| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
男のロマン、ここにあり?「空と宇宙展」@国立科学博物館
2010/10/29(Fri)
この夏、小惑星探査機はやぶさの帰還に、胸を熱くした人も多かろう。
私もその一人、、と言いたいところだが、そうでもない。
宇宙でいっとき行方不明になりながらも7年の任務を終え、無事戻ってきたことは純粋に、すごい!とは思ったけれど、自分の人生に重ねあわせることや、だから私もがんばろうとは思わなかった。

と言いつつも、国立科学博物館で10月26日から開催の「空と宇宙展」で、「はやぶさ」のカプセル等が12日間限定展示ということで、有休を取ってまで見に行ってしまった。ミーハー魂炸裂の秋です。

社会科見学中のてんこ盛りの小学生の来館は想定したのだが、意外と40代位の男性の来館者も多い。自由業?視察?それとも営業中のサボリ?

ちなみに、空と宇宙展の公式サイトにあった、開催概要(一部)はこれだ。
 日本初飛行のアンリ・ファルマン複葉機/ハンス・グラーデ単葉機から小惑星探査機「はやぶさ」まで!
 100年にわたり日本の空を翔けた航空機が上野に集結
 科博秘蔵の手彩色写真や航空機の設計図など初公開の歴史的資料も多数!

毎月「こどもの科学」をわくわくと心待ちにしていただろう男子にはたまんないんだろうな。


「はやぶさ」の帰還カプセルの展示コーナーは、警備員の数も別格で、展示ケースが鎖でつながれていたり、
「撮影禁止。写真を撮影した場合、機材の没収またはデータの消去をいたします」という断固たる警告文を掲示したりと、なんだかものものしい。
で、その肝心の帰還カプセル。宇宙まで行ったものを実際に目にすることができたのはすごいことは思うのだけれど、、やっぱりあんまりピンとこない。私のロマン不足?

この展覧会の性格上仕方がないけれど、本物と模型の展示が混在していて、そのあたりがミーハー宇宙好き程度の私に響かないんだろう。

20101029_1.jpg
はやぶさの模型

はやぶさの模型も私はなんとなく見たけれど、男性諸君は熱い視線を送っていた。
スポンサーサイト
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
牛一頭分くらい出てきますよ!?@ハッチとノラ
2010/10/23(Sat)
「ご飯に行きましょう」と誘われて、選択肢が「アヒルストア」or「ハッチとノラ」。
どちらも魅力的だけど、近所の焼肉屋がつぶれてしまい最近めっきり牛肉を食べていないのと、
名前が気になるので、ハッチとノラを希望したところ、「牛一頭分くらい出てきますよ」と。
牛一頭か。二人で食べるから、一人半頭。すごいな。ミノタウロスみたいなもんか。(違うけど)

ということで、本日、井の頭線池の上駅近くの、ハッチとノラへ。
地図を見たら、下北沢も近いので、前回下北沢に行った時に気になった、カレーパンの有名なパン屋アンジェリカへ立ち寄る。
焼きたてパン屋だから夕方にはないかも、と思いつつ、どしどし焼いているようで、カレーパンは潤沢に用意されていた。

で、ハッチとノラ。
友達と駅で待ち合わせ、道すがら、お店のちょっとしたルールを聞きつつ足を踏み入れたので、不安はないが、そういうことを聞いていなかったら、私はちょっといたたまれなくなるというか、おどおどしてしまいそうな、常連率が明らかに高そうな、焼き鳥屋のようなたたずまいのカウンターのみの小さなお店。

マスターも超個性的とのことで、かなり構えていたけれど、常連の友達と一緒だったので、ワタクシも連れのオジョウサンということでいっぱいサービスしていただけた。
というか、基本的に心を開けば、受け入れてくれそうな感じだった気もしたけれど。

おいしい牛肉といえば、霜降り?という固定観念があったけれど、ここは赤身のお肉が中心。
そしてお肉と同じくらいすごいのがお塩。棚にはたくさんの塩があり、塩を混ぜることで味が変わることを教えてくれる。
超個性的=写真撮ったら怒られるかも?という気持ちがあったので、ほとんど写真を撮らなかったが、
噂の「しらすサワークリームステーキ」だけは撮らずにはいらず、友達に確認の上、撮ってみた。

20101023_1.jpg 20101023_2.jpg
○しらすサワーステーキ              ○しらすサワーステーキにさらにサワークリームを添えて
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日も腹十二分目晩ごはん@TRATTORIA DELLA Lanterna Magica
2010/10/16(Sat)
ご飯どこ行こかな?という時の救世主、食べログ。
以前にも書いたと思うけれど、「そこそこの書き込み件数があって、料理の評価が3.5以上なら、ほぼおいしいお店と思って間違ってありません」らしい。食べログ。
で、目黒でなんかよいお店はないかなぁってチェックしてたら、
口コミ件数171件で、料理・味 4.00、サービス 3.85、雰囲気 3.79、CP 4.05、酒・ドリンク 3.83、
そして目黒駅から徒歩5分っていう、まさに探してたお店だ!っていうのが、すぐに見つかった。
TRATTORIA DELLA Lanterna Magica。読む気がしないし、もはや書けないので、以下マジカさんとす。

食べログといえば、いろいろな場所で、いろいろ探していて、「あ、この店、いいな」と思うと、
ほぼ必ず名前を見かけるのが、でかぷり夫さん。
おいしいものを食べることが純粋に好きな感じで、写真もわかりやすいので、でかぷり夫さんが書き込んでいると、それだけでお店に対する期待も高まるのは私だけでないはずだろう。
マジカさんにもやはり高評価をつけられていた。楽しみ。

いきなりの、でかぷり夫さん脱線となったが、目黒雅叙園後のご飯へマジカさんへ。

目黒駅から徒歩5分ほどの住宅街に位置する一軒家のマジカさんには、開店と同時に予約客が続々と詰め掛けている。こういうのって期待が高まります。

お店の人もみんな温かな感じで、ボリュームたっぷりでどれも美味しかったんだけど、特にこれ!
20101016_9.jpg
フレッシュポルチーニのグリル

笠の部分がなんともいえないフワフワとした食感で、何これー!って感じ。
まぁフレッシュポルチーニなんだけど(笑)。

あと手作りグリッシーニもはずせないおいしさだ。

二人だと種類があまり食べられなかったので、大勢で来たほうが楽しめそうな目黒の名店でした。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿波踊りと徳島食材を堪能@阿波おどり
2010/10/15(Fri)
夏に高円寺の阿波踊り鑑賞に行った、職場のメンバーで、銀座にある阿波踊りと徳島料理が楽しめるという、その名も阿波おどりへ。

毎日の阿波踊りショータイムは、高円寺の連が日替わりで出演ということもあって、ものすごく期待していた。
とはいえ、以前「なまはげ」に行ったときに、ショーもご飯も不完全燃焼気味だったので、なまはげと系列店なので、一抹の不安もあったけれど。杞憂でした。
阿波踊り、最高です!ご飯も美味しく&リーズナブル!それなのに銀座!!といってもコリドー街だけど。
RIMG1256_convert_20101026225503.jpg
本日の担当、いろは連のみなさん


踊る阿呆に、見る阿呆。同じ阿呆なら、月イチくらいで踊る阿呆になってみてもいいんではないか、と思う。
再訪必至店。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
右に東京タワー、左にスカイツリーを見ながら@タワーズグリル
2010/10/14(Thu)
有休を取って、ランチ&映画。
ランチは、前から友達がオススメしていたリッツカールトンへ。
最近リニューアルしたらしく、友達がオススメしていたプランではなかったけれど、リニューアル記念とかで44%off!
さらに、スパークリングワイン(1杯)+サラダとデザートを好きなだけどうぞ!とのこと。
20101014_.jpg
○まだ手付かずの、デザートコーナーのケーキたち

景色のいい席をリクエストしておいたら、東京タワーと建設中のスカイツリーが両方望める席に案内してもらえた。
そういえば、二つのタワーを見ることができるから、お店の名前も「タワーズグリル」っていうらしい。
20101014_6.jpg  20101014_5.jpg
左手にスカイツリー(現在、488m)        右前方に東京タワー(333m)


前菜とデザートはお好きなだけどうぞ、とは予約時から知っていたけれど、期待していたデザート以上に、前菜&サラダがすばらしい。このサラダだけで、ランチがあってもいいのに!
20101014_1.jpg
○グリル野菜がとっても美味


みんなが働いている時に、ホテルでランチってそれだけで優雅デス。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スカイツリー、ライトアップ試験?(微妙、、)
2010/10/13(Wed)
2012年完成のスカイツリー。
職場の窓から見えるので毎日なんとなく目にしているせいか、親戚の子供じゃないけれど、「いつの間やら、大きくなったねぇ」と勝手に感慨ひとしおである。

で、そのスカイツリーが本日一夜限りのライトアップ試験をするとのことで、点灯時間である18時半を心待ちにしていた。

20101013_day.jpg   20101013_night.jpg
○昼のスカイツリー                ☆ライトアップされている状態?

うーん。試点灯ということもあって、距離があるところからの眺めは、まだまだ微妙かな?
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手作りシーチキンで家飲み会
2010/10/11(Mon)
本日久々に家でワイン飲み会。
ということで、手作りシーチキンを作ってみた。

レシピ本によると、「刺身用まぐろ1さく」と書いてあったのでが、スーパーにあったのは2さく入り。
ということで、ちょっとだけお刺身として食べてみたものの、刺身としては微妙な感じだったけれど、軽く火を通し、冷蔵庫で一晩寝かせると、、
20101011.jpg
缶詰のシーチキンとは似ても似つかぬ、とてもジューシーかつハーブの香りたっぷりに仕上がった。

◆準備するもの
まぐろ、オリーブオイル、にんにく、ローリエ、その他ハーブ(私はギャバンのイタリアンハーブを使用)

◆作り方
1.鍋(ルクルーゼ)にオリーブオイルとつぶしたにんにくとハーブ、そしてまぐろを入れる。
2.火にかけて、まぐろが白っぽくなったら、蓋をしてそのまま冷ます。
3.冷蔵庫で寝かして、食べる。

魚料理を家で作るのは面倒だけど、これは非常に簡単でおいしいので、また作ってみたい。
この記事のURL | レシピ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジョン・ケージの音を通してみる1960年代前衛芸術@吉祥寺美術館
2010/10/09(Sat)
雨の日のお出かけは好きじゃないけど、ふりしきる雨の中、吉祥寺まで音楽鑑賞へ。

【音楽会】ジョン・ケージの音を通してみる1960年代前衛芸術 
     演奏:須藤栄子(ピアノ・トイピアノ)、松平敬(声)

実は、このイベント、「音楽会」ということ以外、何もかも理解してなかった。
ジョン・ケージ?1960年代前衛芸術?トイ・ピアノ?声(声楽ってことか?)???
頭の中は、まさに「?」だらけだけど、なんとなくおもしろそうだ、ということと、事前予約するだけ(無料ってこと!)なので、先日、草間彌生展に足を運んだ際、予約しておいたのだ。

実のところ、やっぱり雨なので、若干モチベーションは下がり、出かけるのにもたもたしてしまい、開演時間を5分過ぎてから到着し、1曲目が終わってから会場に入る。
正直、1曲くらい、まっ、いいか、という気持ちがありましたの。
会場に入るなり、ガーン!
1曲目は、ジムノペティだったのか!あー、聴きたかったなぁという思いからモチベーションが持ち直すも、なんだろ、、吉祥寺美術館音楽室というのは、名前こそ立派だが、ちょっと雰囲気が学校の視聴覚教室と音楽室を足して、2.5くらいで割った感じ?

プログラム
エリック・サティ:ジムノペティ
ジョン・ケージ:トイピアノのための組曲
ジョン・ケージ:7つの俳諧
ジョン・ケージ:ウォーター・ミュージック
ジョン・ケージ:「増幅されたトイピアノのための音楽」&「ソングブックスより」同時演奏
一柳慧:ピアノメディア
田口雅英:ToyMelody(新曲初演)
森田泰之進:粒/流
秋元美由紀:透明標本
山根明季子:水玉コレクションNo7
+アンコール曲(?)
この記事のURL | 音楽・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花金はおでん@こなから本店
2010/10/08(Fri)
本日、所用で東京医科歯科大学へ。直帰してもいい時間だったので、帰りにどこに行こう?と食べログをチェックし、おでんの有名店「こなから」の本店がすぐ近くにあったので、予約しておいた。季節的にも、おでんって気分だし。

ところで、東京医科歯科大学は以前から要塞みたいな建物だ、と思っていたが、敷地に後から後から建て増ししたらしく、お医者さんの腕とは別のところで、なんか風水的によくないんじゃないの?って思うけど。

所用を済ませ、時間前ながらお店を訪ねてみると、同じく予約客らしいおじさん三人組が待っている。
あたりを散策し時間つぶしをしていると、お茶の水小川軒があった。いろいろと名店が多いんですね、この界隈。
で、予約時間を少し過ぎたところで、風情のあるたたずまいの一軒家であるお店に入ると、おでん鍋を取り囲むかのようにしつらえられたコ型カウンター(掘りごたつ式)は、まさに頭に思い描いていたおでんやだ!
入るなり、おじさんの理想郷じゃないの!って確信した。
実はカウンター席というのは得意じゃないけれど、こなからさんは明らかに常連度は高いうえに、老舗度も高いのに、とてもやさしい雰囲気。
こじんまりとしたコ型カウンターは座らせすぎじゃないの?って思うほどの、ぎゅうぎゅう詰めなんだけれど、どのお客さんも笑顔で楽しそうで、袖触れ合うも他生の縁っていうコトバが思い浮かんでしまう。
まぁ思うに、きっちり2時間制であることと、客単価も高め(6000?7000円/食べログ調べ)なので、無粋な酔客や、変なおとーさんはやってこないんだろうけどね。

20101008_1.jpg
○付き出し3品。関東人のソウルフード(?)ちくわ麩もちょっとついていて、意外とおいしく驚き!

おだしの味がすっきり薄味であることもよい点ながら、「これサービスね」とおでんをおまけしてくれるのもうれしい。
おまけってそれだけで非常にうれしいけれど、まず自分で頼まないものが思いがけず食べられたりして、それがまた意外とおいしかったりして、いろいろな意味でおまけですね。
20101008_2.jpg

今回は初めてということで、かなり定番のタネを食べたけれど、次回は創作タネもどしどし食べたいと思った、まさにおでんの名店でした。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。