| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハワイアンな湘南、そしてヘトヘト@江ノ島
2009/06/06(Sat)
湘南の味といえば生シラス(?)。これまで生シラス丼を食したことがなく、生シラス丼が食べられるお店が数件あるらしいとおぼろげな情報のみを頼りに、腰越駅で途中下車。
ネットで見た「しらすや」は午後2時を過ぎているのに待っている人が多かったので、「まぁ生シラスは新鮮だったらどこで食べてもそんなに変わらないよね」とその隣のハワイアンムードたっぷりの喫茶店に入ってみた。
漁師っぽい店で食べたかった我々としては、若干もやもやした気持ちがないではないが、とても居心地のいいお店で結果として非常に満足。
20090606+016.jpg
生シラスのプチプチ、とぅるんとした食感が美味な生シラス丼。

この頃には、雨も上がり晴れ間ものぞいてきたので、当初予定どおり、江ノ島へ行こう!とハワイアン喫茶で決定した我々はこの後、江ノ島でヘトヘトになるとは知る由もない。以下続く、、。
雨は上がったが、昼まで雨だったせいか、江ノ島の入り口から岩屋まで行ける観光船は残念ながら運休。私はこの船から見る景色が大好きで、いかに素晴らしいかを熱く語っていたので、友人もとても楽しみにしていたけれど、運休だから仕方がない。歩いて岩屋に向かうことにしたけれど、すでに歩き疲れていたので、前から気になっていたものの乗る機会のなかった「江ノ島エスカー」に乗ることにした。
エスカーって言ってもcarの意ではなく、エスカレーターの略。そして声を大にして伝えたいのですが、
江ノ島エスカーは乗る価値が全くない!
うすうすはあまり価値がないだろうとは思っていたけれど、多少は楽だと思っていた。何本か乗り継ぐうちに、トイレに行きたくなり、案内板にしたがって階段下のトイレにたどりつくと、、。トイレはエスカー乗り場より下界に位置している。これ、絶対おかしいよね?と文句をいいながら階段を上がるしかない我々。
それでも気を取り直して、次のエスカー乗り場にたどりつくと、60代のご夫婦とその娘夫妻の4人グループが前にいた。あぁこの人たちもエスカーに乗るのね、、と思っていたらお母さんが「お父さんはエスカーでしょ」ってお父さんだけエスカーに乗り、お母さんと娘夫妻は階段を上がっていった。
どうやらエスカーは時間短縮すらできない不毛な乗り物のようだ。
江ノ島エスカーよりは、ノーベル賞でいちやく全国区に名をしらしめた京都産業大学のバス乗り場から山の上のキャンパスまで運んでくれる屋外エスカレーターのほうがよっぽどいいエスカレーターと思うが。
そんなこんなで身も心もヘトヘトになりながらも、岩屋に到着。身も心もヘトヘトだったからか感動もひとしおなのか、「見たことないけど青の洞窟みたい?」と友人もご満悦だったことが何よりもの救い。

その後ヘトヘトと、同じ道を戻ったのは言うまでもないが、峠の茶店のような店で食べたあかねどうふというものが、疲れた身体に染み入る。これまで往復歩いたことがなかったので、途中で休憩したいと思ったことがなかったけれど、今回はヘトヘトだったおかげであかねどうふに出会えたので、まぁヨシとしよう。あ、これやせ我慢的発想ですが。
この記事のURL | 散策あるいは日帰り旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<萬珍楼点心舗ふたたび@中華街 | メイン | ここはお寺のテーマパークですね@長谷寺>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/316-26b7326c

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。