| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
九州旅行2009夏?見仏記旅(1日目)
2009/08/09(Sun)
お友達のご実家訪問ツアーと称して、三十路女子3名と、卵のようにかわいい20代女子1名の合計4名で九州を旅する1日目。
羽田空港で集合し、一路福岡空港へ。福岡から天神へ移動するとちょうどお昼時。
リサーチ済みの人気ラーメン店「博多だるま」へ。少々行列していたけれど、ほどなくして入店。
透明トタン板ばりのお店だったけれど、内装は清潔おしゃれな感じ。有名&人気店だけあって、色紙の数がものすごい。透明トタン板一面に色紙(コピー)が貼られている。

散々悩んで、「宮迫さんも完食!」というやや意味不明なキャッチコピーの炙りチャーシューラーメン煮卵乗せ(1,100円)を注文。通常のラーメンが750円だからどんなだ?と期待に胸膨らしたものの、うーん。おいしいけど、押し寄せる感動は特になし。
「宮迫さんも完食!」という割には、ペロリとあっさり食べられました。どうやら、完食という単語を褒め言葉的に使っていたようだが、完食って褒め言葉か?
20090809-2.jpg    20090809.jpg
炙りチャーシューラーメン煮卵乗せ       こっちは普通のラーメン
あまり差はないような、、。普通のラーメンのチャーシューもおいしそうだったし。

で、西鉄で大宰府へ移動。みうらじゅん&いとうせいこうの名共著『見仏記』九州編を参考に、観世音寺へ。
観世音寺は学生時代に一度訪問しているのだが、「ただただ遠かった」という記憶が強烈で(実際は駅からそう遠くなかったが)、馬頭観音が「なんかよかった」という記憶がぼんやりある程度だけど、『見仏記』を読んで以来、「ぜひ再訪したい!」と思っていた。
宝蔵受付のおじさんに、「学生さん?大人?」とまじめに聞かれる。旅先と言うこともあり若干浮かれており、「え?学生に見えるなら学生(料金)がいいけど、大人です」って返事したら、さらに困った顔で「本当にわからないんです。どっちですか?」って言われたので、1秒だけ迷って「すみません。もう十分に大人です。大人4名です」と答えて、2階へ上がる。
2階に上がる否やいきなり仏像がごろごろと鎮座ましましている。
忘れようもないような大迫力なのに、この光景、記憶なし。
1体おわすだけでも大迫力な仏たちがずらりとおわす。失礼ながら、今では大宰府は片田舎って印象だけれど、こんなにも大迫力のある仏たちが集合しているいうことに、仏教文化の伝来とか、当時の大宰府の力なんかもちょっと感じる。そりゃあ梅も飛ぶね。あ、ちょっと違うか。
十分に堪能後、階段を下りると受付のおじさんが、まるで自分の仏像であるかのように、仏像自慢を始めた。同じ話も多かったがおもしろかったので、訪ねる機会があれば受付のおじさんと会話するとよい。「丈6」について学べた。

観世音寺をあとにし、太宰府天満宮へ。今さら学問の神ということでもないが、子供のころ、北野天満宮にしょっちゅう行っていたので、天神さんはちょっと素通りできない気持ちもある。
境内にあちこち置かれている、なで牛も素通りできない。見つけるたびに、なでる→なでた部位と同じ自分の部位をなでるを繰り返す。頭とついでにこっそり顔もなでておいた。

大宰府をさっくりと堪能したあと、本日のメインイベントでもある、海の中道の素敵なホテル「ルイガンズ」へ向かう。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<九州旅行2009夏?見仏記旅(1日目*ルイガンズ) | メイン | きょうのおやつは→神田達磨のたいやき>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/342-4358772d

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。