| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
5台のピアノで!@東京文化会館
2009/05/08(Fri)
昼ごはんを食べて職場に戻ると、「突然のお誘いですが」という件名のメールが届いていた。
なんだろう?と思うと、今夜のピアノコンサートのチケットがあるから行きませんか?というお誘い。
プログラムを見たら、大好きなラプソディインブルーを5台のピアノで演奏するらしい。
「突然ですみません。。」って、そんなお誘いならいつでもウェルカムです。

で、仕事後に、職場の人たちと連れ立って、上野の東京文化会館へ。
途中、駅のホームで、きちんとした身なりの50代とおぼしきビジネスマンが、携帯で自分撮りしていた。
自分撮り!?と思いきや、ふと空を見上げるとくもり空に虹。あーひさしぶりに虹を見たなぁと隣の子に教えてあげたら、おじさんと目が合い、しばしほほえみ合う。虹って優しい気持ちにしてくれるね。

そんなこんなで18時30分開演。
まずはチェンバロのソロ。東京文化会館の大ホールではちょっと広すぎるのか、繊細なチェンバロの音がこころもとない気がする。もっとこじんまりしたところだと絶対いいのに。

ピアノソロはもちろんよかったけれど、なんといっても第2部のピアノ5台による演奏は圧巻だ。
そもそもどのように配置するんだろう??と思っていたら、放射状にピアノを並べ、ピアノのふたは全てはずしていた。ふたがないグランドピアノって初めて目にしたように思う。

「ラ・カンパネラ」は華麗で、「カルメン」は華やかで、「ラプソディインブルー」は切な楽しく、ピアノでの演奏とは思えない印象だった。

途中でおなかが減ったこと以外は、ステキな花金のひとときでした♪
第1部 ソロ

スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K.490 ソナタ ニ長調 K.492
チェンバロ/曽根麻矢子
モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397
ピアノ/青柳 晋
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」第1楽章
ピアノ/若林 顕
シューベルト:即興曲第3番 作品142

ピアノ/田部京子
ショパン:バラード第1番 ト短調
ピアノ/迫 昭嘉
シューマン:アラベスク ハ長調
ピアノ/伊藤 恵
ラフマニノフ:前奏曲 作品23-6、23-2
ピアノ/清水和音


第2部 連弾―2台ピアノ―5台ピアノ 
   
ブラームス:大学祝典序曲
ピアノデュオ ドゥオール 藤井隆史&白水芳枝
ドビュッシー/ラヴェル編:牧神の午後への前奏曲
ピアノ/伊藤 恵&青柳 晋
ラヴェル:ラ・ヴァルス
ピアノ/若林 顕&菊地裕介
リスト/菊地裕介編:5台ピアノによる「ラ・カンパネラ」
ピアノ/青柳 晋 菊地裕介 白水芳枝 藤井隆史 松本 愛
ビゼーの「カルメン」による5台ピアノのためのファンタジー/菊地裕介編
ピアノ/青柳 晋 菊地裕介 白水芳枝 藤井隆史 松本 愛
ガーシュイン/森山智宏編:5台ピアノによる「ラプソディ・イン・ブルー」
ピアノ/迫 昭嘉 伊藤 恵 清水和音 田部京子 若林 顕
この記事のURL | 音楽・芸術 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノルディックウォーキング@皇居周辺 | メイン | 京町家で愛の駆け引き劇場@菜根譚>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/297-2d8ded93

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。