| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
4次元体験してみた?@国立天文台
2010/03/27(Sat)
三鷹の国立天文台での月例イベント「4次元デジタル宇宙プロジェクト」に行ってみた。
友人に「4次元に興味があるか?」と尋ねた時、新手の新興宗教にでも誘われるのか、とビビったらしい。
確かに、藪から棒に「もしよかったら、4次元体験に行ってみない?」って聞き方って、なんかイニシエーション的なイベントの感じがするかもね。

で、国立天文台で4次元体験って私自身正直よくわからないままも、けっこう楽しみで、乗り合わせたバスのとなりの女子3人組もどうやら同じ目的地のようで、私に負けずうきうきしていた。

で、天文台到着。
こんな場所で観測できるのかと思いきや、すでに東京の空は明るすぎることなどもあって、現在はハワイ島に観測所があるとのことで、なんだか閑散とした大学の構内の様相。中途半端に見学コースが設けてあります。
中途半端な見学コースの外れに、4D2Uドームシアターがあり受付を済ませると、1時間後くらいに集合とのことで、時間まで中途半端な見学コースにあった、昔使われていた施設を見学。
すごくおもしろい?と聞かれたら、正直微妙だけれど、理科実験準備室に面白味が感じられるなら、一度は訪ねてみてもいい感じがした。

で、時間になったので、4次元体験のできる(?)、4D2Uドームシアターへ。
説明係りのおじさんがすごく高価だと説明した3Dめがねを装着。ドーム型のシアターはまぁプラネタリウムです。
今回の映像は「土星リングの力学」というテーマ。15分ほどの3Dを映像で観るということで、3次元+時間軸ということで4次元だとか。うーん。それなら、「アバター」も4次元だよね、ある意味。
半円形のスクリーンに映し出される3D映像は、内容はさておき、もはや「アバター」を観たあとの身には、なんだか中途半端。説明も天文台の職員の説明によるものなので、なんだか発表会のようです。
無料イベントなので、まぁ仕方ないけれど、内容はけっこうおもしろいものだったので、なんらかの工夫がなされたい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パーソナルカラーが見つかった。
2010/03/13(Sat)
友人に誘われて、パーソナルカラー診断なるセミナー(?)に行ってみた。
色彩心理学とか前から興味があったけれど、なんとなく雑誌の情報程度でお茶をにごしていたのだが。
「目からウロコ」というコトバがあるけれど、まさに目からウロコが落ちたような内容だった。あ、絶賛です。

パーソナルカラーは、スプリング、サマー、オータム、ウィンターと、肌の色、目の色を基にして4分類されていた。まぁこのあたりのことは知っていたけれど。
で、どこかで、「誕生日の季節の色が似合う色」と読んだことがある気がしていたので、なんとなく私はオータムだと思っていた。オータムに分類される、枯葉のような落ち着いた色味はまさに私の色だと思っていたら。
日本人で、オータムに分類される人は少ないんだとか。へぇ。
オータムの人は、形容詞で言えば「ゴージャス」だとか。さらには「アニマル柄」が似合うんだとか。はぁ。
芸能人だと、米倉涼子がまさにオータムの人だとか。えー!じゃあ私、ぜったい違うやん。

その後、胸元に布を合わせながら調べていくと、私は「サマー」の人。
季節がわかったら、今度は季節の色(30色)からさらに似合う色を見つけるんだけど、その30色にものすごくたくさんの「ピンク色」が入っている。同じくらい、ブルー系も入っていたが。
長年ピンク色は避けていたふしがあるけれど、そうか、ピンクが私をステキに見せる(魅せる?)色なのね。

というわけで、これからはパーソナルカラーを参考にしてみるので、もしかしたら、パー子さんを目指しているかのようになっているかもしれませんが、サマーに分類される代表的な芸能人は「松嶋菜々子」であることを最後に添えておきたい。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊豆の温泉とMOA美術館にて
2010/03/06(Sat)
毎年2月だけ公開されている紅白梅図屏風を観に熱海に行こう!と友人に誘われながら、熱海は何度か泊まっているしなーと、宿は伊豆のほうへ。

まぁ急ぐ旅でもないし、快速アクティでのんびりと向かっていると、小田原あたりで、永遠の少女風の奥様が乗ってこられた。
すごく空いているとは言えないが、まぁそこそこ空いているのに、私の席と通路を挟んで隣のすでに3人座っているボックス席に「こちらよろしいかしら?」と座られる。
おもむろに、ビーズ作品を編み始め、一緒に乗り合わせた旅行客のおばさんが興味津々で見ていると、「よかったらご覧になる?」とかなんとかで、和やかな雰囲気のまま、なんだか大量にビーズ作品を頒布される模様。
まぁ材料代と仕上がりを見るとかなりお買い得だった気がするが、ある種の行商だったのではないだろうか?
若干なんだかなぁと思わないでもなかったが、まぁ旅行だ、よしとしよう。

で、本日のお宿のつるや吉祥亭さんは、夕方の時間帯には湯あがり生ビールサービスやら、旅館内の縁日風イベントで使えるチケットプレゼントやら、海の見える露天風呂無料やら、貸切風呂1回50分無料やら、魅力的なサービスが満点で、おのずと宿に到着してからのタイムテーブルができあがってしまう。
部屋は全室オーシャンビューとのことで、まさに遠景に伊豆大島が眺められる素敵な眺めなんだが、オーシャンビューというよりは、海のまん前、全室から海が一望できます!って説明の方がしっくりくる感じだったけど。

海の見える露天風呂は混浴だけど、19?21時のみ女性専用。ちょうど夕食後の時間で面倒な気分にもなったけれど、せっかくなので行ってみると、「極楽ここにあり」って感じ。
どうして、寄せては返す波を見ながら入るお風呂ってあんなによいんだろう。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひなまつりにハンバーグ@レストラン七條
2010/03/03(Wed)
先月の王様のブランチのハンバーグ特集でも取り上げられていた、神保町のレストラン七條へ。
神保町というだけで、わくわく。
さらに店に到着すると、小学館ビルの地下にちょっとした食堂街があって、仕事帰りにいっぱいやっていきますか的な感じもかなり好きです。

何もかも美味しそうだったけれど、洋食の王道メニューを頼もうよ!って感じで注文。

20100303_004.jpg
★ハンバーグ
 ブランチでは、4位に選ばれていたけれど、これは秀逸。
 添えられた温野菜もバターでソテーされていて、添え物って感じでなくておいしい!
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。