| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ディズニー・オン・クラシック@ディズニーシー
2008/10/24(Fri)
JCB貸切公演「ディズニー・オン・クラシック まほうの夜の音楽会2008」のペアチケットに友人が当選した。
今日が公演日。というわけで、雨の降りしきる中、東京ディズニーシーへ。

雨ということもあってか、拍子抜けするくらいさくさく回れる。レイジングスピリッツ20分待ち、インディージョーンズ40分待ちとか。4月のシー貸切の時とは大違い(よければ4月の日記参照)。

友人は、風水的に悪い気のこもりそうな建物(バブルのニオイのする公的施設)で働いていることもあってか、しきりに「夢の国で癒されたい?ハート」と言っている。とはいえ、いつも思うのだけど、ランドに比べるとシーは夢の国度がちょっと低い気がする。
昼ご飯はタコスを食べながら「ムジカ・メヒカーナ」というラテンミュージックショーを観る。
陽気で、それでいて哀愁のある音楽は好きだけど、やはり夢の国って感じはしない。夢の国やいずこに?ま、いずこにって、ランドとは比較しようもないか。

シーには何度か来ているが、なぜかゴンドラと縁がない。ということで、今回は是非乗ってみたかった。断続的に雨が降っているが、並んで待つ。しかし、残念ながらいっこうに雨が止まない。残念だけど、濡れねずみ状態でコンサート鑑賞もいやなので、30分並んだけど乗船直前で列を後にすることにした。しかし、ほとんどの人は本降りの雨の中、嬉々として乗船している。
ゴンドラエリアから出るところで、ゴンドラエリアのお兄さんが「楽しんでいただけましたか?」と降りしきる雨の中で声をかけてくれる。正直に答えることもないと思ったけど、「雨だから乗るのをやめたんですよ」と申告した。
期待していたわけではないが、たぶん「あー、それは残念でしたね」とか「次回お越しの時は乗れるといいですね」とか言われると思っていた。
お兄さんの返事は「あー、それは正解だと思いますよー」だった。
かなり衝撃的である。仮にも夢の国である。実際、雨の中乗船している客多数である。
個人的にはシニカルで嫌いじゃないけど、夢の国であるまじき返事よね、とか、夢の国で毒はいているよね、とか、とはいえ雨の中働く身としては当然よね、とかお兄さんの発言で盛り上がる。

仮にも夢の国なのに、毒づくのはだめよね、、と反省しつつ、コンサート会場に向かう。
JCB貸切イベントということもあってか、入場時にはTDR25周年記念のミッキーのフィギアリンをいただく。「プレゼントももらえてすごいスペシャルだねぴかぴか(新しい)」と言ったところ、「これって非売品じゃない!ヤフオクとか出したらいいかなー」とまたもや夢のない発言をする友人。
普段の友人は毒をはく人でないので心配だ。とりあえずコンサートで癒されるとよいのだが。

コンサートのプログラム(オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団)
ムードドリーム・ゴーズ・オン(TDR25周年テーマソング)
ムード東京ディズニーランドエレクトリカルパレード
ムードディズニーファンテリュージョン
ムードパークメドレー
ムードブラヴィッシーモ

コンサートは1時間と聞いていたのに、45分くらいで終わる。あれ?と思っていたら、、。
アンコールは、ディズニーランドのキャラクターが勢ぞろいで会場中を練り歩く。
やっぱり夢の国はこうでなくっちゃ!夢の国度MAXですグッド(上向き矢印)
会場内撮影禁止なので、映像がないのが残念だけど、やっぱりディズニーと言えば、ランドだね。

夢の国にいたけど、どちらかといえば、「毒」がキーワードな1日だった。
この記事のURL | 音楽・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<雅楽演奏会@皇居東御苑 | メイン | 大琳派展@東京国立博物館>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/28-5affa394

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。