| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
東大女子はクマの描き方がヘン?@五月祭
2011/05/28(Sat)
この夏の電力需給状況はどうなるんだろうね。
東京都内の電力使用量ナンバー1の東京大学。ディズニーランドや羽田空港と比較しても、ダントツの使用量!
教育・研究に必要なのはわかるけど、それこそ日本一の研究力で、なんとかならないんだろうか、、って思っていますが。
そういう視点で、東大のことをちょっとだけ注目してたら、、。
本郷キャンパスの五月祭ではいろいろ研究施設も見学できるらしい、とのことで、五月祭に行ってみました。

数量限定とか地域限定とかはもちろんのこと、日本一とか日本三大○○とかも気になるワタシとしては、
工学系研究科社会基盤学専攻 橋梁研究室の「風のもつ驚きなパワーを日本一の大型風洞で体現する」に注目し、13時の回の見学会に参加した。折りしも、季節はずれの台風がやってきていることだし、多くの人が見学するのかと思いきや、たったの4人。そんなもんなんだ。

300日位は研究室に詰めていそうな貫禄のある研究員(博士課程の学生?)と、
やたら笑顔の教授の、説明によると、橋や送電線の実験は、大体実験しつくされているんだとか。
また、期待していた風速体験も10m/sで、ちょっと強い風程度。もっと強い風で実験しないでも大丈夫なのか、と思ったり、ものすごい強風を体験できるのでは?って勝手に想像していたので、物足りなかったり。

20110528_2.jpg
「健さんII」というネーミングのズックを履き、ヘルメットをかぶることが義務づけられてました。

20110528_1.jpg
風速10m/s。普段の生活でも十分体験しています。

ただ、使用電力量の話や、節電の話(苦労話?)も聞けたのは、非常に興味深かった。
この研究室は、200世帯の電力量を使ってしまうので、夜間か、土日以外は今は使用できないとのことだった。

その後も工学系の実験やら、研究発表、イベントを中心に見学。
マテリアル工学科のイベントでは、金蒸着を体験。金蒸着については、そういう製品を使っていたこともあって、学生さんに質問までしてしまった。なんだかものすごく楽しい。
楽しいと思った直後に、お隣に座っていたご夫婦(どうやら親御さん)のお父さんのほうに、「さあ、お母さんもどうぞ」とか声をかけられてしまう。さすがに、大学生の親の年齢ではないんだけれど、、。楽しい気分から一瞬凹みマシタ。
とはいえ、想像以上に面白い企画が満載で、来年も注目必至。
スポンサーサイト
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そうだ、東寺行こう@東寺2011春期特別公開
2011/05/08(Sun)
朝食後、ぼんやりと新聞を読み終えた後、手持ち無沙汰でチラシを見ていると、
東寺の特別公開の案内を目にした。
ちょっと行ってみたい。ちょっとというよりかなり興味深い。
ということで、夜ご飯の約束まで時間もあることだし、初夏の陽気の中、一路東寺へ。

20110508_1.jpg
五重塔。つつじもキレイでした。

東寺って、「弘法さんの日」に何度か行ったことはあるけれど、よく考えるときちんと拝観したことがあるかどうかアヤシイ。
五重塔は、確実に入った記憶ナシ。
東門から入場し、どこから観るのがいいかわからないけれど、まずは宝物館へ入ってみた。
今回の目玉(という書き方は罰当たりでしょうか?)は、五大明王の絵。もちろん、国宝です。
あまりにも暗くてよく見えない。作品保存の観点とはわかるけれど、くっきり、はっきりと見えると罰当たりなのかもしれません。
特別公開のものだけでなく、常設の御仏たちも力強くてよかったです。

その後、観智院を見学。
20110508_2.jpg
枯山水の庭。

この観智院も特別公開で拝観することができた。
宮本武蔵の襖絵があったり、うぐいす張りの廊下があったり、茶室からの庭の眺めがよかったり、思った以上に素晴らしい。
思った以上というか、知らなかっただけで、この観智院を観るだけでも、東寺に来た価値があった。

駆け足で観て、2時間。今さらながら、お寺は奥深いものだ。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お初天神界隈のお店でごはん(がっかり度高し)
2011/05/05(Thu)
今日は大阪で晩ごはん。
昨日から「大阪駅がアツイ」ようです。JR三越伊勢丹が新しくでき、そのお向かいの大丸も大幅増床し、大幅リニューアル。
節電モードの東京からすれば、ものすごくまぶしいです。そんな大賑わいの大阪駅を抜け、お初天神界隈へ。
大阪のことはいつまでたってもわからないけれど、お初天神界隈は、飲み会の定番エリアであり、そして最近では、ちょっと入った筋におもしろいお店が増えているらしい。
予約の時間までずいぶんあるので、通称「お初天神」と呼ばれる露神社へ行ってみる。
こじんまりとした境内をぷらぷら歩いていると、お初と徳兵衛の絵が描かれた絵馬がたくさん奉納されている。
遠目にしか見ていないので、どのような願いが書かれているかはわからないけれど、どうも縁結びの雰囲気だ。
曽根崎心中の主人公の絵馬って、縁結びになるの?ってものすごく疑問だけれど。
まぁ結果としては結ばれたお二人だし、ある意味最強な気がするものの、、って思うのはうがった見方なのかしら?

で、お初天神でいろいろとお参りを済ませ、小道を抜けて、友達が予約してくれた焼き鳥とパスタのお店へ。

20110505_1.jpg
アボカドのグリル・リコッタチーズ添え
 お店の看板メニューなのか、いくつかの雑誌に取り上げられている模様。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり@関西 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。