私たちところに来るや開口一番、「よい部屋にグレードアップしてもらえた」と。喜びと共に、幹事嬢の運の強さに改めて感心した。

20090809+(8).jpg   20090809+(6)_convert_20090830221200.jpg
よい部屋(#700)からの眺め。          よい部屋のロッキングチェア。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九州旅行2009夏?見仏記旅(1日目)
2009/08/09(Sun)
お友達のご実家訪問ツアーと称して、三十路女子3名と、卵のようにかわいい20代女子1名の合計4名で九州を旅する1日目。
羽田空港で集合し、一路福岡空港へ。福岡から天神へ移動するとちょうどお昼時。
リサーチ済みの人気ラーメン店「博多だるま」へ。少々行列していたけれど、ほどなくして入店。
透明トタン板ばりのお店だったけれど、内装は清潔おしゃれな感じ。有名&人気店だけあって、色紙の数がものすごい。透明トタン板一面に色紙(コピー)が貼られている。

散々悩んで、「宮迫さんも完食!」というやや意味不明なキャッチコピーの炙りチャーシューラーメン煮卵乗せ(1,100円)を注文。通常のラーメンが750円だからどんなだ?と期待に胸膨らしたものの、うーん。おいしいけど、押し寄せる感動は特になし。
「宮迫さんも完食!」という割には、ペロリとあっさり食べられました。どうやら、完食という単語を褒め言葉的に使っていたようだが、完食って褒め言葉か?
20090809-2.jpg    20090809.jpg
炙りチャーシューラーメン煮卵乗せ       こっちは普通のラーメン
あまり差はないような、、。普通のラーメンのチャーシューもおいしそうだったし。

で、西鉄で大宰府へ移動。みうらじゅん&いとうせいこうの名共著『見仏記』九州編を参考に、観世音寺へ。
観世音寺は学生時代に一度訪問しているのだが、「ただただ遠かった」という記憶が強烈で(実際は駅からそう遠くなかったが)、馬頭観音が「なんかよかった」という記憶がぼんやりある程度だけど、『見仏記』を読んで以来、「ぜひ再訪したい!」と思っていた。
宝蔵受付のおじさんに、「学生さん?大人?」とまじめに聞かれる。旅先と言うこともあり若干浮かれており、「え?学生に見えるなら学生(料金)がいいけど、大人です」って返事したら、さらに困った顔で「本当にわからないんです。どっちですか?」って言われたので、1秒だけ迷って「すみません。もう十分に大人です。大人4名です」と答えて、2階へ上がる。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きょうのおやつは→神田達磨のたいやき
2009/08/05(Wed)
20090805.jpg

職場でのおやつは控えているんだけど、、。
こんなおいしそうなの「食べます?」って聞かれたら、「食べます!」

これは秀逸だ。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道の味@とかちの→クサヤ?@吉乃川酒造
2009/08/04(Tue)
2ヶ月に1回くらい集うメンバーでの飲み会。不思議な組み合わせながら、不思議に和むすてきな集い。
今回はこれまでの趣向とはがらりと変わって、国際ビル内の「とかちの」へ。
「カジュアルな感じですけど、いいですか?」とのことでしたが、もちろん大丈夫です。私は思っていただいている以上に庶民派代表ですから。

「素敵な若い夫婦が切り盛りされているの」というオコトバどおり、というか私が思っていた以上に感じのいい夫婦ががんばってます!っていうお店。
ラクレットマシーン(?)もあって、店内にはチーズのおいしそうな匂いでいっぱいです。
残念なのは、物理的に地に足をつけてご飯を食べたい派の私としては椅子がハイスツールということ。

帰るにはまだ早い時間だったので、2軒目はどうしましょうか?とのことで、素敵なサマーツイードをお召しのお嬢様が、「このお店に寄ったあとに、いつも行くお店があるんだけど。でも、ガード下なんだけど大丈夫?」って本気で心配しながら、聞いてくださる。
「大丈夫です」と声をそろえて返事をしても、「ほんとに大丈夫かしら?(今まで行ったこともないと思うタイプのお店だから)びっくりされるんじゃないかしら?」と心配してくださる。
「いえ、ほんとに大丈夫です。というか新橋のお店とかも大好きです」と申告して、ようやくご安心されたご様子。

ということで、国際ビルから一路、有楽町のガード下の『吉乃川酒造』へ。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。