| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本で一番古いエレベーターに乗る@東華菜館
2009/09/21(Mon)
ヴォーリズ展で、これもヴォーリズの設計だったのね!と認識した、四条大橋たもとにある北京料理店「東華菜館」。
墓参後、母と遅い昼食を食べに念願の東華菜館へ。母は本当はあっさりとしたものを食べたかったようだが、日本最古の手動式エレベーターに乗りたい旨伝えたところ、それなら行こうと了解を得た。
四条大橋たもとの東華菜館を知らぬ京都人は皆無だと思うが、わざわざ食べに行こう!と思わない人が大半ではないだろうか?少なくとも私の周りではそうだと思うけれど。
建物が胡散臭い上に、「お気軽にどうぞ」という看板がさらに胡散臭さ倍増なので、これまで足を踏み入れようと思ったことがないけれど、エレベーターに乗ることありきで、母共々数十年ぶりに再訪。

特段エレベーターに詳しいわけではないが、日本橋高島屋のエレベーターも蛇腹みたいなドアだったんじゃないかな?
で、東華菜館ではエレベーターガールならぬ、エレベーターじいさんが操作していた。
乗ってしまえば、何がどうだというわけではないが、ちょっと感慨深い。

5階の席は、もはや建築様式がなんなのかよくわからないけれど、開け放たれた窓からは東山の峰々を一望することができるし、ちょっとのんびりした雰囲気も悪くないんじゃないかしら。
20090921+024.jpg
春巻。ここのはちょっと柔らかいタイプだけど、具も柔らかくてふにゃおいしい。

20090921+025.jpg
湯葉と野菜の炒め物

20090921+026.jpg
この記事のURL | 食べたり、飲んだり@関西 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<藤城清治光と影の世界展@京都文化博物館 | メイン | サンキュー!@ホームパーティ!!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/358-b6ccbc28

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。