| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
九州旅行2009夏?長崎ぶらぶらくいだおれ旅(6日目)
2009/08/14(Fri)
福江島からジェットフォイルで長崎・大波止へ。友人は早い飛行機で帰るので、ここからプチ一人旅。

長崎市内は、学生時代に観光したことがあるので、当初いわゆる観光地は行くつもりはなかった。
けれど、2日間教会をあれだけ巡ってみると、建物だけでなく、潜伏キリシタンやキリスト教について、興味が湧いたので、せっかくなので大浦天主堂を再訪することにした。
違う。やはり学生の時に訪れた時よりも、感慨深い気持ちだ。資料館もじっくり見た。

20090814+2.jpg

大浦天主堂に向かう坂道に、「コルベ記念室」というのがあり、興味があったので、帰りに立ち寄ってみた。記念室といいながら、土産物屋然とした感じなので、何だろう?と思ったら、土産物屋の奥にゆかりの暖炉があるというだけだった。さらに、ご自由にどうぞと看板にあったので無料だろうと思ったら、「ろうそく代として50円いただけますか」と言われる。一瞬なんだかなぁという気持ちになる。お金を渡す時に、「今日はコルベ神父の命日ですので、ぜひろうそくをあげてくださいね」と言われて、変な言い方だけれど、導かれた感がある。キリスト教徒ではないけれど、2日間スタンプ巡礼旅をした身として、これもご縁だなぁと感じる。

思いがけず大浦天主堂界隈で長居をしてしまい13時半。皿うどんを食べに、四海楼へ向かう。お昼時ではないのに、30分待ち!この旅一番の晴天で、それも1人で30分待ちはつらすぎる。
で、中華街界隈のどこかのお店で食べようとするも、どこも30分以上待ち。つらい。
少し外れた場所にある「永盛楼本店」に行ってみる。今度は、お客ゼロ。これまた微妙な気がしたが、本にも載っているし、ズーミンも飾られているし、どきどきしながら入ってみた。
20090814+3.jpg

通常皿うどんは、酢をかけて食べるが、長崎ではソースをかけるらしい。
ウスターベースだけれど、特別に皿うどん用に作られたソースだからマッチするんだとか。酢の方がおいしいと思ったけれど、これはこれで違った味わいだったので、長崎で食べるならソースでどうぞ。
20090814+4.jpg

皿うどんでおなかを落ち着けると、これまた学生時代に食べた、桃太呂の豚まんも食べたい気がしてきた。
大浦天主堂も見たことだし、あとはくいだおれ旅にすることにした。
★桃太呂
夜はきっと歓楽街なんだろうなって感じの場所にたたずむ桃太呂で豚まん1個購入(60円)。
冬は行列しているらしいが、夏だけあって、お客ゼロ。
20090814+5.jpg

★匠寛堂
以前たまたま見たTVで、カステラが大好きだという草野仁さんが、きき酒ならぬ、ききカステラというのをやっていて、その際に「ここのが一番好きなんです」って紹介していたのが、めがね橋たもとの匠寛堂
駅や空港の売店にも一切卸さず、支店もなく、ただ1軒で販売。
お店イチオシの「五三焼・佳好帝良」(2100円)よりも、ふつうのはちみつカステラ(1470円)の方が、甘くておいしいように思ったが。
20090814+ 7 ←匠寛堂の店内で     20090814+6.jpg
ここの試食は、ガラスのコップに注いでくれた冷茶と共に供されます。店内の椅子に座って堪能。

★リトル・エンジェルズ
ここは全国区で人気の、フランス人マダムが作るチーズケーキ(200円)が有名だとか。私は今回初めて知ったけど。
イートインコーナーは、夢の国って感じ。「将来はお姫様になりたいのー」なんていう女の子を連れて行ってあげたら喜んでもらえそう。でも、スイーツ好きの男性が一人旅で訪れたらちょっとつらい感じ。
ここのオリジナル商品ではないが、つかれずドリンクというのをサービスで試飲でき、あまりにおいしいのでおかわりしました。どうやら地元っ子は、飲み物は頼まずに、つかれずドリンクでケーキを食べているようです。

20090814+8.jpg
注文したチーズケーキと、無料のつかれずドリンク、そしてサービスのタルトと。とてもサービスの多い店。

★萬順
長崎で一番歴史のある中華菓子屋。よりよりを買い求めました。

くいだおれているだけもなんだし、、と、そんなに興味はないながらも、龍馬ゆかりの亀山社中跡に行ってみる。あつい。。
暑いながらも来てよかったと思ったのが、ちょうどお盆なので、お墓でバンバンと爆竹を鳴らしているのを聞けたこと。
長崎というか、九州って、日本じゃないですね。文化圏として。とても大陸のニオイを感じます。

で、長崎ぶらぶらくいだおれ&プチ観光を終え、長崎空港へ。
くいだおれ旅としては、ちゃんぽんも食べねばと、空港内のちゃんぽん屋へ。
本当は昼に、蘇州林で「角煮ちゃんぽん」を食べたかったので、ちょうどこの店でも提供されていたので、
角煮ちゃんぽんを注文。
20090814+9.jpg
ものすごく化学調味料の味がする。最近、化学調味料が入っていない食事をしていたので、少々驚いたが、まぁ普通においしい。

そんなこんなでおだやかに九州旅行を終えるつもりが、隣り合わせた若者としゃべり場みたいな話をしている間に、羽田に到着。

博多、大分、長崎と、言葉どおり夢のような旅行、終了。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夏休み気分120%!なハンモック@mahika mano(吉祥寺) | メイン | 九州旅行2009夏?スタンプ巡礼旅(5日目)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/348-49cdbb88

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。