| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シーバスに乗って。飲茶@萬珍樓點心舗
2009/03/21(Sat)
連休なので美味しいものを食べましょう!と誘われて、電車を乗り継ぎ、乗り継ぎ、横浜へ。
東京にも海はあるけれど、横浜の海景色ってちょっと別格。横浜の海にあって、東京の海にないもの、それは旅情。ま、これは神戸でも感じるんだけど。
20090321+006.jpg
暖房のきいた暖かな船内でぼんやり夜景を眺めていたら、窓のない外の席に座っていた友人が船内にやって来て一言。「スターフェリーに乗って、飲茶を食べに行くみたいでしょう?」
おぉ!言われるまで全く想像だにしなかったが、まさにスターフェリーだ。船の形も違うし、香港の夜景ほどきらびやかではないけれど。でも、気持ちの高まりは、まさに香港で飲茶を食べに行くような感じ。
香港に行ったのは10年前だったので、スターフェリーに乗って飲茶を食べに行ったかどうかは忘れたけれど。

で、山下公園に到着し、中華街へ。私は特に買い物は予定していなかったが、お菓子を買う人と蒸篭を買う人がいたので、それぞれお店に立ち寄る。
まず、重慶飯店へ。「中華街に来るとここのマーラーカオを必ず買うんですよ」って2つも買い求めていた。私はこれまでマーラーカオに対する熱い気持ちはなかったけれど、中華街に来たら必ず買うマーラーカオって非常に気になるし、さらにはそれを2つも買い求めたいってどういうことだ?!と思い、私もマーラーカオに対し、熱い気持ちになり、1つ買い求めることに。
次に、道具屋へ。私は蒸篭に対しても熱い気持ちはないけれど、彼女曰く「高島屋だと7000円していた蒸篭が2000円で買えるなんて?!!」って、それはすごい。と思いつつ、品質はどうなんだろうと思っていたけど、店頭に展示されている大小さまざまな蒸篭には「修理無料」の表示がついている。蒸篭に対するお店の自信ぶりと言ったらどうだろう。すごいではないか。
さしたる意味もなく、たまたま手にした中華鍋を振るしぐさをしていたら、赤いシャツに赤いエプロンという、
まさに中華街って感じの店員さん(男)が「それは女性だと、ふり鍋にはちょっと重いですよ。」とささやいてきた。店員さんによると、私が手にしたお鍋は割といいお鍋で、すぐに使えるから便利らしい。中華鍋と一口に言っても、色々あるらしい。中華鍋に関する知識が一気に増えた。ありがとう店員さん。
かなり本末転倒気味だが、この道具屋では穴あき玉じゃくしに非常に心揺さぶられたので、玉じゃくしを買う暁には、中華鍋と蒸篭もセットで買おうと思った。

今気づいたが、飲茶を食べに行った話を書く割には、かなり前書きが長い。よほど中華街に心踊らされているんだな、とでも思ってほしい。
で、そうこうするうちに、萬珍樓點心舗へ。魅惑の点心の数々は以下に記す。
20090321+009.jpg  春巻
ジューシーなチャーシューは非常に美味。  魅惑のパリパリ春巻。

腸粉  20090321+014.jpg
もちもちプルルンとした腸粉。超美味。     海老餃子。

20090321+012.jpg  20090321+015.jpg
揚げたのは初体験。揚花巻餅。お菓子みたい。

20090321+016.jpg  20090321+017.jpg
筍シュウマイ。                    蟹の、、蒸し。
 
20090321+018.jpg  20090321+019.jpg
                             ビーフン。

20090321+020.jpg
デザート3品盛り。

味も雰囲気も大満足!が、お会計の段になって、一人1万円以上請求される。飲茶だし、お酒もそんなに飲んでいないのに、、と思っていたら、お会計の間違いで倍くらい請求されていたらしい。
という訳で、お財布的にも安心です。また来れます。
チャーシューと春巻と揚花巻餅と腸粉は次もはずせない。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お肌プリプリ晩ごはん | メイン | もちもちベーグル(2回目)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/274-85399c2d

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。