| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ディープな「リド飲食街」でワインを飲む@酒肴屋 じじばば(京都駅)
2009/07/21(Tue)
OL時代の先輩&後輩と共に、京都駅界隈で集う。
飲み会ということで、お店のことは許してください、、とお店を手配してくれた後輩が言っていたとおり、1件目の某居酒屋はオシャレを目指した、中途半端な昭和風居酒屋。
硬貨を入れたらおみくじ様の占いができるという、昔の喫茶店にあった丸い占い機に郷愁を感じたり、もっとお店選びなさいよ、という感じのかわいい女の子が接客してくれたりで、悪くはなかったけど。

何を話したというわけではないが、なんとなく話し足りない気持ちだったので、次どこ行く?みたいな話をしていると、「リド飲食街というところに、スペインバル云々、、」と先輩が提案してくれた。
リド飲食街については、別の友人に聞いたばかりなので、そこにしよー!と歩いて数分のリド飲食街へ。
スペインバルに行くつもりが、姉妹店「酒肴屋 じじばば」に予約を入れてしまったらしい。どちらでもいいけど、すでに店名にやられてしまう。なんてすてきな店名なんでしょう!
たぶん昔は、一見さんお断りの本気でディープだっただろう「リド飲食街」は、今はちらほらと入れそうなお店が点在しています。我々が向かった、酒肴屋 じじばばも明るく、きれいで、一目で好きになりました。
スペインバルの姉妹店だけあってか、スペインワインや生ハムやらも本格的です。
オーナー(?)さんもちょっと魅力的な感じで、ワインのすすめ方が先日のスペインオヤジと同じく、「おいしいワインともっとおいしいワインのどちらにしますか?」だった。これってスペイン流接客術なのだろうか?
たいして飲んでないし、夜更けにはまだまだ早い時間だったのに、やたら楽しい気分になり、男性先輩をべたべた触ったり(注:好意からではない)、女性先輩の肌の美しさの秘訣をじっくり聞かせてもらったり、なんだかOL時代の20代の気分にどっぷり浸った、ディープな京都の夜だった。
この記事のURL | 食べたり、飲んだり@関西 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<北海道の味@とかちの→クサヤ?@吉乃川酒造 | メイン | つきだしは炙りもん!@露地もん(御池)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/337-8f94b62e

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。