| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
極寒なのに、温かい「南極料理人」
2009/09/02(Wed)
予告を見てぜひ観にいこうと思っていた「南極料理人」。本日、仕事後にテアトル新宿へ。
テアトル新宿では水曜=サービスデーということで、老若男女全て一律1000円。よいことです。

伊勢丹で、北海道展を開催中ということもあり、ちょっと寄り道してみたところ、「ジャンボ海鮮おにぎり」っていうのにすごく惹かれたものの、小腹をみたすためということもあり、いかめしにしておく。

で、「南極料理人」。あちこちで「いいよねー、堺雅人」という声を聞く今日この頃ですが、もちろん私もNHK連続TV小説オードリーの頃から、ほのかな気持ちを抱いております。
で、その堺雅人が主演で、魅力をあまさず発揮している訳ですが、堺雅人演ずる南極基地の調理人・西村さんをはじめ、総勢8名のメンバーたちがまたいい味出しています。

南極といえば、子どもの頃に見た、「南極物語」の熱い感動ストーリーおよび渡瀬恒彦の熱い演技も思い出深いのですが、「南極料理人」は肩に力が入っていないのに、じわじわとぐっときます。
ぐっとくるのに、笑えます。くすくす笑いの連続で、映画館中が笑いの渦でいっぱいになることもしばしば。
そして、単調な日々(?)を彩る、西村さんの作るおいしそうなごはんの数々。
エビフライ、ぶあついお肉、ラーメン、、。そして、おにぎり!おにぎりのシーンで、伊勢丹でジャンボ海鮮おにぎりを買わなかったことを少々後悔してしまいました(笑)。

南極シーンは、網走ロケらしいけれど、真っ青な空に白い氷原なんて、南極そのもの!
だから、映画館の大画面で観てよかったと思うけど、寒い日に家で観るのも、温まりそうな感じ。

人のあったかさ、ごはんのあったかさを感じた、とても素敵な映画でした。


南極つながりで、文科省のWEBサイトにこんなページがありました!ちょっとおもしろそうです。
http://www.mext.go.jp/wonder/nankyoku.html
※「南極料理人」には、ペンギンもアザラシも、かわいい動物は一切出てきません。(寒すぎて存在していないため)
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日のおやつは→クレームアンジュ | メイン | 真夏の夢とアフタヌーンティと@椿山荘>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/350-2ee6417b

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。