| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
わびしい景色の上野でパエリアを@バニュルス
2009/07/11(Sat)
上野の森美術館をあとにし、夕食には少し早いので、なんとなくアメ横へ。
「全部で1000円!」と呼び込みをしているナッツ屋で、なんとなくおじさんと目をあわせてしまい、ピスタチオほしい、、という気持ちがあったので、お店に立ち寄ったら、最終的に7袋で1000円になった。明らかに原価率安めのナッツ類ばかりで、ピスタチオも混ぜてほしいと申し出たら、案外あっさり混ぜてくれて、やっぱり7袋で1000円。ちょっといい気になって、ドライブルーベリーも混ぜてくれるか?と申し出たが、これは×だった。無駄に重い荷物を抱え、前から気になっていた高架下のスペインバル「バニュルス」へ。
上野公園一体は、21世紀の東京と思えない、なんともいえない景色だけど、特にアメ横から上野駅のあたりは、一抹のわびしさが感じられる。特に、上野百貨店という、およそ百貨店らしからぬ、昔は白い建物だったろうに、なんとなく薄汚れた感じのビルのわびしい存在感を感じるのは私だけではなかろう。
バニュルスの席に座り、ふと外を見やると、上野百貨店がなくなっていた。上野百貨店には何の思いでもないけれど、少し寂しい気持ちがした。

で、バニュルス。おなかが減っていたので、どしどし注文してしまったら、最後のパエリア(二人で1.5人前)が食べきれず残念。
他の場所ならともかくも、上野のほぼ駅構内にあたる場所に、スペインバル。その上、朝4時までやっているらしい。何かの折に再訪したいと思う。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<プチブルーマン鑑賞? | メイン | あれも、これも、高橋さんのものだったんだ!@ネオテニー展>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/333-06871b88

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。