| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヨッちゃんさん(あるいは中洲通信のこと)
2008/12/10(Wed)
職場にはいろいろな紙媒体が届く。その中の一つに『中洲通信』というものがある。
博多の中洲のママさんが編集長をやっている不思議な月刊誌で、まぁ企画・および編集自体は東京の編プロにでも外注しているんだろうけど、ページが薄い割には中身が濃い。というか非常にマニアックで、私ごのみ。
例えば、これまでの特集は、こんな感じ↓
2008. 3 温水洋一の奇妙な世界
2008. 6 その男、田口トモロヲ
2008.10 青春が止まらない!(柳沢慎吾)
2008.12 「コンビ」という生き方(木村政雄)
で、最新号は、「野村義男の現在」。ちなみに、サブタイトルが、ヨッちゃんさんのスローなライフ・スタイルに学べ!である。
小学校時代は、「たのきんトリオ」がリアルタイムでアイドル全盛期だったので、当時女子の間で100万回以上繰り返された、「たのきんの中では誰が好き?」という愚にもつかない質問には、7割くらいの確立で「よっちゃんかなぁ?」と答えていた気がする。ちなみに3割はマッチと答えていた気がする。

最初、「中洲通信」を手にした時、ヨッちゃんさんという表記に激しく違和感を覚えたけど、あぁそうか。近藤真彦がマッチではなく、マッチさんと呼ばれていることと同じか。ギタリスト野村義男に対するリスペクトな姿勢の表れなんですね。
若い時は、たのきんとひとくくりにされていた割には、としちゃんやマッチとは明らかに路線が違って、ようやく歌手デビューさせてもらえたかと思ったら、ザ・グッバイなんていう縁起の悪そうなグループ名で大丈夫かなぁ、とファンでないからこそ、冷静に心配したりもしたけれど、
なんとなく3人の中で一番好きなことをずっとやっていた人みたいで、よかった気がする。
どこからどう見ても、おっさんなんだけど、けっこうピュアな感じでいい感じですよ。ニッチ感もあるし。

「中州通信」は有名じゃないと思うけれど、入手できた折には、ぜひ熟読してほしい。
なんかね、ある意味世界が広がりますよ。

今月号でもうひとつ気になった記事は、「だるま食堂、ブラジルを往く!!」です。
彼女たちの、ボインボインショー、気になる。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<読書会なるものに参加してみんとす?『肉体の悪魔』(レイモン・ラディゲ) | メイン | クリスマスコンサート@オペラシティ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/13-1ebca8ab

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。