| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
九州旅行2009夏?見仏記旅(3日目)
2009/08/11(Tue)
今日は、宇佐神宮&国東半島めぐり。『見仏記』で紹介のあったお寺を中心に回る。

★宇佐神宮
20090811.jpg

宇佐神宮は、八幡さんの総本宮。厄払いは岩清水八幡宮に行っていた身としては、ちょっとお参りしておきたい神社だった。神宮の名前のとおり、広大な敷地で、格式の高さがと感じられる。
通常、神社の参拝は「二礼二拍手一礼」だけど、ここは「二礼四拍手一礼」。なんでなんで?
よくわからないけれど、絶対効くと思った。八百万の神々よ、よろしく。

参拝後、参道のお土産物屋がお友達の知り合いの家ということで立ち寄ると、蒸し饅頭をふるまっていただく。あー、これも夏休み的な感じがした。

★真木大堂
ここは田舎のお寺って感じなのに、仏像たちはものすごく立派な建物に収容されていた。その上、ガラス張り。貴重な重要文化財だから仕方ないけれど、ガラスケース越しではよく見えない。
水牛にまたがった大威徳明王はもちろんかっこよかったけれど、個人的には一番右に鎮座していた不動明王の、炎の部分が非常に気に入った。
仏像たちを堪能したあと、本堂脇にざくざくとあった、庚申塔やら石祠を見る。なんでもこの地域一体の庚申塔を移動して、まとめて展示しているらしい。これも必見。
で、何よりも不思議なのが、お寺の入り口にある、ご意見箱。写真がないのが残念だけど、なぜか仁王像。

★熊野磨崖仏
ここは少しだけ手ごわかった。鬼が築いたとされる99段の石段を上がったところにある石仏。
料金所で無料貸し出しされる杖を手に登り始める。最初はたいしたことないじゃない?って思ってたが、鬼の石段のあたりから汗が噴出す。鬼が作った(とされる)だけに、石の組み方がけっこういい加減で歩きにくいし。
しかし、汗が噴出そうと、山道だろうと、断崖?の磨崖仏みたら、なんか癒される。ここだけは酸性雨降らないで。

20090811-3.jpg
高さ8mの不動明王

★富貴寺
ここの大堂は九州最古の木造建造物として国宝指定。建物の印象よりも小さな阿弥陀さんが鎮座。
薄暗い堂内がなんだか落ち着くお寺だった。
★富貴寺(続き)
で、かなり番外編なのだが、富貴寺近くの食堂で遅い昼食をとる。老いた両親とその娘の3人で切り盛りする、きっとガイドブックに載ったことはないだろうし、これから載ることもないだろう食堂。
ここのありようは、つげ義春的。この店だけ、20世紀で、昭和って感じ。特に娘(推定40代)の大ざっぱぷりがものすごい。何かを切りながら、ちょいちょい指はなめるし、冷茶ポットの麦茶が少なくなると、じゃーっと水道の水を入れ、どーんとテーブルの上に置いていた。もちろん麦茶は薄まっている。
いでたちも昭和。タンクトップに短パン、そしてエプロン姿って、昭和時代の文化住宅のおかあちゃん。文字どおり、目がクギ付け!
大分名物の団子汁もしいたけ飯も特筆することは全くないコストパフォーマンスの低い食堂ながら、ある意味感慨深く、興味深い食堂であった。

20090811-7.jpg←コストパフォーマンスの低い、しいたけ飯定食(1000円)

★川中不動(天念寺)
熊野磨崖仏のあとなので、石仏自体はこじんまり感があるが、名前のとおり、川の中に立つ岩にお不動さんが掘られている。
ここはお不動さんだけが見どころかと思っていた。かなりついでな感じで、天念寺もお参りしたところ、そこで聞いた説明テープのご本尊身売り事件があまりにもの悲しく、4人とも心が動く。
買い戻したご本尊をぜひ見たいと隣接の施設に足を運ぶも、残念ながら休館日だった。
そういえば、九州に来てから、ほぼ全ての寺で説明テープが流れていた。トレンド?

20090811-10.jpg

******************************************

国東巡りを堪能し、またもやお友達のご実家で、シャワーを借りて、ご馳走2日目。
今晩から幹事嬢と二人で五島に向かうため、お酒はちょっと控えつつ、ご馳走堪能。

20090811-11.jpg   20090811-12.jpg
太閤のしょうゆ味ベースのから揚げ      こちらはハリウッドの塩味のから揚げ(竜田揚げ風)
写真がないのが残念だけど、「宇佐へようこそ」っていう英語看板は、「WELCOM TO USA」!
ハリウッドというから揚げ屋があってもOKですね。

お友達のお父さん運転の車で、最寄駅まで送っていただき、一路博多へ。
博多港からフェリー太古で五島列島へ向かう。ちょうどお盆の時期ということで、すし詰めの船内ではあったが、なんとか寝台エリアで寝ることができた。遅くから来た人は廊下で寝ていたが。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<九州旅行2009夏?スタンプ巡礼旅(4日目) | メイン | 九州旅行2009夏?見仏記旅(2日目)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/345-b4793406

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。