| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
記念日でもないのに@ドンペリの会
2009/10/17(Sat)
「ドンペリの会」。こう書いてしまうと、「何それっ!」とか「自宅でドンペリ??」と羨望と疑惑と、そして一抹のイヤラシサがないでもなかろうが、夏の九州旅行でお邪魔し、さらには下にも置かぬもてなしをしていただいた、大分の友人のご実家から、またもや「みんなでどうぞ」と頂戴した代物だ。
お世話になった上に、ドンペリ。それも2000年のビンテージイヤーのだ。箱までもやたら手の込んだ高級感あふれる1本だ。
恐縮しきりながらも、この1ヶ月は「ドンペリの会」という単語が九州旅行のメンバーのメールで飛び交っていた。

ということで、本日友人宅で「ドンペリの会」が開催され、参加しました。

20091017+005.jpg

いつも素晴らしい料理の数々をふるまってくれるお友達なので、なんの心配もしていなかったけれど、
本人は「ドンペリに合う料理・・」ということで、メニューおよび食材選びに相当思案したそうだ。
少し早いけれど、ドンペリハロウィンパーティです。

                      ? 今日のメニュー ?
 ・ベルーガ産キャビア
 ・カナッペ(ブルスケッタ、タプナード)
 ・ブリア・サヴァランのジャム添え
 ・オリーブ2種(シチリア産オリーブ、オレンジ風味のオリーブ)
 ・中勢以の熟成仔牛のリエット
 ・かぼちゃのサラダ
 ・プチトマトのピクルス
 ・ブルサンポワブルのフォンデュ風
 ・エルブジ風の落とし卵
 ・ジャガイモとオイルサーディン炒め
 ・鴨の煮込みハンバーグ
 ・オリーブとポルチーニ茸の炊き込みご飯
 ・サツマイモのラム酒風味とバニラアイス

20091017+006.jpg
キャビアの最高峰、ベルーガ産キャビアと、カナッペ(ブルスケッタ、タプナード)。
この20グラム入りの瓶で、通常7000円位するらしいが、ネットで4000円で購入できたとのこと。
正直、キャビアのおいしさ(どれがどうだ、とか)を判定できない、、私、、。

20091017+008.jpg
・エルブジ風の落とし卵
エルブジはスペインにある世界一予約がとれない3ツ星レストランらしい。
あーそういえば、すごく前に、海辺にたたずむなんてすてきなレストランだ、、と雑誌を見ながら、ため息をついた記憶がある。このメニューはそのエルブジレシピ本を見ながら作ったとか。
パプリカと生ハム(ハムだったかな?)をソテーし、半熟卵をかき出し、さらに七分立て生クリームを乗せたという、おいしいが非常に下ごしらえの多い一品。
エルブジには絶対行行けないので、これからもどしどしエルブジレシピから作ってほしいと思った次第。

20091017+010.jpg
鴨の煮込みハンバーグとオリーブとポルチーニ茸の炊き込みご飯。
遠景に見えるのは、緑オリーブ(シチリア産)と黒オリーブ(オレンジ風味)。
そして、かぼちゃのサラダに、プチトマトのピクルス。
あ、ドンペリだけでなく、なにかの大賞受賞のイタリアワイン(白・赤)もご実家から送られてきたのだった。

20091017+012.jpg
・サツマイモのラム酒風味とバニラアイス

ドンペリだけでなく、こんなにも素晴らしい料理が堪能できた、素敵な食欲の秋の土曜日でした。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<バーシアライブ@ブルーノート東京 | メイン | 聖地チベット@上野の森美術館>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/365-8cce6e7a

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。