| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ホリディ@バルト9
2007/04/10(Tue)
今年2月オープンの新宿バルト9で、前から観たかった「ホリディ」を鑑賞。

キャメロンディアス、ケイトウィンスレット、ジュードロウはともかく、
ジャックブラックという男優の個性的な風貌(というかブサイク顔)に
かなり興味というか、違和感を持ちながらも、予告CMでなんかよさげだったのと、新宿のシネコンというのに期待して行ってみる。

この4人が主役なんだけど、ケイトウィンスレットがお友達になる、おじいさんがとてもよかった。
ひどい失恋で落ち込むケイトに、昔ハリウッドで有名な脚本家だったおじいさんが、
「ハリウッド映画には、主演女優とその親友というのが出る。
君は主演女優なのに、どうして親友役を演じているんだい?」
と自分の人生は自分が主役なんだよ、っていうのが、とてもジーンときた。

今読んでいる本に、フランクルという心理学者の言葉で、
「あなたが人生に失望しても、人生はあなたに失望しない」というのがあった。

ここ数ヶ月へこむことが続いている私としては(残念ながら失恋とかではない。非常に残念だが)
昨日今日とジーンとしっぱなしである。

で、「ホリディ」はラブコメディみたいな感じで宣伝されていたが、
私は思っていた以上に、いい映画だと思った。
そうそうブサイク顔のジャックブラックも、見慣れてくると西田敏行のように愛らしい俳優で、他の出演作もチェックしたいと思った。

ただ、クリスマス休暇の設定なので、できれば12月の寒い時に
温かい飲み物でも飲みながら、ゆっくり家で観てもいいかな?と思った。

そうそう最後に、キャメロンディアスとジュードロウのラブシーンで、
キャメロンディアスが白いブラをつけたままなのはやや違和感があった。
友人は話の設定としてあれでいいんじゃない?という意見だったが、
これから見る人がいたら、白いブラの是非について意見をいただければ幸いである。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<砂肝?男の手料理、続きます? | メイン | 神楽坂ディナー@La Matiere>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/189-a255bf17

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。