| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
恵比寿で和食の晩御飯@食彩かどた
2012/04/21(Sat)
「胃腸は丈夫」なこともあり、物心ついたときからの暴飲暴食が祟ったのでしょうか。
それとも、ストレスフルな環境が作用したのでしょうか。
先月末から、胃腸がかんばしくありません。まぁかんばしくないくらいで、人並みの気もしますが。
ということで、ここ最近は、なるべく和食を食べています。といいつつ、カツ丼やカレーも食べているけれど。

で本日、サントリー美術館で目を楽しませていただいた後は、恵比寿に移動し、西口すぐの「食彩かどた」へ。
食べログでなかなか評判がよいので、ここで食事をしたいと思い、
週初めにダメもとで電話したところ、ちょうど予約することができた。ラッキーです。
やさぐれた毎日を送っているとはいえ、ここ最近、ものすごくちょっとしたことは割合ツイている。
手差しで印刷する時に、適当にとった枚数が、印刷したかった枚数とピッタリ!とかの程度で。

4月の献立ということもあって、筍尽くし!
20120421_07.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
満足度200%!@毛利家の至宝(サントリー美術館)
2012/04/21(Sat)
新聞屋にもらったチケットで、サントリー美術館で開催中の「毛利家の至宝 大名文化の精粋」へ。
exhibition_visualm.jpg

国宝である、雪舟の絵巻の特別公開が今ひとつピンとこず、実はさしたる期待もせずに、
軽い気持ちで観に行ったのだけれど。
展示の全体的な構成といい、ほどよい出品数といい、そして、出品されたものがどれも一級品ばかりで、
非常にバランスのとれた、素晴らしい企画展だった。

毛利家の至宝ということで、毛利家伝来の品々はもちろんのこと、毛利家とかかわりのあった、
秀吉や家康、千利休の茶道具なども展示され、なんとなく暗記し、おぼろげに覚えている日本史を目の当たりにするようで、内なる興奮のようなものが沸き起こる。

そしてどれも非常に保存状態がよく、説明にある「毛利博物館」がとても気になる。
気になる気持ちが最高潮に達するあたりに、毛利博物館の紹介もされており、
(たぶん最初に説明があっても読まなかったと思うので)
サントリー美術館の学芸員?あるいは毛利博物館の館長さん?の心遣いがこれまたにくいばかり!

山口県には何度か行ったけれど、次行く時はぜひ「毛利博物館」をメインにしたい!と思ったのは、
私ばかりではなかろう。

今年はミッドタウン5周年なんだとか。
遅まきながら、サントリー美術館から目が離せない。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年度の始まりに花を飾る。
2012/04/02(Mon)
こんばんは。昨年度は、やさぐれたり、やさぐれたり、やさぐれたり、、と
やさぐれに始まり、やさぐれが終わるどころか、やさぐれ街道まっしぐら!
まぁそれはそれとして、今年度は気持ちを切り替えて、いっちょがんばりますか。

数年前の抱負か何かで「花を飾る」と思い立ったものの、
花を飾るどころか、風水の先生に怒られそうな残念な玄関でしたが、
今日からしばらくはゴージャスです!

本日、職場でいただいたお花。やっぱりお花はいいねー。
20120402.jpg

百合もいいし、桜もいいけど、小手鞠やレンギョウ、それに木蓮なんか、しみじみ好きだったり。
やさぐれていても、季節はめぐって、すっかり春です!
がんばろう!わたし。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。