| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
VIRONで昼食を→ミッドタウンで紫舟展
2010/09/23(Thu)
おいしいパンが食べたかったので、友達とVIRONで昼食。
昨日の蒸し鍋のせいか、100%の食欲ではなかったので、二人で「1皿のランチ」と「2皿のランチ」を注文し、メインはそれぞれ、オードブルは二人で分けることにした。
営業開始から30分しか経っていないのに、一番食べてみたかったホタテのメイン料理は売り切れ。
ということで、ちょっとはヘルシーかな?と思って、タラを注文してみた。
0100923_1.jpg
クリーミーかつボリューミーです。
 そういえばこの頃、ボリューミーってコトバをよく耳にするけれど、英語じゃないよねぇ。
 とはいえ、ボリューム満点という言い方もなんだか、なつかしさ満点だな。
で、このクリーミーなソースが、パンにもとても合う。
最初、パンと一緒にエシレバターも注文しようと思っていたけど、頼まなくてよかった。


で、トシヨロイヅカで買い物をしたいとのことで、あいにくの天気ということもあって、ミッドタウン店へ行ってみることにした。
友達はスイーツを買いたいとのことだったので、ミッドタウンはスイーツのお店が充実しているので、雨の日にはうってつけのスポットだ。

トシヨロイヅカで買い物のあとも、ミッドタウンのお菓子屋を全部見て回ったけれど、アンリルルーはヨックモックが販売していると知る。ちょっとした驚き。
このことは、友達も同じ感想を持ったようで、二人してしみじみとしてしまう。
そして、その後はわれわれの中では、ヨックモックのお店と呼ばれてしまった、アンリルルー。

で、偶然、紫舟さんの作品展・「龍馬のことば」展が開催中だったので、のぞいてみることにした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
竹林を見ながらイタリアン@プリミバチ
2010/09/19(Sun)
本日、吉祥寺のイタリアン「プリミ・バチ」へ。
誕生日直後の休日だし、友人との吉祥寺ご飯に乗じて、「誕生日なのでハッピーバースデーと書いてください」とかなんとか言って、自分自身で予約してみた。
結果としては今年の誕生日は3回ローソクを吹き消すことになったんだけど、ご飯の予約時には、まさかローソクを吹き消す機会があるとは思っていなかったから、、。吹き消したかったんです、ローソク。

で、お店。
井の頭公園の近くという認識しかなかったが、なんのことはない、公園に一番近い「鳥良」の3階だった。
公園に近い=緑が多いというイメージは間違いがないんだけれど、、。
敷地に竹が植わっていて、テラスから見える景色にとても違和感を覚える。
1階は焼き鳥屋だし、2階は和食屋だし、風情があることこの上ないと思うが、、。

竹林ということもあってか、公園の横に位置するのに、公園そのものがぜんぜん見えない!
昼間はもしかしたら見えるのかもしれないけれど。

あ、でもお料理はおいしかった。
20100919_1.jpg
カニのタリオリーニ トマトクリームソース

20100919_2.jpg
ローソクを写すのを忘れてた、デザート(アニバーサリー仕様)

また来たいな、と思うが、今度は店内の席のほうが雰囲気がいいかもしれない。竹林が見えなくて!
けして竹林が嫌いではないけれど。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
草間彌生展より浜口陽三展が気に入った@吉祥寺美術館
2010/09/19(Sun)
本日吉祥寺で晩ご飯。
で、昨日新聞を見てたら、草間彌生展が吉祥寺美術館で18日から開催、とのこと。それも入場料100円。
なんかいろいろな点で、不思議な感じはしたけれど、ついでに行ってみることにした。

ついでに、と言っては大変申し訳ないが、国立博物館とかだと、混雑具合が気になるし、たくさん陳列される分、最後のほうはへとへとになるし、ちょっとは気合が必要じゃないですか。
そういう意味で、ついでに、ちょっと美術館へ、と思えるのは、吉祥寺の魅力がまた増したって感じ。

草間彌生というと、インスタレーションの人っていうイメージがあったのだけど、
今回の企画展は、版画とコラージュにスポットをあてたものらしい。
そういう意外な感じもまた新鮮で、気軽にほいほいと行ってみたんだけれど。

あの連続するモチーフが、これでもか、これでもか、と迫ってくるような版画はちょっと気持ちがざわざわとする。それも、色違いで並べられているし。
kabochaRYSQ1998.jpg  kabochaRSQ1998.jpg

kabochaGSQ1998.jpg kabochaBSQ1998.jpg



若干逃げるように駆け足で見た後、常設の浜口陽三記念室での企画展示「注がれた眼差し」を見る。
浜口陽三は名前は知っていたものの、作品は見たことがなかったけれど、今回、偶然見ることができてよかったな、と思えた。
銅版画なのに、暗さがなくて、とても素敵な版画だった。
sakuranbo.jpg
カラーメゾチメントという技法、だそうです。

気持ちをざわめかされたとはいえ、やっぱり草間彌生は目を離せない感じ。
絵葉書などが売られていたので、ひとつひとつ手にとって見ていたら、
水玉マント&サングラス姿の「♪マンハッタン自殺未遂常習犯の歌♪」というはがきがあった。
ご丁寧にも、裏面には「♪マンハッタン自殺未遂常習犯の歌♪」楽譜も付いていた。
草間彌生と同郷の職場の人へのお土産とすることにした。
たぶん「いらない」と言われそうなので、自分のものになりそうだけど、誰にも出すことができないはがきの気がしないでもないけれど。

草間彌生1929年生まれの81歳。100歳超えても元気でいてほしい人の気がした。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10時のおやつ@職場
2010/09/15(Wed)
本日マイバースディ。恐ろしくて数えちゃいられない。
午後から外出だから、今年はケーキのプレゼントはないだろうな、、と
午前の仕事も一段落ついたころに、、
20100915c.jpg
「今日は午後外出だから朝にしましたよ!」ですって!
ありがとうございます。
ろうそくを吹き消させていただき、ケーキを食べてから、眠い講演会に出かけた誕生日の朝でした。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
思いがけずローソクを吹き消した夜@スピローズ(六本木)
2010/09/09(Thu)
本日、重陽の節句。重陽の節句といえば、菊?だよね、たしか。
とはいえまだまだ残暑な感じだけど。

5月に結婚したお友達の近況報告会で、六本木のギリシャ料理店「スピローズ」へ。

20100909.jpg
ほうれん草を包んだ春巻き(?)とサラダ

お友達に、結婚式の写真データをデジタルフォトフレームに入れて、プレゼントしたので、
フォトフレームをディスプレイ代わりに、結婚式の写真や、夏の旅行の写真など見ながらご飯を食べたり、ワインを飲んだり。


周りの席も、わいわいと楽しんでいるグループが多くて、楽しい雰囲気のお店です。
で、店の照明が暗くなったので、どこかのグループがお誕生日会でもやってるのかな?って、思ったら、、。

cake.jpg
私でした(笑)。
誕生日1週間前なので、まったく想像してませんでした。
あまりにも驚いてしまって(&うるっときて)、一度でろうそくを吹き消せなかったけれど。

素敵なサプライズはやっぱりいいものだなと思った、楽しい夜でした。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(2) | TB(0) | ▲ top
江戸絵画への視線@山種美術館
2010/09/05(Sun)
暑い暑い暑い。9月に入ったというのに、なんなんだ、今夏の暑さは!
こういう暑い日は、クーラーの効いた部屋での?んびり過ごすのが一番のはず。
にも関わらず、山種美術館の展覧会「江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛《官女観菊図》重要文化財指定記念―」が本日最終日ということで、出向く。

江戸初期から、明治はじめ頃までの、作品が出品されていたが、
今回は鈴木其一《四季花鳥図》と柴田是真《墨林筆哥》が気に入りました。

柴田是真《墨林筆哥》
zeshin.jpg

この《墨林筆哥》は漆絵。漆絵って初めて見た気がする。
カエルの親分みたいな絵が、漆で描かれていて、ツヤツヤして、ユーモラスなカエルの生き生きっぷりといったら!

絵はがきがあれば買いたかったが、残念ながらなかった。
が、てぬぐいはあった!そりゃあそうだな。すごくかわいいもの。

暑いさなかの美術鑑賞であったが、この絵を知ることができただけでも、出かけた甲斐があった日曜日の午後だった。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暑い日はカレー@まめ蔵(吉祥寺)
2010/09/05(Sun)
本日、吉祥寺で昼ごはん。
暑い時って、ちょっとカレーが食べたくなるので、まめ蔵へ。
この間、お昼時に立ち寄った時は待ち時間がかかりそうだったので、まめ蔵でカレー食べたい!という気持ちも募っていたし。

吉祥寺では老舗のカレー屋さんということらしいが、数年前に改装したとかで、素朴であたたかいテラコッタ人形や、ほわんほわんとした絵が飾られていて、すごくよいではないか。
今度吉祥寺に来た時は、ちょっと遅めのランチとか食べにきてもいいな。

カレーもやさしいスパイシーさで、美味。
意外と小さな子ども連れのファミリーが来ていたが、特にお子様メニューはない。
この頃の子どもは、スパイシーなカレーもOKなのかしら?
子どもの頃食べてたバーモンドカレー(甘口)よりは相当辛いと思うが。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。