| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鯛雉猪熊そして巨大椎茸を喰らふ@またぎ(西麻布)
2011/03/25(Fri)
職場の人と、全品280円の「鳥貴族」に行こうよ!とずいぶん前から約束していた。が、仮にも花の金曜日に、280円の居酒屋で過ごすのはわびしい気もしたので、鳥貴族は週初めに行っておいた。

で、本日。
「こんな時だからこそ、野生のパワーもらいましょう!猪熊鍋を食しましょう!」とまたぎへのお誘いを受け、さらには「家にあるよいワインも持参します!」とか。
これです!これです!!これです!!!
ザ・花の金曜日にふさわしいって感じ。鳥貴族はそれはそれで楽しめたけど、予定を繰り上げて、本日予定を空けておいて、ほんとよかった。

「またぎ」は、冬は猟師さん、夏は漁師さんのオヤジさんがやってる、西麻布のろばたジビエ料理屋。
刺身や、お肉の新鮮で力強い美味しさは、食べるだけでパワーチャージできる感じなんだけど、それよりも何よりもオヤジさんのパワフルなインパクト?オーラ?が「はんぱない」です。
七人の侍の一人にいそう、だとか、ブエナビスタソシアルクラブにいそう、だとか、モーガンフリーマンだとか感想はいろいろあれど、とにかく揺るぎない力強さのある方だ。狩猟民族の末裔というより、狩猟の民そのもの。

20110325_01.jpg
まずは雉。ぷりぷりしておいしそうでしょう!

20110325_11.jpg
美味しいワイン。ナパのovertureとオーストリアの白ワイン。

20110325_02.jpg  20110325_03.jpg
やたらに大きい椎茸!あまりに重くておはしを使う手がだるくなる。

  
20110325_04.jpg
猪肉

20110325_05.jpg
猪と熊のお鍋。全く臭みもなくて、滋味なり滋味なり。

20110325_06.jpg
お鍋の締めは、すいとんです。
すいとんって初めて食すかも。

なんとなく自粛気味な金曜の夜に、身も心も芯から温まる西麻布の夜でした。
初対面の方に名刺をいただいたのだけど、、。
あまりにもすごい名刺入れなので、写真を撮らせてもらったんだけど、、。
20110325_09.jpg
カメラもすっぽりと入りそうです。一番左はiphoneですよ
この記事のURL | 食べたり、飲んだり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<絶賛!ねぎま鍋@山さき | メイン | 素敵だがCPが・・@横尾(吉祥寺)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/491-9d4a1c40

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。