| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
明治神宮初詣。そしてアンコールワット展
2010/01/10(Sun)
なんとなくここ数年、1月の3連休に明治神宮に初詣するのが続いている。
あれ?今年は伊勢神宮に引き続いての参拝で、パワースポット詣って感じがしないでもないが。
伊勢神宮の杉林もいいけれど、明治神宮の照葉樹が鬱蒼と茂るさまは、ただ歩くだけで癒される。

で、本日。なんだか例年よりも人出がかなり多い気がする。どうしたんだろ?
なにかイベントでもあるのかしら?と思いつつ、拝殿に到着すると、長蛇の列。
後ろにいた関西系カップルが「大阪やったら、(こんなに並ばないで)うしろからお賽銭投げるで」と話している。
そういえばそうだった!と私も思い出した。でも、これは大阪やったら云々でなく、昔がそうだった気がする。
しずしずと並んで、神妙に手を合わせるのも、ご利益があると思うけれど、
お賽銭が賽銭箱に入るか一か八か!とばかりに、えいっとお賽銭をなげて、景気よく拍手を打つのも、
それはそれで威勢がよくて文化として私は好きだったなぁと、ふと思う。

10分ほどでお参りすることができ、これまた恒例のおみくじ「大御心」をひく。
私は明治神宮のこのおみくじが一番好きだ。
もちろん「大吉」とか「末吉」とかはっきり書かれたおみくじもいいけれど、
明治天皇と皇太后さまの御歌はその時々の自分の進むべき方向をほのかな光で照らしてくれるかのようで、心に染みる。

どきどきしながら受け取ると、明治天皇の御歌。それも「たらちねの?」。そうか、親孝行か。
今、何を成せばもっとも親孝行であるかは、はっきり自覚している私としては、明治天皇の力を得たような気がする。
拡大解釈かもしれないけれど、これはきっと吉兆に違いない。ガンバレ、私!

お参りを済ませたら、なんだかおなかが非常に減ってきた。
ということで、アンコールワット展の会場である、日本橋三越に移動して、クラブハリエでできたてバウムクーヘンを食べる。
20100110.jpg
おいしかったけれど、出来たてだけあってフワフワでちょっとシフォンケーキっぽい。
私は、生地のしまった普通のほうがいい。

おなかも満たされたし、ようやく本日のメインイベント「アンコールワット展」へ。
さて、アンコールワット展。
クメール文化の香り高い、アンコールワットの石像はエキゾチックであり、高貴ながらも親しみやすい印象。
会場が日本橋三越ということもあり、観客層もお上品な感じで、品よく60点ほどの作品をゆっくりと鑑賞した。

この展覧会は、上智大学の学長先生が学術監修をされていて、会場の最後に学長先生のVTRがエンドレスで流れている。
上智大学からチケットをいただいたということもあり、VTRを最初からきちんと見た。学長の石澤先生はもともとフランス文学専攻ながら、アンコールワットに魅せられて研究をはじめ、研究生活40年ということや、内戦前の人的交流、そして内戦後の復興支援や人材育成等、1人の研究者の熱い思いなどを思うと、じんときた。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<家飲み新レシピ・牡蠣のオイル煮 | メイン | 4年越しの味噌煮込みうどん@山本屋総本家>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/386-d380dfc2

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。