| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
牧場>美術館@伊香保
2009/11/07(Sat)
本日は、伊香保の観光地に立ち寄ってみた。

◆保科美術館
観光リーフレットを見たときは、正直興味を持てなかったけれど、HPを見ると、すてきな感じ。
何よりも、子どもの頃見ていたNHKの「プリンプリン物語」の作家さんの彫刻があるとか。
あと、大正?昭和初期の幻の作家「小林かいち」の企画展も気になって訪れてみた。

プリンプリンの人形作家でもあった友永詔三さんの作品は、入り口の看板には、魚に足の生えたシュールな作品があったけれど、それは展示されていなかった。ちょっと残念。
魚に足が生えているって、ブリューゲルの絵にもあったけれど、宗教的な意味があるのかしら。
小林かいちはここに来て初めて知ったが、非常にデザイン性の高いものが多くて、大正、昭和初期の少女向け挿絵の枠組みを超えているんではないかしら。
絵はがきを大人買いしようと思ったら、ほとんど売り切れていたのは残念。

あ、ここは足湯もあったけれど、足湯ってちょっと微妙ですよね。素足の季節は暑いし、足湯に入りたい季節はタイツを履いていたりしてちょっと面倒だし。

◆HARA MUSEUM ARC&グリーン牧場
なぜ伊香保で現代美術なんだろう?そして、現代美術と牧場の組み合わせも不思議だし。
ということで、HARA MUSEUM ARC&グリーン牧場。
20091107_2.jpg

ほんとは草間弥生の黄色いかぼちゃが見たかったけれど、今回は展示されていなかった。
今回、目を引いたのは、やなぎみわのへんてこ童話写真
けっこうグロテスクなんだけど、童話って絵本で見るからそうでもなかったけれど、実のところなかなかグロいし、境界線をぎりぎり歩いているって感じが表現されていて、ひかれた。
好きか嫌いかはともかくも、印象に残る人ではなかろうか。

当初、私の気分的には、美術館8割+牧場はおまけ程度だったけれど、、。
実際来てみて、牧場>美術館。牧場6割、美術館4割ってところでしょうか。
ヤギが「メェ??」で、羊は「めー」だったってご存知でした?私は、羊とヤギの鳴き声はどちらも同じ「メェ??」だと思っていたから静かに感動しました。ファミリー向けの牧場で。

あと、シープドッグショー。これもよかった。
といっても、期待値が低めだったってこともあるけれど、シープドッグっていい仕事するんですね。
ちょっとジーンとした。同行の友人いわく「ちょっとかわいそうじゃない?」でしたけど。

あなどるなかれ、グリーン牧場。
11月は、サンキュー期間とかで、栃木、群馬、埼玉在住の人は、390円で入場できるとか。
受付のお姉さんも笑顔で、「対象ではありませんか?」と声を掛けてくれたけれど、限りなく埼玉に近い、東京の片隅在住の私は対象外でしたが、思いのほか楽しかったので、こちらこそサンキューです。

あー、温泉はいつ来てもいいね。ということで、伊香保の旅路もこのあたりで終了。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<恵比寿→中目黒→代官山、そして読書会 | メイン | 伊香保にて>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/370-0c75c32e

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。