| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ナマステ☆インディア2011@代々木公園
2011/09/24(Sat)
代々木公園では、様々なイベントが開催されていておもしろい!と聞いていたが、未体験で、
本日、ようやく行く機会に恵まれた。
日本最大級のインド・フェスティバルだという、ナマステ☆インディア2011。
興味はあったものの、そんなには期待せずにやってきたけれど、ものすごい出展数!

20110924_03.jpg 20110924_04.jpg

東方学院という団体のブースで、木像を展示していたと思ったら、ジャガイモ!
それも、無料で体験できますよ、とのこと。ということでさっそくチャレンジしてみた。
20110924_01.jpg
左が私作、右が友人作。

思ったよりとても簡単で、それでいてかわいく仕上がったので、先生方の作品と一緒に並べてみた。
20110924_02.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月島でもんじゃ@麦
2011/09/23(Fri)
スーザン夫妻(どちらも日本人)から、「月島にもんじゃを食べに行くけどよければご一緒に」と誘われた。
月島でもんじゃ、って、私の中では、レジャー感覚。

おいしいもん大好きでっせご主人の方は、長らく東京で働いていたからか、目当てのお店があるらしく、
すたすたと歩いていく。頼もしい限りだ。本日のお店は「もんじゃ麦」本店。
店内はいわずもがな色紙でいっぱい!どれもほんのりソース色。
やや遠くて確信は持てないが、最近ちょっと気になっているマンガ「深夜食堂」の主人公が書かれた色紙も発見!

レジャー感覚=ふだんの食事ではないので、いつも作り方がアイマイ。
店員さんに教えてもらおうとすると、手際よく作ってくれた。
以前、自分たちで焼いたときとは比べものにならない手際よさ!
20110923.jpg 20110923_2.jpg

あっという間に完成した、スペシャルもんじゃ。
20110923_3.jpg

もんじゃってちまちまと焼くものだと思い込んでいたので、あっという間にできたもんじゃは心なしかおいしい気がした。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
画伯といえば、、
2011/09/23(Fri)
田辺誠一のツイッター上のイラストが話題だとか。
紫の人、やるね。かっこよくて、イラストが脱力系。こりゃあフォロワーも増えるよね。
20110906_tanabe_17.jpg 


あ、そういえば、以前mixiのアプリに記憶スケッチというのがあったことを思い出す。
私も調子に乗って、いくつか書いた、書いた。
埋もれたあれらを掘り起こしてみた。


いったんもめん。けっこう上手くない?
momen.png
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オタマトーンのデビューを見とどけた~My Birthday Party
2011/09/18(Sun)
今年度に入ってから更新が遅くなりがちですが、相変わらず、あちこちに出かけて、ホウボウで暴飲暴食を続けています。

・これからは、アップのタイミングを遅くなり過ぎないように努めます。
・暴飲暴食は、もうほどほどにします。
・東北で頑張っている男子くんに薦められた、樫木先生のDVDも週に5回以上は取り組みます。

先日、またひとつ大人の階段を昇ったので、ちょっと新たな1年の抱負としておきます。

ということで、本日。
当ブログの愛読者にはすっかりおなじみであろう、すばらしい料理を披露し続けるCさんが私の誕生日パーティを企画してくれた。パーティといっても、ごくごく少人数ですが。
とはいえ、友人の中でも、素敵を極めた(?)人ばかりで、和やかに、楽しく、美味しく、思い出深い1日となりました。

ここ何度かお呼ばれしている友人・知人の誕生日会にはコケロミンを連れて行ってるが、「自分の誕生日会で、ハッピーバースデーを演奏するのもなぁ」と思いつつ、一応持参。
持参してよかった。
ウサギさん(仮名)が、今日この日のために、オタマトーンを購入し、乾杯の演奏は任せてほしいとのこと。

20110918 099
ウサギさんの腕の中で、楽しげなオタマトーンとコケロミン。

コケロミンの里親としてあらざる発言かもしれないが、
楽器としても、ビジュアルとしても、コストパフォーマンス的にもオタマトーンのほうが数段上の気がした。

では、珠玉のお料理はこちら。
20110919_01.jpg
ラディッシュのアミューズは、Cさんちで何度かいただいているが、溶かした「カルピスバター」をつけるだけらしい。
カルピスバターか。名前からして、気になるバターだ。今度買ってみよう。
左の生ハムは24ヶ月熟成のハモン・セラーノ。

その他に前菜として、先日マツヤのデパ地下で一緒にお買い物した、チーズ(ベル・エトワール。あと職場の人にいただいたイタリア土産のパルミジャーノ・レジャーノ)やオリーブ2種と桃の実のピクルス、アボカドとスモークサーモンのベリーニ。

続きの写真は、下のページに載せることとして、メインのローストビーフを洋風炊き込みご飯(名前を忘れたので、仮称)の上に乗せてみた。
20110919_07.jpg
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プチ乗鉄子360キロ日帰り旅@新宿→甲府→富士宮→熱海→品川
2011/09/06(Tue)
友人がこの夏の帰省に18切符を使ったらしい。
18切符で帰省しよ!とはさすがに思わなくなったけれど、久々に18切符で旅したいなぁということで、本日、友人の残り2回分となった18切符で、甲府→富士宮→熱海へ行ってみた。

中央線も八王子までは、通勤客でがっつり混んでいたが、八王子からは車内に行楽の空気が流れはじめる。

■甲府(10:24着/12:58発)
山梨県立美術館のミレー館(館とは名ばかりで、3階の1室だったけど)で「種をまく人」を鑑賞。
同室にはバルビゾン派の絵画が展示されていたが、あまりピンと来ず。

次のバスの時間もあるし、、と焦りつつ流し気味に館内を歩いていると、「萩原英雄記念室」という部屋があった。
山梨出身の日本を代表する版画家だとか。三十六富士シリーズから、7作品が飾られていたが、普通にいい。
普通にというと失礼だけれど、変に気負った感じがなく、それでいて富士山が好きな感じが伝わってきて、すっきりとした画面構成にセンスが溢れている。
ポップな抽象画もどれも楽しい印象の作品ばかりで、ミレーよりも私は萩原画伯の作品に出会えたことのほうが、この美術館に来てよかった。(と書きつつ、実は吉祥寺美術館にも記念室があったことが判明。あの時は、浜口画伯に夢中だったから気づかなかったのか)

結局、バスは次の次のバスに乗ることにし、常設展もきちんと鑑賞。
ものすごくかっこいい屏風が展示されていた。
獣王図
穴山勝堂の「獣王図」。ものすごくかっこいい。

お昼は駅近くの小作でほうとうを食べる予定にしていたが、時間が足りないー!と思っていたら、美術館のほど近くに小作の支店を発見!
20110906_2.jpg
一番人気(らしい)かぼちゃほうとうと甲府名物鳥のきも煮。
店員さんに「時間がありませんから早く出してください!」なんてわがままも聞いてもらえました。
でも、ほんとはゆっくり食べたかったな。

富士宮、熱海は以下に続く、、
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。