| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
立川か墨田川か@立川花火大会
2010/07/31(Sat)
この夏は早々に旅行に行ったので、なんとなく夏のイベントが終わった感がないでもない。
これからなのにね。夏。

ということで、本日。隅田川の花火大会であると共に、立川の花火大会でもある。
花火の打ち上げ数より、帰りの交通混雑がましな方ということで、立川の花火大会に行ってみることにした。

花火大会というと、うんざりする場所取り、、というネガティブなイメージもあるけれど、ここは芝生の上で見ることができるので、なんとなく健全な気もした。
当日朝からしか場所取りができないとはいえ、夕方到着した頃にはかなりブルーシートが敷き詰められていたけれど。

実はブルーシートがあまり好きではない。
丈夫で安いので、レジャーには欠かせないんだろうけれど、なんだか災害現場のイメージがするのでできれば避けたい。
まぁ避けたいとは言っても、もし友人に花見やBBQに誘われたとして、ブルーシートの上に「どうぞ」と言われたら、「私、ブルーシートの上に座りたくないんです」とは言わないけれど。


で、19時20分。花火打ち上げ。
やっぱり花火はいいですなぁ。テレビ東京の隅田川花火大会中継でお茶を濁してきたが、やっぱり花火は間近で見るべき!って気がする。
ただ、なんとなく迫力に欠ける気がする。
一番近い場所ながら、どうも打ち上げ地点はやや遠いのでは。

201000731_2.jpg
木々の向こう側は自衛隊立川駐屯地。
そういえば、昭和記念公園の入り口で自衛隊の勧誘うちわも配られていたな。
「ほふく前進はごくごくたまに。通常は二足歩行です。じえいたい」って、やけに軟派なコピーが書かれていたが。


それにしても、やっぱりいいなー。花火。
スポンサーサイト
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブリューゲルの版画の世界@bunkamura
2010/07/28(Wed)
VIRONでおなかも心も満たされたのち、bunkamura「ブリューゲル 版画の世界」展へ。
Brueghel.jpg


ピーテル・ブリューゲルの作品は、寓意とユーモアと、素朴なあたたかさが感じられるので好きですが、版画?版画はほとんど観たことない気がする。

エッチングの鋭い線画は油絵とはまた違った魅力で、さらに寓意的な印象を強く受ける。そしてへんてこ。
画面のどこもへんてこたちでいっぱいで、たっぷり2時間堪能。

その後、1Fのギャラリーで開催中のクラフト作家さんたちのイベントも軽い気持ちでのぞいてみる。
で、非常にステキな箱入りのアロマグッズを発見。
箱、アロマ、そして限定品。これらが三位一体で訴えかけてきたら、、。購入ですな(笑)。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
渋谷で朝食を@VIRON
2010/07/28(Wed)
本日、休日。
当初は、オルセー展に行こうと思っていたものの、入場者数50万人(!)超えたし、夏休みだし、これは殺人的な混雑に違いないと、bunkamuraで開催中の「ブリューゲル版画の世界」を観にいくことに変更。

で、鑑賞前にVIRONで朝食を食べよう!と思い、いつもの出勤時間よりも早い時間に出かける。
気分は、夏の小旅行です。

はりきって出かけたら、開店10分前に到着し、2番乗り。
中国系旅行者、私、欧州系旅行者の順番で入店し、私まで旅行者気分。

おいしいパンとおかわり自由なコーヒーをいただきながら、「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」を楽しく読む。
20100728_02.jpg
このカゴからは好きなパンを2つ選べます。

朝食を食べに行くって面倒なので普段しないけれど、たまにすると旅行者気分で新鮮かも。


PS(関西のおともだちへ)
ホテルの朝食もいいけれど、東京に旅行の際は、渋谷のVIRONにわざわざ来る価値ありです!
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【読書会】うさぎの店で『ウォーターシップ・ダウンのウサギたち』を@ginto(銀座)
2010/07/25(Sun)
本日読書会。課題図書は、児童文学の名作『ウォーターシップ・ダウンのウサギたち』(上下巻)
やさしい色合の表紙がステキです。そして、児童文学。これは楽々読めるだろう、と思っていました。

ウォーターシップ・ダウンのウサギたち〈上〉 (ファンタジー・クラシックス)ウォーターシップ・ダウンのウサギたち〈上〉 (ファンタジー・クラシックス)
(2006/09)
リチャード アダムズ

商品詳細を見る

ウォーターシップ・ダウンのウサギたち〈下〉 (ファンタジー・クラシックス)ウォーターシップ・ダウンのウサギたち〈下〉 (ファンタジー・クラシックス)
(2006/09)
リチャード アダムズ

商品詳細を見る

楽々と読めると思っていた自分に反省。児童文学の枠に収めてしまってもいいのでしょうか?これ。きっと、本が大好きな小学生(高学年)以上向き。
ということで、読書の9割がエンタテイメント系な私にとっては、読み始めはなかなか時間がかかってしまった。
とはいえ、読み進めると、ウサギたちを応援したくなるようなストーリーで、いろいろ興味を誘う表現もあり、読書好きな小中学生だと夏の読書感想文なんかにもおすすめじゃないかしら。


余裕を持って読書会に臨もう(大げさか)といつも思ってるけれど、そんなこんなで昨日読み終えたばかりで、あまり消化できないまま、昨日はさらに紹介本も急いで読んだので、少々疲れています。
ということで、明日は土用の丑ということもあり、昼食は前から気になっていた近所の鰻屋でうな重を食べる。
20100725_01.jpg
食べログではまぁまぁ評価のよいお店だけど、鰻はやっぱり関西風が好きなので、普通においしい程度だったかな。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モスクワでスペイン?@ハモニカ横丁
2010/07/10(Sat)
本日休日出勤。
たいていはちょっとした飲み会があるものの、本日はなんとなく解散になった。
パブロフの犬ではないけれど、休日出勤=飲み会なので、やや不完全燃焼気味。
不完全燃焼な気持ちのまま、JRのホームに降り立つ。
同じ方向の人と、このまま帰るのも、ねぇ、という気持ちが同じだったことがわかり、
前回できなかったハモニカ横丁ではしごをしよう!ということになる。

土曜の7時過ぎというのは、よさげなお店は全て満員御礼状態。
で、前から気になっていた、カフェモスクワという名のスペインバルへ。
立ち飲みではしごをしよう!と思っていたのに、やっぱり座って飲みたい。
ということで、席が空いたらテーブル席に案内してほしいとリクエストしつつ、立ち飲み。
意外と風があって心地よく、きびきびと働く店員さんを見ているとこのまま、立ち飲みもいいかもと思った頃に、3階の席が空いたということで案内される。

3階はテラスになっていて、これまたいい感じ。
ただ、なぜか3階担当の店員だけ、このお店と雰囲気の合わないぼんやりとしたぱっとしない男の子で、
そのことだけが残念だったが、変にかまわれるよりはぼんやりしてくれるほうがいい気もした。

はしごをしようと来たものの、「ここいいお店だし、移動するのも面倒だね」とまたもや意見が一致し、
だらだらと過ごした土曜日の夜だった。

でも、なぜスペインバルなのに、モスクワなのだろう?それだけが謎。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。