| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
GWは伊豆を皮切りに@下田
2010/04/30(Fri)
のんびりしたい?!という気持ちで、旅行のパンフレットを見ていたら、おとくな温泉旅行を発見し、
先月に引き続き、またもや伊豆へ。
駅には、たいてい旅館の送迎車の人がお迎えにきてくれているが、伊豆急終点の地・下田駅は駅のレイアウトの加減だろうか、ものすごくきっちり並んで出迎えてくれた。
で、本日の宿の南楽さんののぼりを持った実直そうなおじさんを発見。
指定されたマイクロバスに乗り込み、15分ほどで旅館に到着。パンフレットでは、山の中にたたずむ宿のような印象を持っていたが、実際は道路脇すぐに立地する旅館だった。イメージとしては、村の庄屋さんの家って感じ。

部屋に案内されると、思いがけず、部屋には囲炉裏やら露天風呂がついている、ちょっといい部屋だった。
おとくなプランだし、一番安そうな部屋だと思っていたのに、宿泊客が多いとかで、自動的にランクアップしてもらえたようだ。
天は私に味方してくれてるんだろう。ありがたいことだ。
20100430_1.jpg
朝食の風景。風情ある囲炉裏は、実は意外と食べにくかった(笑)。

南楽さんは、部屋数の割には、温泉が非常に充実していて、大浴場には内風呂と、2つの露天風呂、そして瓶風呂(かめぶろ)というのまであった
せっかくなので、瓶風呂にも入ったがこれは正直微妙だった。
イメージとしては、風情のあるドラム缶風呂か?!入るときに足を上げて「よいしょ」と入る必要があり、ぜったい入る姿は美しくないと思う。美しくないというか、はっきり言えば、TVだったらモザイク入るでしょうよ(笑)。まぁ空いていたから問題なかったけど。
っていうか、これは思いっきり子ども向きのものだったかもしれない。
次にこういう風呂を見かけたても、私は入らないな。もう。

大浴場と並んで、貸切風呂もたいへん充実している。
私は貸切風呂ならびに露天風呂付客室には一家言あるのだが、なんて書くと「しっぽりよろしいなぁ」と見る向きもあるかもしれないが、そうではなくて。
貸切風呂ならびに露天風呂付客室には、健康的な印象のところと、ねっとりとした印象のところと、安っぽいところの3種類があるように思う。あ、高級なところは行けそうにないのでいったん無視。
ということを職場で披露したら、すごく共感してくれた人と、まったく理解してくれない人というより、貸切風呂はカップルのものと思い込んでいる人もいたけれど。
ちなみに南楽さんは健康的な印象だったので予約したのだが、印象どおりのよい貸切風呂でよかった。


で、次の日は下田海中水族館へ。ここは思いがけず、非常によかった。
ショーがたくさんあるのが楽しい。というよりショーがメインの水族館なのかな?
入り江でショーが行われるので、開放的でいい感じ。
でも、入り江でのショーは、イルカ4頭の芸のグレードが違いすぎ。1頭は高いところにつるされたボールにタッチしたり、お兄さんを背中に乗せて泳いでみたりと、明らかに芸をしていたけれど、あとの3頭はただつるんで遊んで、お姉さんからえさをもらってただけ。
ただ、あの顔でしょう。なんだか憎めず、3頭でつるんでいるあたりも、またかわいいんだ。
20100430_2.jpg
右のイルカは芸のあるイルカ、左の憎めないのはつるんでいたイルカ(かわいい?)
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
武ちゃんと武ちゃんへ@銀座
2010/04/17(Sat)
珍しく土曜出勤。超多忙な武ちゃんと飲みに行こう!と、前から気になっていた焼き鳥屋武ちゃんに行ってみることに。

場所柄、平日の行列は必至だろうと想像にかたくない「武ちゃん」は、焼き鳥のおいしさもさることながら、お運びのお姉さん(推定60代後半?)のきびきびとしていて、ゆるい接客に和む。きびきびと接客しながらも、マクドナルドの店員さんが「一緒にポテトもいかがですか?」とセールストークするのと同様に、「アスパラはどうですか?」、「おしんこはどうですか?」とセールスするのも忘れない。その上、やたらと鼻濁音。

とはいえ、肩を寄せ合う狭い店内で食べたらさっさとお会計するのがよさそうな感じなので、行列してない時ならまた来たい、というお店かな。
とはいえ、念願の武ちゃんに武ちゃんと来ることできて満足の土曜日だった。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あらゆる角度からスカイツリーを見てみたい─あちこち番外編
2010/04/10(Sat)
その後足をのばして、東向島の向島百花園へ。
ここは藤がきれいと友人に聞いていたが、百花園の名のとおり、多くの草花が咲いている。
昭和の名残もあって、花の開花にあわせて時折、足を運んで見たい気がした。
20100410_104338.jpg
百花園よりスカイツリーを臨む。
東武伊勢崎線で2駅離れると、ずいぶん小さいものだなぁ。

あらゆる角度からスカイツリーを見る、の仕上げは都庁の展望室(45階)から臨むことに。
久しぶりに来てみると、8割方海外からの観光客。それもほぼ中国人だ。
エレベーター係りの人が、「このエレベーターは55秒で到着です」と説明したあと、中国語でもアナウンスした。
そのとたん、エレベーター内は、伝言ゲームのように「ウーシーウーミャオ!」が伝言されていく。
そうか。この高さを55秒で登るというのはなかなか衝撃的だな、と中国観光客の驚きをもってして、改めて感じる。
20100410_104938.jpg
一番遠くに見える棒状のものが、東京スカイツリー。
今の高さは完成後の半分なので、やっぱり大きいんだ。

とりあえず、第1回あらゆる角度からスカイツリーを見る会を新宿で終える。

さらにスカイツリーが成長したら、第2回あらゆる角度からスカイツリーを見る会を決行したい。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あらゆる角度からスカイツリーを見てみたい─間近で見たよ編
2010/04/10(Sat)
東京スカイツリーの建築現場@業平橋。
多くの人出で、警備の人もいっぱいながらも、なんだかのどかな空気が流れていた。
地元の人たちが、交通安全のキャンペーンをしていて、自転車の人に「何か」を配っている。
なんだろうと思い、ふと見るとハガキだ。あらゆる角度から見たい私だもの。ほしいに決まってるじゃない?。
ということで、自転車に乗っていないけれど、もらってみた。おー!3Dハガキだ。なんだかラッキーです。

20100410_104235.jpg
ただ今の高さ「338m」。日々建設中なので、厳密にはもう少し高いようだ。

20100410_104109.jpg
20100410_104136.jpg
足元からテッペンまで撮りたかったが、現場からはもう写しきるのは無理のようだ。
というわけで、2回に分けて撮ってみた、なんちゃってパノラマ写真。

20100410_104316.jpg
業平橋駅のホームより。一般の人が、現在のところ、最も近くで見れるのはここじゃないだろうか。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あらゆる角度からスカイツリーを見てみたい─墨田公園編
2010/04/10(Sat)
墨田公園よりスカイツリーをあらゆる角度から臨む。

20100410_104010.jpg
アサヒビールの金色のビルに映るスカイツリー

空を見上げると飛行船!これは飛行船とスカイツリーの写真を撮らねば!と激写してみた。
20100410_104554.jpg

20100410_104737.jpg
飛行機には、コナンの映画の宣伝があった。これも旬な感じでよいではないか!!
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あらゆる角度からスカイツリーを見てみたい─水上バスより臨む
2010/04/10(Sat)
スカイツリーについてはこれまであまり注目していなかったが、さすがに「東京タワーの高さを超えました!」ニュースを見て、建設中に見ておきたい気持ちが募る。
そんな気持ちでネットを検索すると、私の気持ちに応えてくるサイトがザクザク検索される。

東京スカイツリー建設プロジェクト
これは施工担当の大林組さんのサイト。ゼネコンさんの一般向けページで無駄がない。グッドですよ。

TOKYO SKY TREE
スカイツリーの公式サイト。盛りだくさんのコンテンツで全て見ていないが、時々はチェックしたいかな?

東京スカイツリーうんちく50
ほぼ日刊イトイ新聞の一コーナー。
なかでも、ここから見えるよMAP。このマップを見て、「私もあらゆる角度から見たい!」という思いにいたる。
ほぼ日刊イトイ新聞って、すごいサイトだ、と改めて思う。


というわけで“あらゆる角度から見る”には、水上バスで隅田川を北上するのがいいのでは?とひらめいたワタシ。
浅草は観光客で大賑わいであろうと、浜松町で腹ごしらえ。
この間、食べログ担当者がTVで「そこそこ口コミ件数があって、点数が3.5以上あれば、おすすめの店と思って間違いありませんよ」と言っていた。ということで、食べログで味の評価が3.7の「洋食やシェノブ」へ。

20100410_103725.jpg
今日のランチは、ビフテキ丼でした。900円也。

日の出桟橋から水上バスに乗り込むと「あの長命寺桜餅はいかがですか?数量限定でご用意していますっ」と船内アナウンスがあった。数量限定や期間限定に弱いので、さっそく食後のおやつとして、桜餅を食す。
20100303+017_convert_20100411110318.jpg
ちなみに数量限定とのことだったが、最後まで売られていた(笑)。


水上バスからだと、あらゆる角度からスカイツリーが見れるのでは?と目論んでいたけれど、水上バスは2階建てで、天井が低いこともあって、思ったよりあらゆる角度から見えなかった。
20100410_103849.jpg
吾妻橋越したもとのアサヒビールビル屋上の金色オブジェとスカイツリー

20100410_103911.jpg
水上バスとスカイツリー
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お花見の本家本元?@新宿御苑・北の丸公園・千鳥が淵・靖国神社
2010/04/03(Sat)
今年は、桜の満開がちょうど土日。それも今週。
いつも人出の多さに閉口&花粉症ということもあり、近所の花見でお茶を濁していたが、意を決して(?)都心の桜の名所に繰り出す。

まずは新宿御苑でお花見。その前に、新宿御苑近くのHamburgWillで昼食。
20100403_103459.jpg
ここのハンバーグは豚肉100%というありそうでなかったハンバーグを提供。
ふわふわっとした食感がおいしいけれど、いわゆる肉のコクみたいなのは牛にはかなわない気が。

桜は満開だけれど、冬のような気温でけっこう寒い。特に、新宿御苑は広い庭園なのでやや吹きさらし感もなくはない。
プラタナスの並木もあるので、秋の良いお天気の時にまた来てみようと思う。


時間もまだまだあるので、いよいよお花見の聖地、北の丸公園・千鳥が淵・靖国神社へ。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
またもや懸賞当選─五島うどん編
2010/04/02(Fri)
桜は満開だし、花金(死語)だし、まっすぐ家に帰るのもなぁという気持ちのまま、まっすぐ帰宅。
ポストをチェックすると、クロネコさんの不在票を発見。
2月のエビスさんに続いて、またもや懸賞に当選した模様だ。
今回は、昨夏の九州旅行で訪れた長崎の宿でもらったハガキを送ったら、長崎特産品が当たった次第。

箱を開けると、五島うどん!
20100402.jpg

数日前に職場で、五島うどんがいかに美味しいか、とひとしきり語っただけに、あまりのタイミングのよさにちょっと感動。
あの、食べた人は100%納得する美味なる五島うどんが手元に5袋。
独り占めするか。はたまた、おすそわけするか、しばし思案中。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。