| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
江戸絵画への視線@山種美術館
2010/09/05(Sun)
暑い暑い暑い。9月に入ったというのに、なんなんだ、今夏の暑さは!
こういう暑い日は、クーラーの効いた部屋での?んびり過ごすのが一番のはず。
にも関わらず、山種美術館の展覧会「江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛《官女観菊図》重要文化財指定記念―」が本日最終日ということで、出向く。

江戸初期から、明治はじめ頃までの、作品が出品されていたが、
今回は鈴木其一《四季花鳥図》と柴田是真《墨林筆哥》が気に入りました。

柴田是真《墨林筆哥》
zeshin.jpg

この《墨林筆哥》は漆絵。漆絵って初めて見た気がする。
カエルの親分みたいな絵が、漆で描かれていて、ツヤツヤして、ユーモラスなカエルの生き生きっぷりといったら!

絵はがきがあれば買いたかったが、残念ながらなかった。
が、てぬぐいはあった!そりゃあそうだな。すごくかわいいもの。

暑いさなかの美術鑑賞であったが、この絵を知ることができただけでも、出かけた甲斐があった日曜日の午後だった。
この記事のURL | ART | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<思いがけずローソクを吹き消した夜@スピローズ(六本木) | メイン | 暑い日はカレー@まめ蔵(吉祥寺)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/444-4b4f372a

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。