| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『パンダフルライフ』@恵比寿ガーデンシネマ
2008/09/13(Sat)
好きな雑貨はカエルとパンダ。そんな私向けの映画が8月から上映されている。
映画『パンダフルライフ』のことは、何ヶ月も前から知っていたのに、パンダも大好きなのに、まだ観に行ってなかった。で、たぶん観に行かないだろうな、、と思ってた。
そんな矢先に、友人から「チケットをもらったけど、一緒に行かないですか?」と誘われ、本日行ってみた。

映画後の食事を考えると、恵比寿ガーデンシネマで観ることがよかろうということになった。映画まで時間があるので、午後は恵比寿の美容院へ。
若いのに寡黙な職人風情漂う美容師がけっこう気に入ってるので、昨年からコンスタントに通っている。これまでの人生で3ヶ月ごとに通ったことはないので、相当気に入ってると言えよう。
しかし、職人美容師と私の関係にもそろそろ転機が来たようだ。予約の電話で、職人美容師が応対してくれているのはわかっていたけど、事務的に予約の手続きを進めていたところ、「ご指名はありますか?」と聞かれ、「できれば職人美容師さんがいいです」と指名したら、ちょっと明るい声で「こんにちは」とかなり変なタイミングで挨拶された。彼の心に響くところがあったのだろう。
ということで、今日はカット後の予定や、最近観た映画のことなど、いわゆる世間話をした。たぶん次回からはこういう会話をするようになるのだろう。

待ち合わせまで時間があったので、恵比寿ガーデンプレイスの麦酒記念館で有料試飲のビールを1人で飲み、三越をくまなく見て回って、もう何も見るものがなくなった、、という頃にガーデンシネマへ。

ふつう映画を観るって、なんとなく観に来た人もけっこういると思われるが、今回の映画はパンダのドキュメンタリー映画なので、なんとなく連帯感?親近感?を感じる。

『パンダフルライフ』は、中国四川省成都のパンダ繁殖基地が舞台のゆるい系のドキュメンタリー。これでもか、これでもか、とパンダのかわいい映像が出てくるのに、「かわいー」とか声に出せないので、かなり身悶えてしまう。たぶん多くの人が、1人身悶えている様子。TVやDVDで観たほうが、一緒に観ている人と感想を共有できそうなのでいいかもしれない。

NHKやBBCのような硬派なドキュメンタリーではないけど、ほわんとした内容で何かの機会があればぜひ誰かと観てほしい。
個体数が少ない、大切なパンダなのに、中国の飼育係はパンダへの愛はあるのに、少々乱雑に扱うシーンがたまらなくよかった。
子どもパンダをオリの隙間からひっぱりだしたり、プラスチックの衣装ケース状のものに入れて運んだり、、とたまらなくいい。(あ、もちろんきちんとした対応だと思いますよ)
映画後は、ちょうど出口のところにパンダグッズが売られていて、多くの人が足を止めていた。
私は買うことは断念したが、お手を触れないでくださいと注意書きのあったパンダぬいぐるみディスプレーをちょっと触って、よりかわいい展示にしてみた。
多くの人が、私のディスプレーに感嘆の声を上げていたので、何かの役に立ったかもしれない。
パンダフル
親パンダの左脇に、子パンダを挟んでみた。親子パンダの風情がでていいでしょう?

映画後は、恵比寿駅近くの韓国料理屋で、チヂミとサムギョプサルなどを食べて帰る。
今日は何から何まで恵比寿で堪能した1日であった。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<せんとくん(煩悩くん、ぬる坊)がやってきた!ヤァヤァヤァ。 | メイン | 63回目の熱い夏>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/39-96c5c580

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。