| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミレイ展→ギリシャチーズとベルギーチョコのワインパーティ
2008/10/18(Sat)

「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」鑑賞のため、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムへ。
ミレイといえば、「オフィーリア」。オフィーリアは、テートブリテンでも1、2の人気を誇る作品だと思う。当たり前だけど、ロンドンでは今見れないんですよ、これ。

軽い気持ちで観にいったら、異常に行列ができている。なんで?というのは、作品一つひとつに詳細な解説文がつけられていたからだろう。それは行列になるよね。確かに描かれた背景を知ることは作品をより知るためには大切なことだと思うけど、んー、もっとピュアに観てもいいんじゃないの?とか思った。
とはいえ、オフィーリアの周りに描かれている花々にそれぞれ意味があるってことが知れて、ためにはなったけど。

Bunkamuraザ・ミュージアムって初めて来たけど、ミュージアムショップや本屋さんの品揃えも、入っているカフェもすてきでちょっと好きかも。

夜は、友人宅で、ギリシャチーズとベルギーチョコのワインパーティへ。
前回(4月の日記参照)もおいしい料理の数々をご馳走になったのだが、今回もすばらしい。
写真 写真
フェタチーズのサラダ           フェタチーズはVIRONのバゲットにのっけて食べた。

写真 写真
バーニャカウダとスパニッシュオムレツ、あと見にくいけど、イベリコ豚のサラミ。
南瓜のソテー シナモンパウダーを振りかけて

写真
牛肉の煮込み。
やっぱりルクールゼの鍋はかわいいね。楕円形はまん丸よりも使い勝手がよさそうだ。

写真
このつやつやのガーリックライスを見よ!味も秀逸。

写真
リコッタチーズとブルーベリーに「キビ砂糖」をかけただけのデザート。超おいしい。

写真
友人のモスクワ土産のチョコと私のベルギー土産のチョコ(ジャンフィリップダルシーで購入)

ワインの写真がないのが残念だけど、インドのワインとイタリアのワインのどっちがいい?って言われたのに、どっちも飲んだことがあるのでその旨伝えたら、ロートシルトのセカンドワインを出してくれた。明らかに数段格上のワインなので悪いなと思ったけど、、飲ませていただくワイングラスありがたい&うれしい限りだうまい!

時間を気にしながら、23時過ぎに解散。うれしいことに残ったお料理はそれぞれが持って帰ることになった。あー、またこの美味しい料理が食べれると思うとうまい!
非常においしく、楽しいワインパーティでしたが、明日はニンニク臭女確定だ冷や汗
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大琳派展@東京国立博物館 | メイン | 備忘録ワイン祭(クリームソースのレシピ付)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/30-8e00dba8

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。