| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ここはお寺のテーマパークですね@長谷寺
2009/06/06(Sat)
以前、母に「(1日で)鎌倉と江ノ島と中華街に行きたい」という、無謀とも思えるリクエストをされて驚いたが、案外実現可能で、それでいて満足度たっぷりなので、実は気に入っているコースだったりする。
余談だが、海外から日本に来るツーリスト向けに、新幹線乗り放題パスというのがあるそうで、京都を拠点として日帰りで広島に観光に行く人も多いと、ドミトリーを経営している友達に聞いたことがあるので、
存外日帰り旅行の定義はアイマイだったりするんだろうね。

さて、本日。小雨降る中、横浜で友人と待ち合わせをして、鎌倉江ノ島中華街1日ツアーへ。
鎌倉→江ノ島移動といえば、江ノ電。1日乗車券「のりおりくん」を購入。口には出さなかったけど「のりおくん」と読み間違えていた。友人が「のりおくんって言うんですね!これ!!」って。きっと多くの人が間違って認識していそうだ。江ノ電企画広報課(って部署があるかは知らないが)の確信犯的ネーミングの気がするが。

長谷で降りて、鎌倉大仏と長谷寺へ。鎌倉大仏の高徳院へは何度か参拝しているが、大仏のさらに裏手に庭があることに全く気づいていなかった。今回、思いがけずおばさまグループの会話を小耳にはさんだおかげで、庭情報を知ることができた。人も少なくいい感じ。
そして、長谷寺へ。この季節は初めてだったが、花菖蒲や紫陽花が雨のおかげもあってか、活き活きと咲き誇り、「花の寺」にふさわしい、素晴らしい花景色で友人はもちろん、私も大満足。

20090606+006.jpg  20090606+010.jpg
                            お地蔵さんの上に紫陽花を乗せてみた図。

長谷寺といえば、弁天窟も見逃せない。ただし、人出が多いせいで、前回よりは洞窟のもつおどろどろどしい魅力が感じられなかった。
時間があれば写経する庵(?)も風情があり、底から見る庭の景色もよさそうな感じ。お天気がよければ、高台にある海が見渡せるベンチエリアもすてきだし。
友人の言葉をまたずとも、長谷寺はほんとに「お寺のテーマパーク」。
京都だと、拝観料500円+宝物殿料金別途で1000円近くなっちゃう観光寺も多く、「お金払ってくれたら救ってしんぜよう」って感じでちょっと小乗仏教的なニオイがするけれど、長谷寺は拝観料300円+宝物殿100円で、楽しみながら救われるって感じで、大乗仏教を体現している、と言ったら言い過ぎか。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハワイアンな湘南、そしてヘトヘト@江ノ島 | メイン | 5年前の北京旅行記をアップしました。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/315-6fd5260e

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。