| メイン |
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ピェンロー鍋(旨々)でクリスマス忘年会(本編)
2008/12/20(Sat)
友達宅でクリスマス忘年会。
前回集った折に、「次回は忘年会をしましょう!で、ピェンロー鍋をしましょう!」とお友達が言っていたとおり、ピェンロー鍋がメインだった。
我が友、チヒロウ先生には、この日記において謝りたい。
彼女は非常にグルメで、非常に賢くて、ちょっと毒舌で、でもとても心優しい、彼氏にしたい度ナンバー1な素敵な女性で、一目どころか十目くらい置いている人なんだけど、正直ピェンロー鍋の旨さについては、食する直前まで正直半信半疑だった。
ピェンロー鍋を広めたのは、私も大好きな妹尾河童さんなんだけど、なんていうのかなぁ、白菜と椎茸と肉と春雨で、ほんまにそんなにおいしいのですのん?って思ってた。
本当にごめんなさい。チヒロウ先生と白菜と椎茸と春雨に心の底で謝った夜だった。

そして、ピェンロー鍋は、滋味深い旨さが底知れぬすばらしい鍋でした。
シメのピェンローかゆも超美味だし。

なんだか、気分はピェンロー伝道師です。
そういえば、先日やましょう鍋を作ったけど、あれは美味しいけれど、美しいビジュアルで盛り付けるのはちょっと修行が要する鍋だと思ったけど、ピェンロー鍋は簡単なのも魅力の一つだなと思った。

帰りの電車が気になりつつも、ワインやら、チーズケーキやら、堪能しました。
で、クリスマス忘年会ということで、プレゼント交換をした。
私のプレゼント交換観は、「自分では買わないけれど、もらったらうれしいもの」なんだけど、誰に当たるかわからないから、ピンポイントに誰かにあげるプレゼントより難しい。3000円が予算だったのだけど、意外とジャスト3000円の品というのもなかったし。
というわけで、悩んだ挙句、結局はフロッシェの洗剤セットと、ロクシタンのハンドクリームという、実用品でお茶を濁してしまった私。
が、私がもらったのは「日本の神様カード」。それもジャスト3000円。よくわからないけれど、八百万の神様からセレクトされた48名の神様のタロットカードのようなものだ。
これってまさに「自分では買わないけれど、もらったらうれしいもの」だと思う。さらには、これをセレクトした人のお友達がこの神様カードのイラストを書いた人というのも、ストーリーがあっていいではないか!さらにさらに、お友達のお店で買った(?)かなにかで、神様カード以外にも、カレンダーやらポストカードやらいっぱい入っているのもいいじゃないですか!

心穏やかで、心温まる人たちとの集いというのはとても素敵。で、ちょっとしたサプライズがあるのもいいですね。
楽しい気持ちの帰路で、お友達から「(カレに)結婚したいと言われた!」というメールをもらった。この友達は、永遠のお嫁さんにしたいナンバー1で、本当に永遠になるんじゃなかろうかと、自分のことは棚に上げて本気で心配していたので、本当によかった。

なんだかいい土曜日でした。年賀状に全く手をつけてないことは別にして。
この記事のURL | 日記あるいは日々雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【レシピ】ピェンロー鍋 | メイン | ピェンロー鍋(旨々)でクリスマス忘年会(その前に美容院へ)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://39trip.blog63.fc2.com/tb.php/9-aad3be74

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。